シェアする

【蓮舫・二重国籍】真の問題点は外患誘致や国籍法ではなく『嘘』

蓮舫 二重国籍 問題点

蓮舫氏の二重国籍問題が世間を賑わせていますね。

蓮舫氏はかねてから日本と台湾のいわゆる「二重国籍」を否定していたわけですが先日父親の台湾(中国)国籍が残っていたと会見を開きました。

今回の蓮舫氏の二重国籍問題が明らかとなりネット上では国籍法や外患誘致などの罪に当たるのでは?と議論されていますが、個人的には法的な違法性云々よりも”真の問題点”は蓮舫氏の『嘘』や発言の『二転三転』だと思う。

色々言いたいことがあるので長くなると思いますが、問題点とされていることもなるべくわかりやすく触れていくのでよければお付き合い下さい。

SPONSORED LINK

蓮舫氏が二重国籍を認める

蓮舫氏と言えば現在民進党代表選の真っ只中で、少し前に世間を騒がせた舛添氏の後釜として立候補するのか?と話題にもなったので色んな意味で最近注目を集めてたお方。

蓮舫氏は台湾人の父親と日本人の母親のハーフで日本国籍を取得した17歳の頃に父親と台湾籍放棄の手続きをしたと説明していましたが、先日台湾国籍が残っていたと会見されました。

蓮舫氏の会見内容

蓮舫氏は二重国籍問題について会見を開き

「記憶の不正確さから混乱を招き、おわびする」

とコメント。

現在は改めて台湾籍を放棄する手続きをしているとのこと。

そして

「(台湾籍放棄)手続きが完了すれば、籍に関することは最終的に確定する」

「これまで政治家としては日本人という立場以外で行動したことはない。日本人として日本のために働いてきたし、これからも働いていきたい」

上記のようなコメントもされました。

民進党代表選の辞退する意向はないようですね。今回の二重国籍問題がなければ蓮舫氏が民進党の代表になる可能性が高いと見られていましたがどれくらい影響があるかといったところでしょうか。

個人的には民進党の代表選の辞退はおろか、国会議員を辞職するレベルの問題と考えていたので全体的に納得のいかない会見だったなあと。あと、少し会見でヘラヘラしていたようにも見えて気になったというのが正直なところですね。

二重国籍は何が問題なのか?

さて、ようやく本題ですが、ぶっちゃけた話、二重国籍だったことがわかったわけですがそもそも何が問題なのかわからないひとも多いのではないでしょうか。

あまり耳にしない言葉ですし、正直一般の方が蓮舫氏と同じケースで二重国籍だった場合、それほど問題にならないような話だと思いますし二重国籍を認めている国も少なくないですから。

ネット上では法的な問題点として議論されているのが

  • 国籍法
  • 外患誘致

主に上記2点。

国際法の観点では違法性はなし?

まず初めに言っておきますが管理人は専門家でもないので間違っている可能性もあるのであしからず。

結論から言えば国籍法では「違法性はなし」の可能性が高いそうです。

日本には国際法というものがあってそこには「国籍唯一の原則」と定められています。わかりやすく要約すれば「国籍は1つ」じゃないとダメですよってことで、蓮舫氏のように日本国籍と外国国籍は22歳までにどちらかを選ぶ必要があるそう。

で、蓮舫氏は17歳のころに日本国籍を取得されています。つまり台湾籍の放棄を宣言しているので国籍法はクリアしている。ただ今回、台湾籍(中国国籍)が残っていたことが明らかになったわけですが、「日本国籍を選択した人は外国国籍からの離脱に努めなければならない」という決まりはあるもののそこに罰則等は定められていないんですね。

さらに日本は台湾を国とは認めてないので正確には中国国籍として扱われます。また中国の国籍法では「外国国籍を取得すると自動的に中国国籍を失う」とあるそうで、二重国籍にならない可能性があるそうです。

参考:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160913-00000126-mai-pol

【追記】

蓮舫氏は台湾なので中国の「外国国籍を取得すると自動的に中国国籍を失う」という国籍法に当たらないので日本の国籍法違反に当たる可能性もあるという見解の弁護士さんもいるみたいですね。

日本の国籍法では「努力義務」というだけで罰則等が定められていないこともあって、人によっては見解が別れる微妙な事例のようです。

外患誘致

個人的には外患誘致と議論されている件については、これまでの蓮舫氏の発言などが大きいという印象がありますがネット上では外患誘致罪では?との過激な発言も飛び交っているのが現状です。

