カルロス・カールソンは強い?山中慎介との勝敗を戦績などから予想!

カルロス・カルーソン 山中慎介

本日(3月2日)山中慎介が両国国技館にて12度目の防衛戦に挑みます!山中慎介のベルトを狙うのはカルロス・カールソンというWBC世界バンタム級6位のメキシコのボクサー。

カルロス・カールソンは世界初挑戦ということで、知らない方も多いことでしょう。

この記事ではカルロス・カールソンは強いのか?また、戦績などから『山中慎介×カルロス・カールソン』の勝敗を予想したいと思います。

SPONSORED LINK

カルロス・カールソンは強い?

モレノとの再戦で圧倒的強さを魅せつけた山中慎介の対戦相手となったカルロス・カールソン。世界初挑戦で山中慎介の相手が努まるほどの選手なのでしょうか。

カルロス・カールソンについて見ていきましょう。

まずは簡単なプロフィールから。

▼カルロス・カールソンのプロフィール

  • 名前:カルロス・オスワルド・カールソン・マルティネス
  • 生年月日:1990年6月11日
  • 国籍:メキシコ

カルロス・カールソンは26歳のメキシカンボクサーで主にメキシコ・アメリカで試合を積んできた選手で獲得タイトルは以下のとおり。

  • WBCラテンアメリカバンタム級王座
  • WBCラテンアメリカバンタム級王座
  • NABF北米バンタム級王座

世界戦のような大きな舞台は今回が初めてということで、山中慎介のマッチメイクに苦戦してたのかなと感じてしまうというのが正直なところ。山中慎介の相手が努まるほどの強いボクサーなのかと聞かれると、首を傾げてしまうというのが個人的な見解ですね。

カルロス・カールソンの戦績は?

ただ、カルロス・カールソンの戦績を見てみるとデビュー戦で判定負けを喫しているもののその後無敗の22連勝。

23戦22勝(13KO)1敗。

ただ、この戦績だけ見るとかなりいい選手に見えますが、戦ってきた相手の中に、山中慎介のような無敗選手との対戦経験もなく、強い選手相手に重ねた数字ではありません。

しかも、カルロス・カールソンは8R以降の経験がないんですよね…。

初めての世界という大舞台であの山中慎介を相手に未知の領域となる後半までもつれ込むと精神的にも辛いでしょうから、そういった意味では序盤で決める気満々なのでしょうか。いずれにせよ、カルロス・カールソン側はKOしか狙ってないのかなという印象を受けます。

確かにNABF北米バンタム級王座となった直近の試合では3Rで決めていますが…。

カルロス・カールソン×山中慎介の勝敗を予想!

ここまで読んでいただけたのであれば、予想はもうわかっていると思うので結論を先にいいますと山中慎介選手の勝利でしょう。

本来の実力が出せれば何も心配することはないと予想します。

ただ、こういう時にやっかいになるのがモチベーションだったりのメンタル面です。カルロス・カールソンに勝利すれば具志堅用高の防衛記録にリーチがかかるので、変に力んでしまったり、下馬評では恐らく山中慎介の勝利を疑わないでしょうから、プレッシャーになったりします。

山中慎介は左肩を引いて相手との距離を取ることを意識していて、神の左の出どころがわからなくなるようなスタイルで圧倒すると言ってますが、個人的にはモレノとの試合でダウンのイメージがついてしまったのでディフェンス面を磨いたほうがいいんじゃないかと。

右フック打ったときのカウンターには注意が必要だと思います。

まあ山中慎介なら大丈夫だと思いますし順当に見れば山中慎介の勝利は揺るがないとは思いますが、カウンターで良いのを貰えばまさかの展開もないとも言い切れないので、圧倒してほしい気持ちはもちろんですが、油断は禁物ですね。

さいごに

正直、山中慎介のマッチメイクに苦戦しているんでしょうね。ランカーたちにことごとく断られたと聞きますしモチベーションの低下などに繋がらなければ良いのですが…。

ちなみに、テレビ放送は『山中慎介×カルロスカールソン』しか予定されていないと思いますが、大晦日にグスマンを下した小國以載に次戦で挑戦することが決まっている岩佐亮佑の試合や『尾川堅一×杉田聖』の日本フェザー級王座V4戦なども予定されています。

SPONSORED LINK

おすすめ記事

いつもシェアありがとうございます!

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします!!

最新情報をお届けします

Twitterで@learningfield01をフォローしよう!