高校サッカー選手権2016-2017!優勝候補5校と優勝予想!

高校サッカー選手権 2016-2017 優勝候補

高校サッカー選手権2016-2017の出場校も出揃い、組み合わせも決まりあとは開幕をまつだけとなりました。熱いドラマで冬の寒さを吹き飛ばしてくれるであろう高校サッカー選手権2016-2017の優勝候補の高校を紹介します。

そしてさいごに優勝高をずばり予想します!

また、この記事で紹介している優勝候補5校の試合の最新結果も追記していきます。

※更新履歴※

※1回戦の結果を追記しました(2017.1.1追記)

※2回戦の結果を追記しました(2017.1.2追記)

※2回戦終了時点の感想を追記しました(2017.1.2追記)

※3回戦の結果を追記しました(2017.1.3追記)

※準々決勝の結果を追記しました(2017.1.5追記)

※準決勝の結果を追記しました(2017.1.7追記)

※決勝の結果を追記しました(2017.1.9追記)

※優勝予想が的中しました!

関連記事

高校サッカー選手権2016-2017!組み合わせ・日程・会場・結果まとめ!

高校サッカー選手権2016-2017!注目選手をポジション別に紹介!

SPONSORED LINK

高校サッカー選手権2016-2017の優勝候補

これから高校サッカー選手権2016-2017の優勝候補を紹介していきますが、あくまで個人的な見解になります。ですので、批判的な意見だったりは基本的に受け付けていまん。

ただ、執筆現在(11/23)から開幕まで一ヶ月ちょっとあるのですが、個人的には楽しみでワクワクが止まらないので、「この高校今年強いんじゃない?」などの意見交換が出来ればと思っていますのでコメントしていただけるとすごく喜びます。

開幕までの時間高校サッカーについて意見交換をしましょう!

優勝候補①:市立船橋高校(千葉)

やっぱり市立船橋高校は外せないっ!

2016年の夏のインターハイを制した市立船橋が冬の国立の優勝を狙います。昨年の王者・東福岡を彷彿とさせますよね。

市立船橋高校と言えは、毎年のようにJリーガーを排出するサッカーの超名門校で、実力は言うまでもなく優勝を狙えるでしょう。日本一の激戦区と言われる千葉県地区予選を制したのはまぐれではありません。

2016-2017年の市立船橋高校はU-17日本代表に名を連ねるセンターバック(CB)の杉岡大暉(すぎおかだいき)選手と2016年のAFC U-19選手権に選出された原輝綺(はらてるき)選手の守備の要の2人が特に良いという印象があります。

流石は名門・市立船橋、選手層も暑く優勝候補の一校と言えるでしょう。

※試合速報※

1回戦突破!(2017.1.1追記)

2回戦で前橋育英とPK戦にもつれ込み、まさかの敗退(2017.1.2追記)

関連記事

高校サッカー選手権2016-2017!注目選手をポジション別に紹介!

優勝候補②:青森山田高校(青森)

全国高等学校サッカー選手権大会に20年連続出場となった青森山田高校。

テクニック面はもちろんですが、フィジカル面も定評があるチームで、普段から走り込みなど基礎の練習を怠らず精進している姿が試合を見るだけでうかがえます。

全国高等学校サッカー選手権大会の出場回数は上位から数えたほうが早いほど出場するもいまだ優勝は果たしたことのない高校。全国の壁の高さを改めて実感させられますが、2016-2017年の高校サッカー選手権においては十分優勝を狙えるのではないかと個人的には感じます。

既にJリーグはFC東京に入団が決まっている青森山田の守護神・廣末陸(ひろすえりく)選手はU-19日本代表の守護神でもあり今大会のGKでは主役クラスですし、タレントも揃っています。

また、高円宮杯U-18サッカーリーグプレミアリーグEASTではJリーグのユースチームを差し置いて堂々のトップに君臨しています。(執筆現在)

※試合速報※

2回戦突破!(1回戦はシード)(2017.1.2追記)

3回戦突破!(2017.1.3追記)

準々決勝突破!(2017.1.5追記)

準決勝突破!(2017.1.7追記)

前橋育英を下し見事初優勝を成し遂げました!(2017.1.9追記)

関連記事

高校サッカー選手権2016-2017!注目選手をポジション別に紹介!

