おしることぜんざいの違いは?関西と関東で違う?沖縄は夏に食べる?

おしるこ ぜんざい 違い

普段あまり甘いものを食べないのですが冬になるとおしるこが食べたくなる管理人。先日自動販売機でおしるこを見かけてふと思ったのですが、おしることぜんざいの違いは何なのでしょうか?

個人的にはどっちも一緒やろ?と思っていたのですが、何だか気になってみたので調べてみました。何でも関西と関東と沖縄では「おしるこ」と「ぜんざい」の定義が違う模様です。

SPONSORED LINK

おしることぜんざいの違いは?

おしることぜんざいの違いって何やろ?と気になってから考えれば考えるほどわけがわからなくなってきますよねw

  • 小豆のこされ具合の違い?
  • それとも餅の違い・・?
  • 白玉か餅かで違うのか?

うん、考えれば考えるほどわからなーい。

ということでウィキペディア先生に聞いてみた。

おしるこ

小豆などを砂糖で甘く煮て、中に餅や白玉、栗などの露煮などを入れた食べ物。

※引用元:汁粉-Wikipedia

ぜんざい

主に小豆を砂糖で甘く煮て、中に餅や白玉、栗などをの甘露煮などを入れた日本の食べ物である。一般的に小豆の粒が存在するものを指して用いられる言葉である。

※引用元:ぜんざい-Wikipedia

Wikipediaには上記のように書いてあります。

・・・結局のところ違いは?

小豆の粒が残っているかというだけなのでしょうか?

関西と関東で呼び方が違う?

どうやら「おしるこ」と「ぜんざい」は
関西圏と関東圏で呼び方が違うそうな。

関西では?

関西では「おしるこ」と「ぜんざい」の他に「亀山」というものもあって3つを使い分けているそうです。※大阪在住の管理人ですが亀山って初耳でした。

どのように使い分けているかというと

  • おしるこ:こしあんで汁気がある
  • ぜんざい:粒あんで汁気がある
  • 亀山:汁気なし

関西圏では小豆の粒がある、なしで「おしるこ」と「ぜんざい」を使い分けていて汁気がないものを亀山と呼んでいるんですね。

では関東はどうなのでしょう?

関東では?

関西圏では小豆の粒があるなし、汁気なしで「おしるこ・ぜんざい・亀山」と使い分けていたのに対し、関東圏はもう少しシンプルで汁気があるかないかで「おしるこ・ぜんざいを使い分けているそうです。

  • おしるこ:汁気あり
  • ぜんざい:汁気なし

かなりシンプルで考え方的には関東圏の方がわかりやすいですが、やはり関西在住の管理人は「亀山」は知らなかったものの基本的に「おしるこ・ぜんざい」は関西圏の考え方でした。

汁気がないって事はあんこと餅ですよね?

それを関東圏ではぜんざいと呼ぶのには驚きです。

沖縄では?

おしるこ ぜんざい 沖縄※引用元:しあわせじかん

関西圏と関東圏で「おしるこ・ぜんざい」の定義が違うということがわかって、ややこしいなーなんて思っていたのですが、沖縄県のぜんざいの定義が全くの別物で管理人は信じられなかったので紹介しますね。

恐らく「おしるこ」は関西圏や関東圏と同じような考え方だと思うのですが、「ぜんざい」に関してはあなたが沖縄県民でないかぎり驚くと思いますよ。

ひっぱっても仕方がないので早速紹介すると、沖縄県で言う「ぜんざい」は氷菓子なんです。金時豆にかき氷をかけたものを「ぜんざい・氷ぜんざい・冷やしぜんざい」などと呼ぶそうです。

どうでしたか?驚きじゃないですか!?

関西圏と関東圏では「おしるこ・ぜんざい」の定義の違いがあるとは言え、1つ共通している部分は「冬に食べるもの」ということだと思います。ですが、沖縄県の「ぜんざい」は「冷やしぜんざい・氷ぜんざい」と呼ばれていることからわかる通り氷菓子です。

つまり夏の食べ物なんですねぇ~。

同じ日本でも全く違うんですね!

さいごに

いかがだったでしょうか?

あなたの中での「おしるこ」と「ぜんざい」は関西圏or関東圏のどちらでした?それとも沖縄?

関西、関東、沖縄で定義が違うので私たちが「おしるこ」と「ぜんざい」の違いを答えられないのももはや仕方ないなーと個人的には感じましたね。1つ勉強になったのと気になっていたモヤモヤが解決したので何だかすっきりしましたw

と同時に自動販売機で売られている「おしるこ」が食べたくなったので今から買いにいってきますw

もしこの記事が少しでも参考になったという方は下のソーシャルボタンを押してくれると嬉しいです。最後までありがとうございました。

SPONSORED LINK

おすすめ記事

いつもシェアありがとうございます!

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします!!

最新情報をお届けします

Twitterで@learningfield01をフォローしよう!