外患誘致罪とは

外国と通謀して日本国に対し武力を行使させ、又は、日本国に対して外国から武力の行使があったときに加担するなど軍事上の利益を与える罪。

まあ簡単に言えば、日本と中国の国籍があるとわかったことから中国のスパイではないか?ということですね。

蓮舫氏はこれまで

  • 「謝 蓮舫」という名前で「ときどき中国人だったり、日本人だったりするんです」というキャッチコピーで週刊宝石に掲載される(当時の本名は斎藤蓮舫だったと見られている)
  • 過去に「父は台湾で、私は、二重国籍なんです」と発言しハーフのことを二重国籍と表現
  • 雑誌で「台湾籍だ」と発言していたのに選挙公報には「1985年に(日本)に帰化」としている。(蓮舫氏いわく台湾国籍だったの『だった』が編集で削られたとのこと)
補足

ちなみに「帰化」と「国籍取得」は手続きがそもそも違うそうで正確には「国籍取得」の表現が正しいそう

上で紹介した以外にもこのような後から発言が二転三転したり矛盾があったりということがあったのでこういった発言などもネット上で外患誘致と議論される要因にもなっているのではないでしょうか。

これまた専門家でもないので詳しいことはわかりませんが、個人的には上で話した通り国籍法ではそもそも「二重国籍」にならない可能性もあるとのことなので、外患誘致罪にも当たらないのかなという気はしています。

真の問題点は『嘘』や『二転三転』する発言

個人的に今回の蓮舫氏の二重国籍問題の真の問題点は『嘘』だと感じます。蓮舫氏は会見で「記憶の不確かさ」と曖昧なことを言われていますが…

  • 生まれた時から日本人でした。
  • 18歳で日本国籍を取得しました。
  • 19歳で帰化しました。
  • 私は帰化してません。
  • 1985年台湾籍から帰化(HP記載現在削除)
  • 30歳の時に台湾国籍でした。
  • 台湾の国籍はありません。
  • 台湾の国籍が確認できません。
  • 台湾の除籍届を今週出しました。
  • 17歳で台湾の除籍届を出しました。
  • 台湾の除籍届は父と一緒に提出しました。
  • 父は台湾国籍のままです。
  • 在日の中国国籍の者として

過去の発言がまとめられていたので紹介しますが、このような発言を過去にしておいて、「知らなかった」は嘘だと勘ぐってしまいます。まだ台湾で発行されたパスポートを持っているとの発言もありますし。(台湾国籍を破棄する際に、発行されたパスポートが必要とのこと)

これじゃあ、嘘だと思われても仕方ない。というか、結果論としても否定続けていたので知らず知らずだったとしても『嘘』をついていたことになるでしょう。

そもそもとして、一方通行を逆走したら知らなかったじゃ済まされないように、記憶の不確かさかなんだか知りませんが、結局のところ許されることじゃないと思います。

それで会見でヘラヘラと「記憶の不確か」とかいう曖昧なコメントでそこまで重く考えていない気がするのは私だけでしょうか。自身の発言がころころと変わり、嘘をついていたことが真の問題点だと個人的には感じます。

そもそも自分のこともろくにわからない人に何が出来ることやら…。一度は辞職してこれまでの発言を見返したほうがいいんじゃない。

余談:2ちゃんねるが凄い

蓮舫氏が二重国籍問題で会見を開いたのが13日ですが、それ以前から二重国籍であると2ちゃんねるで特定されていました。

http://www.honmotakeshi.com/archives/49510141.html

見に行ってもらえばわかりますが、ガチな調査が行われていて、改めてネットの影響って大きいんだなと。蓮舫氏は辞退する意向もないようですが、今回の問題はかなり影響があることでしょう。

さいごに

1つ言えるのは、蓮舫氏が舛添氏の後釜として都知事選に立候補しなくて本当に良かった。鳥越さんではなく蓮舫氏が民進党から都知事選に出馬して万が一当選してたらと考えると、ゾッとしますよね。

普通にコロコロと発言が変わる人って一般人だとしても信用を失ってしまうのに、政治家ですからね。誰がついていこうと思うのでしょう。いち社会人としてダメですし、何より自身のことすら知らない人に努まるような仕事じゃないですよ。

これで政治家にはろくな奴がいないとまた言われるわけで…。(管理人もそう思っちゃいますが)本当に真面目に日本のために頑張っている政治家さんとかこういった問題に声を上げて怒れってくれないかなー。

長く愚痴みたいな内容ですいません。よろしければ蓮舫氏の二重国籍問題についてどう思うかコメントいただけると嬉しいです。

【追記】

蓮舫氏が民進党代表に当選しましたね…。

SPONSORED LINK

いつもシェアありがとうございます!

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします!!

最新情報をお届けします

Twitterで@learningfield01をフォローしよう!

いつもシェアありがとうございます!

シェアする

フォローする