K-1

マーセル・アデイエミ×木村”フィリップ”ミノル予想!

マーセル・アデイエミ 木村

12月28日のK-1名古屋大会の「木村”フィリップ”ミノルvsマーセル・アデイエミ」は今大会の中でも注目度の高いカードではないでしょうか。

今年のK-1全5大会出場で現在5連続KO勝利と最も勢いのある木村選手が2019年、有終の美を飾り締めくくることができるのか?

多くのK-1ファンが注目しています。

この記事を読んでくれている方であれば木村選手がどんな選手なのかはご存知だと思うので、ここでは対戦相手のマーセル・アデイエミ選手の強さや戦績、ファイトスタイルなどを紹介していきます!

勝敗予想もしていくので最後までお読みくださいね!

マーセル・アデイエミのプロフィール

マーセル・アデイエミ選手はナイジェリア国籍でイギリス在住の23歳の若きファイター。

ハイレベルな欧州を主戦場としているので、この時点で少し期待してもいい選手なのかなと感じますよね。

身長は178cm。

この後、戦績も紹介しますがアデイエミ選手は67キロ〜72.5キロという幅広い体重で試合をしている選手で、木村選手との試合の69キロ契約に関しては恐らくアデイエミ選手のベストに近い体重になる。

イギリスのムエタイ王者なので基本的にムエタイスタイル。ファイトスタイルは改めてこの後紹介しますが、肘なしのK-1ルールでどこまでやれるのか?が気になるところでしょう。

マーセル・アデイエミの戦績は?

アデイエミ選手の戦績は

33戦23勝(10KO)10敗。

獲得タイトルはWMCムエタイ67kgイギリス王者ロア・コンバット・リーグの69.8キロのタイトルを獲得しています。

中国におEM LEGENDの出場経験があったり、72.5㎏や69.8kg級でのタイトルマッチの経験もあるとのことで、豊富なキャリアと言ってもいいでしょう。

ちなみに木村ミノル選手の戦績は41戦31勝(24KO)9敗1分と戦績だけ見比べれば多少木村選手のほうがキャリアが豊富ですが大差はない。

しかし、破壊力は圧倒的に木村ミノル選手に軍配が上がります。

マーセル・アデイエミの過去の試合動画とファイトスタイル

こちらはアデイエミ選手の過去の試合動画。(負け試合ですが)

オーソドックスの選手でムエタイ王者ということでキックを主体のムエタイスタイルですね。飛び膝や一気に踏み込んでパンチを出してきたりトリッキーな選手で、荒々しさも感じます。

パンチが当たる距離でもキックを多用しますね。

中にはムエタイの選手でもK-1ルールなのか?というようなファイトスタイルの選手もちらほら見かけますが、アデイエミ選手はザ・ムエタイ選手と感じます。

相手から攻撃を受けても必ず返してきて、何回かいいタイミングでのカウンターを出しています。

キックからの肘を出した場面がありましたが、上手いと思いました。ただ、今回の木村選手との試合は肘なしのK-1ルール。アデイエミ選手の良い部分が消えてしまうんじゃないかと少し心配ですね。

強靭なフィジカルで序盤は積極的に自分から攻めに出ていますが、後半は受け身となってしまっているので体力面も不安要素になるのかもしれませんね。

木村ミノルvsマーセル・アデイエミの勝敗予想

ここまでお読みいただければ既に私の予想はある程度わかると思うので結論から言いますと、木村ミノル選手のKO勝利と予想します。

この記事で紹介した動画の他にもいくつかアデイエミ選手の試合動画を見ましたが、やっぱり肘ありでこそ本領を発揮する選手だと思います。

キャリアのほとんどを肘ありのムエタイルールで戦ってきた彼にとって短い準備期間でK-1ルールにアジャストするのは難しい。

しかも相手は木村ミノル。

今年のK-1全大会に出場し、全てをKO勝利で飾り最高のパフォーマンスで今年のK-1を牽引してきた木村選手が相手となるとなおさら。

K-1のボクシングレベルは高いですから、驚くんじゃないですかね。パンチスピードや威力も木村選手に軍配があがると思います。

早いラウンドでの決着か、アデイエミのトリッキーな動きに多少軽快しつつ中盤に完全に捕まえて倒し切るのかなと予想します。

木村選手と試合をするのであれば、せめて何戦かK-1のリングで試合をしてからの方が相手になったかなという気がします。

木村ミノル選手が2019年パーフェクトレコードで有終の美を飾るでしょう。

まとめ

木村ミノル選手の対戦相手と考えると、アデイエミ選手は見劣りすると感じてしまいましたが、普通に強くていい選手だと思います。

ボクシング技術があがれば化けるかもと思うポテンシャルはあるのかなと。

強靭なフィジカルと独特の当て勘を持っていますし今回は相手が悪いという感じでしょうか。

木村ミノル選手はこの試合で勝利したその先、タイトルを獲得して2階級、3階級と挑戦していきたいと話しているので、この試合をしっかり勝利して実現させてほしいですね!

2019年12月28日のK-1名古屋大会も盛り上がりそうだ。

-K-1

© 2020 ベストバウト Powered by AFFINGER5