シェアする

リオ五輪サッカー日本代表のオーバーエイジ枠は誰か予想してみた!

リオ五輪 サッカー 日本 オーバーエイジ

アジア予選優勝で見事リオ五輪出場の切符を
手にしたU-23サッカー日本代表。

アジア予選で不安要素がなかったか?と言えばそうではなかったが、ヒヤヒヤしながらも結果を残した若きサムライたち。その功績は選手はもちろん、手倉森監督の存在があってのもの。

予選では交代した選手が結果を出すなど采配が神がかってましたし。

そうなると気になるのは手倉森監督がリオ五輪のオーバーエイジ枠に誰を選ぶのかということ。今回はサッカーファンの管理人が予想してみようと思います。

SPONSORED LINK

オーバーエイジ枠は必要か?

U-23サッカー日本代表がリオ五輪の切符を手にしましたが、毎回男子サッカーがオリンピック出場を決めると注目が集まるのがオーバーエイジ枠。

オーバーエイジとはなんぞや?という方は以下の記事を読んで下さい。

オーバーエイジって何?サッカーリオ五輪を楽しむための基礎知識!

上記の記事でも話していますが、オーバーエイジ枠は3名までありますが、絶対にOA枠を使わないのかといえば決してそうではありません。

つまり呼ばない可能性もあるということです。

しかし、オリンピック予選では23人の選手登録が可能でしたが五輪は1チーム18人しか選手登録が出来ないので5人も減るのでそういった意味ではオーバーエイジ枠は3人とは言わないまでも必要なのかなという気が個人的にはしています。

リオ五輪サッカー日本代表のOA枠を予想!

オーバーエイジを招集するか否かは手倉森監督の判断になるのでなんとも言えないですが、1枠も使わない手はないと思います。

これからポジション別にOA枠候補を予想していきますね。

OA候補予想:GK

アジア予選で櫛引選手が良かったのでサブのゴールキーパーはアピールする機会が与えられなかったですし、個人的にはGKにオーバーエイジ枠は使わない気がします。

が、もしオーバーエイジ候補を挙げるとすれば

東口順昭(ガンバ大阪)かなーと。

ほかは個人的にはないと思いますね。

OA候補予想:DF

アジア予選では失点はそこまでなかったものの、決して安心しては見てられない場面が多々ありました。まあこれはU-23に限ったことではなくA代表も同じことが言えますが…。

簡単なミスで奪われるシーンもありましたし、そういった意味でもCBにOA枠は必須かなーと個人的には思います。

また前回のロンドン五輪でも吉田麻也がOAにふさわしい仕事をしましたし。

CBのオーバーエイジ候補

  • 吉田麻也(サウサンプトン)
  • 森重真人(FC東京)
  • 昌子源(鹿島アントラーズ)

といったところでしょうか?

吉田麻也はロンドン五輪でOAとして良い活躍をしましたし、A代表のCBとしても定着していてサウサンプトンでもプレイしているので経験も豊富。そして、管理人のイメージですが、ムードメーカーとしてチームの雰囲気作りといった面でも期待できる気がします。

森重真人選手はボランチでも起用されることも多いですが、攻守共に安定感がある選手ですし良いキックも持っています。昨年の東アジアカップではキャプテンも務めていますし苦しい時にチームを支えてくれそうな気がします。

昌子 源選手は23歳の若い選手ですが手倉森監督がいつも言っている競争という意味でもありかなーと。

SBのオーバーエイジ枠候補

  • 長友佑都(インテル)
  • 太田宏介(FC東京)

といったところでしょうか。

OA候補予想:MF

アジア予選を見ていて中盤の層の薄さが気になったのは管理人だけではないはず。南野や中島はテクニックでなんとかなるかもしれないが、キャプテンの遠藤なんかも韓国戦ではボールを奪われるシーンが目立っていましたし安定感に欠けるのでOA枠を使うのはありだと思います。

攻撃的MFとボランチ共にありえるでしょう。

攻撃的MFのオーバーエイジ候補

  • 宇佐美貴史(ガンバ大阪)
  • 武藤嘉紀(マインツ)
  • 清武弘嗣(ハノーファー)

上記の3名でしょう。

個人的には他にいないですね。

ボランチのオーバーエイジ候補

  • 柴崎岳(鹿島アントラーズ)
  • 柏木陽介(浦和レッズ)

といったところでしょうか。

個人的には柴崎岳はOA枠で招集されると予想しています。

OA候補予想:FW

FWに関しては個人的にはアジア予選では良かったという印象。

もちろんもっとやれたと思いますが、特に久保と浅野が良かったかなーと。鈴木武蔵は股関節の影響で良さを出し切れてなかった感があるので本大会で実力を発揮出来るのかが少し気がかりです。

またオナイウに関しては、チームのために体を張ったり守備の面でも貢献していましたがテクニック面が若干不安ですね。となると最低あと1人は得点力のあるFWが欲しいところ。

ただ、DFやMFの方が優先順位は高い気がします。

候補としては

  • 宇佐美貴史(ガンバ大阪)
  • 武藤嘉紀(マインツ)
  • 大前元紀(清水エスパルス)
  • 川又堅碁(名古屋グランパス)

といったところでしょうか?

さいごに

手倉森監督はOAを2枠使うと個人的には予想しています。

OA枠には個性が強い選手に依存するのはこれまでの連携が一気に崩れ去るのが危険なので避けたい所。また、CBに関しては諸刃の剣の可能性もありますが、個人的にOA枠の大本命としては

  • 吉田麻也
  • 清武弘嗣

と予想しています。

と言っても交渉次第なのですが…。

手倉森監督は日本代表のコーチも兼任してますからブンデス組とでもコミュニケーションや意思疎通も図れると思います。本当に交渉次第ですね…。

また情報が分かり次第追記したいと思います。

関連記事
SPONSORED LINK

いつもシェアありがとうございます!

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします!!

最新情報をお届けします

Twitterで@learningfield01をフォローしよう!

いつもシェアありがとうございます!

シェアする

フォローする