アンセルモ・モレノと山中慎介が再戦!モレノの実力は?山中は圧倒できるのか?

アンセルモ・モレノ 山中慎介 再戦

9月16日エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)で開催されるWBC世界バンタム級タイトルマッチで山中慎介がアンセルモ・モレノと再戦!

前回の山中慎介×モレノ戦から約1年。

バンタム級頂上決戦と謳われていた試合でしたが、結果は僅差の判定決着。山中慎介選手がなんとか勝利を収めたものの見ようによってはモレノの勝利になっていてもおかしくないというのが正直なところ。

勝利した山中慎介選手はもちろん、アンセルモ・モレノ選手も納得がいっていなかったことでしょう。そしてようやく再戦が実現。出来ることならここで完全決着をつけていただきたい。

今回は、モレノ選手の実力を改めて振り返りながら山中慎介選手は今度こそ圧倒できるのか考察していきたいと思います。

※同日開催される『長谷川穂積×ウーゴ・ルイス』については以下の記事をどうぞ!

関連記事

ウーゴ・ルイスは強い?長谷川穂積との勝敗を戦績などから予想!

SPONSORED LINK

前回の山中慎介×モレノ戦を振り返る

まずは、約1年前の『山中慎介×アンセルモ・モレノ』戦を振り返ってみたいと思います。と言ってもここを長々と引っ張っても仕方がないので、要約して振り返ってみると

  • 僅差での判定勝ち(最終スコア:113-115・115-113・115-113)
  • 山中のパンチが当たらない
  • 見方によってはモレノの勝利

こんな感じかな?

約1年前ということで管理人も完璧に覚えているわけではなかったのですが、4Rまでは山中がリードするも8Rでモレノがリード、そして最終僅差で山中が勝利という展開だったはず。

つまりは、終始、一進一退の攻防という展開だったわけだが、今でも覚えているのが、山中がパンチを出す度に歓声が湧いていたが、ほとんど当たっていなかったということ。

実際、辛くも勝利を収めた山中選手も『最後まで左が当たらなかった』とコメントしている。モレノ選手の実力については改めて後術するのでここでは省きますが、”Chemito(亡霊)”と称される理由にただただ納得させられた。

序盤は山中選手が優勢だったとは言え、それは山中選手が良かったというよりも、モレノの戦い方という印象があって、アウトボクシングをやめ5Rくらいからは前に出て山中のペースが乱れ始め9Rで有効打を当てていたし、個人的にはドロー防衛かなと予想しながら見ていた記憶がある。

さすがは実力者同士の試合。

いい試合だったのは間違いないですし、個人的には面白かったですが、山中選手は当時PFPで9位にランクインしていたので、実力者であるモレノを圧倒してアメリカへ活躍の場を広げて欲しかっただけにショックだった。

恐らくモレノも同じで負けたとは全然思っていない。実際この様にコメントしている。

明確に負けた印象派無いが、ドローに近いけど山中のホームだから仕方が無い。左でKOが実現せずに山中は心中複雑だろう。ぜひ再戦でリベンジしたいね。

恐らくモレノ選手のコメント通りの印象を山中選手も持っていることでしょう。バンタム級最強を証明したいと常に言ってますから。だからこそ9月16日の再戦は完全決着をつけてほしい。(必ずしもKOという意味でもなく、判定でもいい)

ここで長々と語っても仕方がないといいながら長くなってしまったので本題へと入っていきましょう。

アンセルモ・モレノの実力は?

まずは、改めてアンセルモ・モレノ選手の実力から。

アンセルモ・モレノ選手は元WBA世界バンタム級のスーパー王者。上でも少し触れた通り、ディフェンスに長けている選手で本当に彼を前にしたボクサーのパンチが見事に当たらない。

戦績は

41戦36勝12KO4敗1分。

戦績を見ると強そうに感じるが”強い”というよりは”巧い”といった印象でテクニシャンタイプのボクサーというのが管理人の中での評価。一度もダウンを奪われたこともない選手です。

まあ間違いなく実力者ですよ。

山中慎介とアンセルモ・モレノが再戦!

約1年という月日を経てようやく再戦が実現。

まずは両者を褒めてあげたいですよね。(かなり上からですがw)

モレノ戦の後もソリスに勝利し10度目の防衛を達成してしっかりとベルトを守った山中慎介選手。そして、山中慎介選手へのリベンジ権利をしっかりと獲得したモレノ選手。うん、素晴らしいと思う。

山中慎介選手、モレノ選手と同じくらい再戦を心待ちにしていたのがボクシングファンですから。PFPにランクインしている山中選手は、前回のモレノに圧倒していればアメリカの舞台に立てた可能性もなきにしもあらずですし。

山中慎介×モレノ再戦!勝敗を予想!

結論から言うと、山中慎介選手の勝利かなと。

圧倒して欲しい気持ちも込めてKOと予想したいのですが、ディフェンスに長けているモレノに綺麗に当てるのは難しいですから一撃で仕留めるのは難しいかなと。ただ、内容は前回より圧倒してくれるのではないかと予想しています。

文句なしの山中慎介の勝利という内容に。

山中選手もチャンスがあれば積極的に倒しに行きたいと語っていますし、KOがないとは言えないですが、やっぱり判定になりそうな気はします。

うーん、ただ再戦ってねお互いを知り尽くしているだけに見応えのない試合になってしまうこともあるので、そんな展開はやめていただきたいですね。もしかすると前回と似たり寄ったりな内容ということも考えられるのかなー。

あとは前回山中選手は後半手数が減っていたのでしっかりと右のジャブが出せるかどうか。前回のような内容は避けたいと力んでしまって左を狙いすぎると危なくなる気がしますが、山中選手が勝ってくれるんじゃないかな。

さいごに

正直なことを言えば、山中慎介選手が圧倒できるのかと言うと難しい気もしてたりしますが、実力者同士の試合は本当に見ていて楽しいですから、面白い試合をしてほしいですね。

鼻先あと数センチのところで交わすところとか見ていて興奮しますが、それはモレノが嫌というほど見せてくれると思うので、山中選手には強烈なパンチを当てる姿を見せてほしいなと。11度目の防衛を果たして欲しいですね。

同日開催される『長谷川穂積×ウーゴ・ルイス』については以下の記事をどうぞ!

関連記事

ウーゴ・ルイスは強い?長谷川穂積との勝敗を戦績などから予想!

SPONSORED LINK

おすすめ記事

いつもシェアありがとうございます!

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします!!

最新情報をお届けします

Twitterで@learningfield01をフォローしよう!