【慶應ミスコン事件】被害者の動画が流出か?加害者の名前も特定?

慶應ミスコン 被害者 動画

慶應大学のミスコン事件。

慶応大学によると『未成年の飲酒が判明し中止』との発表がありましたが、その後週刊文春、週刊新潮の取材により、慶應ミスコンを運営していた広告学研究所のメンバーが女子学生に無理矢理お酒を飲ませその後乱暴な行為をし、動画を撮影していたと明らかになった。

さらに被害者の動画が校内では流出しているとの噂もあり、世間では怒りの声が挙がっている。ネットニュースなどでは加害者の名前が特定され逮捕が近いという噂もあるのでその辺について詳しく調べてみた。

SPONSORED LINK

慶應ミスコン中止の本当の理由

2016年のミス慶應コンテストはファイナリスト6人も決まっていたにも関わらず、運営する広研と呼ばれる広告学研究会の不祥事が判明し中止が正式に発表されていました。

この不祥事と言うのは、当初は未成年の飲酒と言われていましたが、週刊文春・週刊新潮などの取材によれば女子学生に対し集団で暴行していたとのこと。

週刊文春・週刊新潮で報じられた内容を元に加害者の卑劣な犯行を整理すると…

  • 広告学研究所の6人が女子学生1人を呼び出す
  • テキーラなどを大量に飲ませる
  • 女子学生が抵抗できなくなると加害者2人が乱暴
  • 残り4人は動画撮影やテレビ電話での実況
  • 最後に小便をかける

かなり卑劣な行為で憤りを感じずにはいられない。

校内では被害者女性の動画が流出か?

上でミス慶應コンテスト中止に追い込んだ広告学研究所の加害者たちの卑劣な行為を整理しましたが、事件はこれだけではない。

なんでも校内では被害者女性の動画が流出しているという噂もある。

加害者(犯人)たちは文春の取材記者に対し「これいくらで買います?」などと言っていたなんて情報もあり全く反省の色はない。それどころか「お前のせいでミスコンが開催できなくなった」と逆ギレしているなんて情報も報道されている。

一体どこまで被害者女性を傷つければ気が済むのだろうか…。

加害者の名前が特定か?

このような卑劣な行為に世間は怒りを隠せずにはいられない。ネット上ではすぐに犯人(加害者)たちを特定しようとする動きも見られている。加害者たちが逮捕されたとしても未成年ということで名前が報道されることはないと思いますがネット上なら特定される可能性もある。

実際ツイッターで「慶應 広研 画像」などで検索すると、それらしきツイートがたくさん出てくる。もちろん真実化どうかは不明なので決めつけるのは良くないですが個人的には未成年であってもこのような卑劣な行為をしたのであれば報道するべきだと思うのでいけないことかもしれませんがネット上の特定班に期待したいという思いもあるのが正直なところ。

ちなみに、週刊誌では女子学生に乱暴した加害者2名の名前が佐藤秀樹と富永政志と記載されていますが、これはあくまでも仮名。

どちらも19歳の理工学部に通っているとの噂もある。

警察は被害者からの被害届を受理

16日に警察は被害者女性から被害届を受け取ったと発表されている。

実は今回の事件は被害者女性に大きな圧力がかかり示談になると見られていたという噂もあっただけに、被害者女性の勇気ある行動によって警察が動くということで一安心。

と言うのも、噂レベルの域を超えられないのですが加害者の親は財務官僚などの大きな力をもっているなんて噂もあってこれが事実だとすれば子供の不祥事は子供本人にとっても親御さんにとっても大きな影響があるので圧力がかかる可能性も十分に考えられたんです。

これまでの報道を元に考えれば、複数人での卑劣な行為を行ったとみられるので、非親告罪の罪が適用される可能性が高く示談はできないと思われます。ただ、先日の高畑裕太容疑者の事件を連想させますが、それを証明できるかどうかが鍵になりそうですね。

そういう意味では加害者が撮っていたとされる被害者女性の動画はとても重要になってくるかもしれませんね。ただ、今後、捜査をし起訴できたとしても被害者女性は辛い思いをすることは間違いありません。

慶應ミスコン運営元の広告学研究所の実態

慶應ミスコンを運営している広告学研究所の校内でのイメージは「飲み会がメインの団体で酔うと大変なことになる」というイメージが広まっていたという。

そして10年前のOBたちによると100人以上いたが今では30人ほどに減っているとも言われていて学内においてもイメージが悪かったことが予想される。

また、今回の事件の被害者女性の勇気ある行動を見て過去にミスコンに参加した女性が広告学研究所からセクハラを受けていたことをツイートしている。

今まで怖くて言えなかったことが今回の被害者女性の勇気のある行動によって言わなくちゃと決心されたようですね。にも関わらずこのような状況らしい…。

日本でもトップクラスの大学に入学しても人の気持ちはわからないんですかね。本当にただただ悲しくなってしまいます。

いずれにせよ、広告学研究所の実態はこのような感じなのでしょう。このツイートされている女性以外にも同じような方がたくさんいることが予想できますし。

慶応大学は本当に事実を知らなかったのか?

ミスコンを運営する広告学研究所は88年という長い歴史があり、様々なスポンサーも毎回ついてくれ2016年度も300万円程の資金が集まっていたと言われている。

しかし本当の実態は上で紹介したようなものなのでしょう。

現に、広告学研究所の不祥事は今回に限ったことではなく上で紹介した以外にも2009年に広告学研究所メンバー9名が全裸で走りそれを女子学生が撮影していたということがあり、関わった10名が書類送検されている。

その翌年の学園祭ではAKB48が出演したそうで、その際のチケットを広告学研究所が独占し最前列を占拠し下半身を露出し「やらせろ」などの発言をしていたとも言われています。

これに対しAKB48ファンが学校側に抗議しても事実は確認できなかったとして何の処分もなかったといいます。

今回は慶応大学側は「未成年の飲酒」で中止としか発表していなかったが、今回の事件が明るみになると「大学の調べには限界がある」と言っています。確かにおっしゃる通りだとは思いますが、過去の学園祭の対応などを見る限り、『未成年の飲酒』で長い歴史のある広告学研究所を解散処分にしたのは隠蔽(いんぺい)しているのではと疑ってしまう気持ちもどこかにある。

今回の事件については本当に事実を知らなかったのだとしても、広告学研究所の不祥事を一度も見て見ぬふりをしていないのか。その都度しっかりと処分をしていればこのような事件が起きなかったかもしれないと個人的には感じてしまいます。

もちろん、憶測の域を超えない話ですが…。

さいごに

本当に卑劣な事件だと思います。

被害者女性のことがただただ心配で仕方がなく、加害者たちには本当に責任を取らせて欲しいと思います。

被害者女性はもちろんですが、竹内由恵さん青木裕子さんなどミス慶応でアナウンサーになられたかたもいますから、アナウンサー志望の方はミス慶応に選ばれるために慶應に入学した方もいるかもしれません。そのような方にも迷惑をかけている。

本当に加害者たちの罪は大きいのではないでしょうか。

もしかすると、加害者を除いた広告学研究所のメンバーは真面目な方たちばかりなのかもしれませんが、一部のメンバーたちのせいで広告学研究所自体が嫌な目で見られるのも仕方がないでしょう。実際、管理人の目にはそう映ってしまいました。

本当に何しに慶應に入学したんだか…。

一刻も早く事件が解決することを祈っています。

SPONSORED LINK

おすすめ記事

いつもシェアありがとうございます!

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします!!

最新情報をお届けします

Twitterで@learningfield01をフォローしよう!