認定こども園とは?メリット・デメリットをわかりやすく紹介!

認定こども園とは

平成27年4月からスタートした『子供・子育て支援制度』により認定こども園への移行の促進が進み最近では情報番組などもメディアで『認定こども園』という言葉を耳にすることも多くなってきましたよね。

ところで…

認定こども園ってなに?

と聞かれてメリットやデメリットを答えられますか?

意外と答えられない方が多いのではないでしょうか。

今回はそんなあなたのために認定こども園とはなんぞや?という基本的なことはもちろん、メリット・デメリットもわかりやすく紹介したいと思います。

近年、「幼保一元化政策」など子育てや教育を取り巻く社会が目まぐるしい変化を遂げているので子育て支援の環境は人によってそれぞれ違ってきています。

ニーズにあったものを最大限利用するためにもしっかりと認定こども園について理解しておきましょう。

SPONSORED LINK

認定こども園とは?

認定こども園とは、小学校就学前の子どもの保育・教育をする施設で、保護者の子育ての総合支援施設です。名前の通り、都道府県知事が条例に基き認定されている施設になります。

以前『幼保一元化とは?メリット・デメリットをわかりやすく紹介!』でも書きましたが、幼稚園と保育所というのは別物です。

管轄も違えば、運営方針も違います。

  • 幼稚園の管轄は文部科学省で教育施設
  • 保育所の管轄は厚生労働省で児童福祉施設

となっています。

そして認定こども園は内閣府が管轄することになり、大きくわけて4つのタイプがあります。4つに分かれている理由は国の定める基準を満たしているかという法的観点から。

認定こども園:幼保連携タイプ

近隣の幼稚園と保育所が連携して一緒に運営する施設です。

最近では『幼保一元化』が情報番組等でも取り上げられていますし、この幼保連携タイプの認定こども園に国は一番力を入れているという印象があります。

幼保一元化、幼保連携タイプの認定こども園が普及すれば、安倍政権が掲げる「女性が輝く社会つくり」にも繋がるでしょう。

しかし、新規施設としては大きくなるため、用地なども問題があるのが現状です。

認定こども園:幼稚園タイプ

認定こども園の幼稚園タイプは、わかりやすく言えばいまある幼稚園が子どもを預かる時間を増やしたタイプですね。他にも細かなことを言えば、施設機能の向上など細かなところは色々とありますが。

この幼稚園タイプの認定こども園にも莫大な資金がかかるという問題がありますが、年々増加傾向にある保育園とは違い、年々減少傾向にある幼稚園ですが、子どもを預かる時間を増やすことは大きな一歩のような気がします。

認定こども園:保育園タイプ

保育所として認可された施設が、保護者や同居の親族等が保育を出来ない保育に欠ける子も預かれるようにするなど施設機能拡大を図る施設です。

待機児童の問題などをみてもわかるとおり、保育所の需要は増すばかり。

この保育園タイプの認定こども園の充実が一番重要ではないかと個人的には見ています。

認定こども園:地方裁量タイプ

既存の空き教室などを利用して、地域に特に足りていない用途を補う施設で、保育所の認可要件には欠けていても、こども園としての要件を満たしていれば認可しようという認可外施設になります。

目的はずばり、昨今の待機児童問題の解消です。

認定こども園の目的は?

認定こども園 メリット デメリット

これまで認定こども園とは?という基本的な部分から4つのタイプまで紹介してきましたが、そもそも認定こども園の目的は何なのでしょう。

認定こども園の目的は少子化などで園児が減り園自体の数の年々減少傾向にある幼稚園と、共働きやシングルマザー(シングルファザー)の増加による待機児童が増える問題を抱える保育園。

この2つの問題を解消しようというのが目的です。

待機児童問題は一向に減らないのに幼稚園は定員割れというのが現状ですからさすがにこのまま放っておくことはできないということでしょう。

認定こども園のメリットは?

認定こども園って「なんだか難しそう…」と感じるかもしれませんが、子どもにとってメリットは大きいと思います。

集団生活の基礎が作られる

幼稚園と保育所を兼ね備えた施設なので保育園のの段階から認定こども園に入園している場合、保育園と幼稚園の世代の子どもたちがいるということで小学校から始まる集団生活の基礎が作られます。

下の子を思いやることやお兄ちゃんお姉ちゃんのマネをして遊ぶなどして集団生活の基礎を作ることができますし、幼稚園、保育所の先生同士での情報交換が出来るので幼稚園の早い時期から子どもに合わせた接し方や環境つくりが見込めます。

保護者の事情問わず継続利用出来る

子どもを預ける保護者が失業してしまったり、下の子を妊娠して産休や育休を取ると今まではやむを得なく保育園を退園しなければなりませんでした。

しかし、それが継続利用できるというメリットがあります。

これは保護者の方にはもちろんですが、子どもにとってもようやく通い慣れた保育園を保護者の都合で退園しなくてすむということはメリットとなるでしょう。

育児相談や子育て支援が受けられる

認定こども園には地域における子育ての支援を行う機能もあります。

つまり、入園するしないに関わらず、育児に悩む保護者の相談の窓口になってくれたり子どもの健やかな発達の支援などが受けられるという子供を持つ親にとってのメリットがあります。

保育施設として入園出来る可能性が高い

保育所は年々店員オーバーで待機児童問題が近年取り上げられていますが、幼稚園は定員割れというのが現状のため、保育所と比べて、認定こども園の方には空きがあることが多いため、保育施設として入園出来る可能性が高いです。

※もちろん、地域によって異なりますが…。

認定こども園のデメリットは?

もちろん、いいコトづくしというわけにはいきません。

認定こども園の一番のデメリットとなりうるのはずばり「お金」。

保育料が高額になることも…

一概に認定こども園と言っても公立と私立でかなり違ってきます。

公立と私立とでは保育料が3倍になるというケースもあるそうですよ。

一応、高額になりすぎないように、低所得者が不利にならないようにと私学助成金などもありますが、いくら既存の幼稚園施設の利用といっても、これまでとは違う機能を持たせる以上、人員や施設の設備などは必要。

こういった費用は事業者が負担します。

その結果、保育料が高額になることもあります…。

誰でも利用出来るわけではない

公には「誰でも利用できる」と言われていますが、現状は共働きやシングルマザー(シングルファザー)世帯が優先されている認定こども園が多いです。

そのため誰でも利用できるわけではないというのが現状です。

保護者同士の問題

これは子どもへ直接影響はありませんが、幼稚園と保育所が同じ施設にあるということは保護者同士の立場の違いの問題などがあります。

保育施設として認定こども園を利用し、必死に働く保護者の方と、園の行事などに積極的に参加する保護者との立場の違いはどうしても生じてしまいますよね。

それによに保護者同士のトラブルも可能性としては起こりうる。

そもそもとして存在意義の違う幼稚園と保育所が一体化するわけですから避けては通れない問題ですよね…。

さいごに

いかがだったでしょうか?

いずれにしても認定こども園には、今後の需要次第で伸びていくと思いますしメリットも多い施設だと思います。もちろんデメリットもしかりですが、しっかりとメリット・デメリットを理解してあなたの家庭のニーズにあった施設を選んでくださいね。

認定こども園のさらなる向上と救われる保護者の方が増えることを心より祈っております。

関連記事

幼保一元化とは?メリット・デメリットをわかりやすく紹介!

保活とは?いつから何をすれば良いのか?早生まれには厳しい現実?

SPONSORED LINK

おすすめ記事

いつもシェアありがとうございます!

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします!!

最新情報をお届けします

Twitterで@learningfield01をフォローしよう!