優勝候補③:東福岡高校(福岡)

昨年の夏のインターハイ・冬の国立の王者・東福岡高校。

2016年夏のインターハイで高校サッカー史上初となるインターハイ三連覇に挑むもまさかの初戦敗退で、世間を騒がせたのは記憶に新しいですが、そこから森重潤也監督はチームを一新し高校サッカー選手権2016-2017の舞台へと立ちました。

インターハイでのまさかの初戦敗退は驚きでしたが、いま思うと監督・選手、東福岡高校に多くのことを学ばせるきっかけになったのではないのでしょうか。

インターハイでの結果が予想外過ぎて今年の東福岡高校は優勝は難しいと感じる方もいるかもしれまえんが、個人的には優勝候補の一角だと考えています。

昨年、夏のインターハイ・冬の国立の二連覇という輝かしい功績を成し遂げた東福岡が18年ぶりの偉業となる高校サッカー選手権二連覇を達成してくれるのではないでしょうか。

※試合速報※

2回戦突破!(1回戦はシード)(2017.1.2追記)

3回戦突破!(2017.1.3追記)

準々決勝で敗退(2017.1.5追記)

関連記事

高校サッカー選手権2016-2017!注目選手をポジション別に紹介!

優勝候補④:米子北高校(鳥取県)

優勝候補①~③で紹介してきた高校と比べると少し見劣りしてしまうかもしれませんが、個人的には大穴というか、ダークホースとなりうると睨んでいるのが、米子北高校(鳥取県)。

夏のインターハイでは青森山田に敗れましたが、ベスト8入りを果たし鳥取県予選では4試合を36得点で無失点と圧倒的な実力を魅せつけ余力を残して勝ち残ってきた印象があるので、本番の試合に注目したい。

鳥取県では頭一つ出ている高校なのではないでしょうか。

エースストライカーの伊藤龍生(いとうりゅうせい)選手は大型ストライカーで荒削りながら迫力あふれるプレーが魅力的ですが、実は頭脳派なんじゃなかと。この辺は別の記事で改めて書くとして、非常に面白い選手なんじゃないかと思います。

※試合速報※

1回戦突破!(2017.1.1追記)

2回戦敗退

関連記事

高校サッカー選手権2016-2017!注目選手をポジション別に紹介!

優勝候補⑤:京都橘高校(京都)

この記事を執筆している今日(11/23)出場を決めた京都橘高校。こちらもダークホース的な立ち位置として見ています。そして優勝候補①で紹介した市立船橋と初戦で当たるという矛盾もありますが…。

いきなりの番狂わせがあるのかもしれないということで優勝候補の5校目に紹介させていただきました。

京都橘はやっぱり岩崎悠人(いわさきゆうと)選手に注目。

二年前の第93回全国高等学校サッカー選手権大会では一年生でありながらレギュラーとしてチームに大きく貢献し優秀選手に選ばれ、U-17日本代表から世代別にまでも選出されるほどの選手。

川崎フロンターレ、鹿島アントラーズ、FC東京といったJリーグからも注目される中、京都サンガFCに内定している岩崎悠人選手は高校サッカー選手権の注目度No.1と言っても過言ではない選手。

初戦で市立船橋高校に勝利することが出来れば、そのままの勢いで京都橘が優勝も十分に考えられるのではないでしょうか。

2017.1.1追記

今大会の優勝候補の一角を初戦で倒し、大番狂わせを起こす可能性もあると思っていましたが、後半に市立船橋に得点され1-0で敗れてしまいましたね。

関連記事

高校サッカー選手権2016-2017!注目選手をポジション別に紹介!

高校サッカー2017の優勝予想は青森山田

優勝候補5校を管理人の独断と偏見で紹介してきましたが、高校サッカー選手権2016-2017の当ブログの優勝予想は青森山田としたいと思います。

実は前回の高校サッカー選手権でもこちらの記事で青森山田と予想していて外しちゃったのですが、2016-2017年こそはやってくれるんじゃないかと。

はっきり言って、まだ開幕もされていない48校も残った状態で優勝校1校を予想するってかなり難しいのですが、1年生から守護神をつとめU-19の守護神でもある今大会No.1GKの廣末陸選手が頑張って守ってくれるのではないかと。

ここでぶっちゃけると管理人は学生時代サッカーをしていてGKだったのでGKに思い入れがあるというか、その補正が入っている感も否めません。笑

が、一応根拠というか説得力を高めるために補足すると、前大会では優勝した東福岡は東のノイヤーと言われる脇野敦至選手が大会No.1のGKがいた東福岡が優勝を果たしました。

なので、今大会No.1と称される廣末陸選手がいる青森山田が優勝することもあるんじゃないでしょうか。

少し無理矢理過ぎました?笑

でもプレミアでは13節だったかな?で市立船橋を破っていますし、本当に優勝する可能性は十分にありますよ。

関連記事

高校サッカー選手権2016-2017!注目選手をポジション別に紹介!

