岡田優子教育長の経歴は?辞任の可能性と残りの任期は?

岡田優子教育長

福島原発事故から横浜へと自主避難した中学1年生の男子生徒が複数回に渡りお金を要求されていたといういじめ問題について、横浜市教育委員会の岡田優子教育長が、いじめと認めないとの発言をし、炎上していますね。

今回の被害を受けた男子生徒は複数回に渡り合計150万円もの金額を渡しており、中学生のお小遣いレベルを遥かに超えています。個人的には恐喝罪などの犯罪レベルだと感じますし、正直、岡田優子教育長をはじめとする横浜市教育委員会には疑問しかない。

はっきり言って、このような方がトップなのであれば辞任して欲しいとさえ感じるほど。教育委員会が手に追えるレベルを超えているのではないでしょうか。いじめでないとするのであれば、警察が事件として捜査してくれることを願いたい…。

この記事では、岡田優子教育長の経歴などを紹介するとともに、残りの任期や辞任の可能性などについて見ていければと思います。

SPONSORED LINK

事件の概要を簡単に


今回いじめを受けていた男の子は、福島第一原発事故から横浜へと自主避難し、避難先の学校で「ばい菌」扱いをされるなどのいじめを受けており、次第に”遊ぶ金”としてお金を要求されるようになったそう。

1回に渡す金額は5万円~10万円。

これが小学5年生の頃から複数回に続き合計で150万円もの大金を渡していた。

そして、男子生徒が合計150万円もの大金を渡していたことを知った上で教育委員会で議論し、先日、横浜市教育委員会の岡田優子教育長が

「(同級生からの)金銭要求をいじめと認定するのは困難」

と発表しました。

つまりは、いじめとして認めないということ。

岡田優子教育長のこの発表を受けてネットは炎上状態になっている。

岡田優子教育長に言いたい!

岡田優子教育長は、”関わった子供たちが「おごってもらった」と言っている以上、いじめとは認められない”と発言していますが、金額を考えろよと思いますよね。

150万円ですよ…。

もっと言うのであれば、なぜこういう問題になった時、いじめていた側の意見ばかり聞き入れるのでしょうか。1番関わっている被害者の男子生徒が”いじめと認めて欲しい”とどれだけ勇気を出して大人に訴えているのか考えてほしいです。

いま注目されているのは、複数回に渡り150万円もの大金を渡したという部分ですが、そもそもとして、福島第一原発事故から横浜へと引っ越してきたことで「ばい菌」扱いされていたりしているのです。

いま厳しい声を浴びせられているのは、岡田優子教育長ですが、それは横浜市教育委員会の教育長として発表したからであって岡田優子さんだけでなく教育委員会で話し合った結果なんですよね?

誰ひとりとして、この結論に疑問を抱かないのでしょうか。

それであれば、教育委員会自体が終わっていると思いますね。それともトップの岡田優子教育長に逆らえないのであれば、とっとと辞任してくれたほうが、横浜の子供たちのためだと思います。

男子生徒を励ますために岐阜県の小学生たちがメッセージや歌なども作成して送ろうとしているのに、教育のトップは何もしないのか。

結構なご年齢ですが、仮に自分のお孫さんが、ばい菌扱いされて、それを逃れるためにお金の要求に応じ、中学1年生で150万円という大金を払っていたとして、「おごりおごられ」の関係で済ませられますか?

常識的に考えて、小学5年生の頃から1回で5万円~10万円ですよ。はっきり言って、このご時世社会人でも払えるかというような金額を「おごっていた」で済ませるとか、人としてどうなのかと感じてしまいます。

ましてや教育のトップであろう人が。

今回の問題を「おごりおごられ」の関係で済ますのであれば、「ばい菌」扱いするのも遊びの一環ですますのでしょうか。誰が納得するんでしょう…。

はっきり言って自分がいじめていた学生の親だとしても、自分の子供に怒るのはもちろん、許されることではないですが、被害に合われた男子生徒とご家族に何度も謝罪に行きますし、何よりそんな結論嬉しくないと感じるんですけどね…。

常識的な判断が出来ない人がトップに立つのはよろしくないと感じますね。

岡田優子教育長のプロフィールと経歴

長々と愚痴ってしまって、本題に入るのが遅くなってすいません。

これだけの問題を「おごりおごられ」の関係で済ませ、いじめとして認めて欲しいと訴える男子生徒の声を聞き入れない岡田優子教育長とはどのような人物なのでしょうか。

  • 名前:岡田優子
  • 生年月日:1952年5月17日(64歳)
  • 出身:神奈川県横浜市

現在、横浜市教育委員会の教育長ということですが、意外?にも最終学歴は神奈川県立鶴見高等学校だそうで、大学にも進学されていないようです。時代的なものもあるのかもしれませんが少し意外ですよね。

高校卒業後、横浜市市役所職員となり『横浜市民局長⇒横浜市民局長⇒横浜市教育委員会の教育長』のようにキャリアアップされているようです。

岡田優子教育長の辞任(辞職)の可能性と任期

今回の件で矢面に立たされた岡田優子教育長。これまでの功績などもあるのかもしれませんが、全てが覆されたのではないでしょうか。

個人的な意見としてはとっとと辞任してほしいと感じますが、任期は2019年の3月31日までとなっているようで残り2年ちょっとあるようです。

今回の原発いじめ問題で完全に世間の反感を買ったことで責任を取る形で辞任(辞職)する可能性はあるのでしょうか。

全く同じ事例というのは難しいため、過去の同じようなケースを調べてみると大阪府の教育長が汚い言葉使いで意見してきた女性を全否定したことでパワハラとされ、辞職に追い込まれたそうです。

そう考えれば、今回の問題のほうがよっぽどデリケートですし、今回の問題は、仮に横浜市の教育委員会の意見が変わらなかったとしても、いじめを受けた男子生徒の家族は黙っていないでしょう。

子供を守るために全力を尽くされると思いますし、刑事事件になってもおかしくない。そう考えると後々、教育委員会の無能さを知らしめた責任を取って辞任(辞職)する可能性も大いにありえるのではないかと個人的には感じます。

さいごに

今回はいじめとして認められるべきだと個人的には思ってますので、岡田優子教育長の先日の発表には反論しかないですね。

こんな教育委員会に何の期待も出来ないので、司法が介入してほしいなと感じますね。本来守ってあげるべき立場の大人がいじめを受けた男子生徒の勇気を無駄にしないであげてほしい。

今回の問題を受けていじめを受けた男子生徒を励ますために、岐阜市加納西丸町の加納小学校の5年生がメッセージを作成したりとしている中、教育のトップがこのような判断では本当に救われないと思います。

SPONSORED LINK

おすすめ記事

いつもシェアありがとうございます!

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします!!

最新情報をお届けします

Twitterで@learningfield01をフォローしよう!