スプレー缶の捨て方!未使用などの中身が残っている場合の処分方法!

スプレー缶 捨て方

未使用のスプレー缶など、中身が残っているスプレー缶の捨て方がわからなくてついつい放置してしまい、気がつけば、何本も溜まっている…。

こんな経験ありませんか?

いまではスプレー缶と言っても、DIY塗料、制汗剤、整髪料など様々なスプレー缶があってかなり私たちの生活において身近なものになっています。

このままでは、中身が残ったスプレー缶は溜まっていく一方ですし、今回は未使用や中身が残っているスプレー缶の捨て方を紹介するので、この機会に重い腰を上げて、全て処分してみませんか?

スプレー缶の捨て方は意外と簡単ですよ~!

SPONSORED LINK

スプレー缶の捨て方の基本

中身を使いきってから捨てる!

スプレー缶を捨てる時の基本です。

中身が残っている状態でゴミに出してしまうと火災や爆発の恐れがあります。

これは、ここで説明するまでもなく一度は耳にしたことがあることでしょう。しかし、中には「大丈夫でしょ」と安易に考え、ルールを守らない方もいます。

一度、以下の動画を御覧ください。

見ていただけたでしょうか?

本当に、2、3プッシュという少量の可燃性ガスと静電気で爆発してしまうんです。私たちのゴミを収拾してくれている作業員の方を怪我させるかもしれないということを考えれば、少し手間がかかってもルールは守らないといけないですよね。

では、未使用や中身が残ったスプレー缶はどうすればいいのでしょうか?

スプレー缶の中身の捨て方

スプレー缶を捨てる際に、普通に中身を使いきってから捨てるのが一番ですが、例えば、DIY用に塗料スプレーを購入したけど、結局DIYに挫折してしまった…など、様々な理由で使い切るのが困難な場合がありますよね。

そんな場合は、しっかりとガス抜きする必要があります。

最近ではスプレー缶の裏面にガス抜き方法が記載されているものがたくさんあるので、まずは、ガス抜き方法が記載されているか?を確認して記載されていれば、その指示に従いガス抜きすると良いでしょう。

ガス抜きの方法はいくつかあるのですが、誰でも出来る簡単なガス抜きの方法を紹介しておきますね。

ビニール袋に噴射する

ビニール袋内に噴射してスプレー缶の中身を出す方法です。

まずは、準備するものから。

  • ビニール袋やレジ袋
  • 古新聞、トイレットペーパー、ボロ雑巾

あとは、作業の際にマスクや手袋も用意しておくといいでしょう。

では、次は作業手順ですが…、その前に!

必ず、屋外などの風通しの良い場所で作業してください。

それでは、作業手順を紹介します。

①ビニール袋の中に新聞やトイレットペーパーを入れる

新聞紙の場合は軽く丸めるか、細かく破いていれます。トイレットペーパーの場合は、ロールを引き出していれまるようにしましょう。

②ビニール袋内にスプレーを噴射

①で入れた新聞やトイレットペーパーに吸わせるように噴射します。この時、スプレー缶によっては缶が冷たくなることもあるので、軍手が用意できれば、軍手をして作業すると良いですよ!!

「シュー」という音がしなくなればOK

③ビニール袋を燃えるゴミに出す

噴射後はガスが溜まっているので、口をあけた状態で数時間放置した後、燃えるゴミに出しましょう。

スプレー缶によっては、臭いがするものもあるので、燃えるゴミの前日に行うといいかと思いますよ。

スプレー缶の捨て方の手順

ここまでは、スプレー缶の中身の捨て方を紹介しました。ここからはスプレー缶の本体の捨て方になります。

スプレー缶の捨て方は、自治体によって異なるので、まずはお住まいの市町村の自治体のHPなどで以下の2点をチェックしてみてください。

  • 何ゴミなのか?
  • 穴あけは必要か?

多くの自治体では「不燃物」や「小物金属」としてゴミに出すことが多いようです。こればっかりは自治体によって異なるので、調べてその指示に従うようにしましょう。

スプレー缶の穴あけに関しては、穴あけをする際に事故が増えたこともあって、最近では不要の自治体が増えてきていますが、自治体によっては穴あけが必要なこともありますので最後に穴あけの方法も紹介しておきますね。

穴開け方法

一番手っ取り早く穴開けをするのであれば、専用の器具を使いましょう。私たちの生活において便利なスプレー缶は身近なものになっているので、穴開けが必要な自治体であれば、今後も使うことになるので、持っておいても良いのかなと思います。

お手軽なお値段ですし、楽天等購入出来ます。

例えばこれなんかは、片手で出来るタイプなので、中の液が手につかないので個人的にはおすすめです。また意外と、ビンの蓋開けにも使えるのも嬉しいポイントだったりします。

ちなみに、穴開けをする際は、必ず中身を使いきってから行うようにしてくださいね!!

さいごに

いかがだったでしょうか?

スプレー缶の捨て方は「使い切る」ということを頭においておきましょう。購入した以上、中身は使いきるのは義務だと。もし使い切れない場合は、この記事で紹介した通りの手順で処分していただければと思います。

【ゴミ捨てに関する記事】

ぬいぐるみや人形の捨て方まとめ!塩や神社で供養すべき?

包丁や刃物の捨て方!正しく安全に処分しよう!

土の捨て方!ガーデニングや家庭菜園などの園芸用の土の処分方法!

花火の捨て方と保管方法!簡単に捨ててはダメだった?

ライターの捨て方!簡単にガス抜きする方法!大量の場合はどうする?

SPONSORED LINK

おすすめ記事

いつもシェアありがとうございます!

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします!!

最新情報をお届けします

Twitterで@learningfield01をフォローしよう!