2回戦で5校中3校敗退(2017.1.2追記)

この記事で優勝候補として5校紹介しましたが、その内3校が2回戦までで敗退してしまいました。1つは、ここで紹介した高校同士の対決だったため、確実に敗退するわけですが、まさかの市立船橋が2回戦で敗退するとは思っていなかったですね。

高校サッカー2017の優勝候補を調べてみても、市立船橋との声が多かったので予想外の結果だったと言ってもいいですよね…と、言い訳させてくださいw

ダークホースとして取り上げた米子北も敗れちゃいましたが、大本命の青森山田がまだ残っているので管理人の面目を保つためにも頑張って欲しいですねw

ちなみに、完全に余談ですが、2回戦までが終了した1月2日現在、滝川第二、東海大仰星と関西圏が頑張ってくれているので大阪在住の管理人としては嬉しいです。

青森山田が優勝!(2017.1.9追記)

今大会無失点で無失点優勝もかかっていた前橋育英に、前半2点、後半3点を決め初優勝を飾った青森山田。最北優勝記録?も更新したそうで。本当におめでとうございます。

前橋育英との試合の感想としては、キックオフで全員上がりキーパーがボールを蹴って相手選手に当たったときはかなりヒヤッとさせられました。

また序盤は前橋育英にセカンドボールを拾われる展開でしたが、先制点を早い時間に取れたのが大きかったのかなと。後半に3点目を決めて試合が決まったかなと思っていたところのダメ押しの4点目。

この2分くらいで2得点の起点となったのは廣末陸のキックが起点となっていました。ヒヤッとするシーンもありましたが、攻撃面でキーパーが目立つというのは、さすがは若い日本のGK。

本当にいい試合だったと思います。また、予想が的中出来てよかったです。笑

さいごに

いかがだったでしょうか。

高校サッカー選手権2016-2017で活躍した選手の中から間違いなく東京五輪で活躍してくれる選手も出てくると思いますし、そういった意味も含めて盛り上がってくれると嬉しいなと思います。

ほんとはもっと注目選手だったりを細かく紹介したかったのですがついつい長くなってしまったので別の記事で紹介しますね。書けたら追記しておくのでよかったらそちらも合わせて見ていただけると嬉しいです。

関連記事

高校サッカー選手権2016-2017!組み合わせ・日程・会場・結果まとめ!

高校サッカー選手権2016-2017!注目選手をポジション別に紹介!

SPONSORED LINK

おすすめ記事

いつもシェアありがとうございます!

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします!!

最新情報をお届けします

Twitterで@learningfield01をフォローしよう!

コメント

  1. あつお より:

    あまり前橋育英をナメないでほしい。
    インターハイの結果をかなり重要視というか参考資料にしているが、前橋育英は他の大会の方にメンバーを注いでいるため、ベストメンバーでは臨まない。
    そういう情報も知ったうえで、優勝予想はした方がよろしいかと。
    確かに青森山田は強いと思うが…

    • masa より:

      あつお様

      コメントありがとうございます。
      管理人のまさです。

      前橋育英をナメているわけではありませんが、個人的には前橋育英が1回戦突破してくると思ってましたが、組み合わせを見た時に、市船×京都橘の勝った方と当たると知っていたので、個人的には市船×京都橘の勝った方に軍配が上がると見ていました。

      結果的に、市船が1回戦を突破し本日の2回戦でPK戦の末、前橋育英が勝ったので予想は外れましたが、決してナメていたわけではありません。市船に軍配が上がるか、京都橘が初戦を突破していれば、強豪校を倒した勢いでそのまま行くのではと見ていたんです。

      まあ見事に予想は外したわけですが、個人的な予想なのでご容赦いただければ幸いです。

      コメントありがとうございました。