年賀状の書き損じ交換期間はいつまで?手数料や交換場所について!

年賀状 書き損じ 交換 いつまで

今年も年賀状を用意する時期が迫ってきましたが、実は年賀状って意外と損しているひとが多いってご存知ですか?

例えば、書き損じた年賀状をそのまま捨ててしまったり、実際に出す枚数よりも多く用意しておいたけど、かなり余ってしまって結局捨ててしまったり…。

こんな経験一度はあなたもあるのではないでしょうか?

実は、書き損じや未使用の年賀はがきは少額の手数料を支払うことで郵便局で新しい年賀はがきや普通のはがき、切手などと交換してもらえるんです。

実は意外と知らない人が多く書き損じや余った年賀はがきを捨ててしまうひとが多いということで、損しないためにも交換方法や期限はいつまでなのか、手数料の金額など知っておいて損はしないという情報をシェアできればと思います。

SPONSORED LINK

年賀状の書き損じ交換期限はいつまで?

実は書き損じた年賀はがきの交換期限というのは実は定められていないんです。ですので、例えば、昨年の余ってしまった年賀状を普通のはがきとして使おうと棚にしまっていたとしても交換してもらえるんです。

ただし、交換する時期によっては年賀はがきではなく通常はがきになってしまったりすることもあるので注意が必要です。

この記事を読んでいる方は、恐らく、今年の年賀状を用意していると書き損じてしまったので、今年の年賀はがきと交換して欲しいと考えている方が多いと思います。その場合は、基本的には”年賀はがきが販売されている期間”に交換に行くとその年の年賀はがきと交換してもらえます。

目安としましては10月下旬~1月上旬くらいの期間。

2017年の年賀はがきの販売期間は、2016年11月1日~2017年1月6日となっているので、この期間であれば書き損じた年賀はがきと2017年用の年賀はがきと交換してもらえます。

書き損じハガキははがき以外にも交換可能!

書き損じた年賀はがきは、年賀状としか交換できないので、その年の年賀状の販売期間が過ぎると結局使い道がないよね…なんて勘違いされている方もいるそうですが、実はハガキ以外にも切手やレターパックなどと交換することも出来るんですよ。

▼年賀状の書き損じハガキで交換できるのは以下の通り

  • 年賀はがき(年賀状が販売されている期間)
  • 切手
  • 普通はがき
  • レターパック
  • 郵便書簡

最近では、はがきを使う機会が減ってきていますから、特にはがきと交換しても結局棚にしまって放置しておくのがオチだという場合は切手に交換しておくことをおすすめします。

手数料について

手数料は1枚につき5円となっています。

例えば書き損じた年賀はがき5枚で通常はがき5枚に交換してもらう場合は25円の手数料を支払うだけで交換してもらえます。切手の場合であれば25円の手数料で250円分の通常切手と交換してもらえます。

こう考えると、たった1文字間違えてしまっただけの書き損じた年賀はがきや、余裕を見て用意した結果余ってしまった年賀はがきをそのまま捨てちゃうのってもったいないですよね!

これは、書き損じた年賀はがきを交換してもらう時の手数料の金額ですが、交換してもらう理由によっては無料で出来ることもあります。

年賀状が出せなくなった場合

例えば、年賀状を出す予定で早めに用意しておいたんだけど、その後、身内の不幸事などで出せなくなってしまうこともあります。

そんな場合は年賀はがきの販売期間であれば手数料は無料で切手や通常はがきなどと交換してもらうことが可能です。

亡くなられた方との続柄などを記載する必要がありますが、無料で通常はがきと交換して喪中はがきとして出すことも出来るので利用してみて下さい。

もちろん、印刷していたり既に書いてしまった年賀はがきでも問題ないですよ。

年賀状の種類を間違えた場合

最近は年賀はがきの種類が多くなってきているので、インクジェット紙を買うつもりが間違えてしまったなどのケースも増えてきているようですが、間違えてしまった場合も基本的に手数料は無料で他の種類の年賀はがきと交換してもらえます。

交換場所は?

普通の郵便局であれば全国どこの郵便局でも交換が可能です。

交換する際の注意点

書き損じた年賀はがきやしまっておいた数年前の年賀はがきなどでも交換してもらえるわけですが、注意しておきたいのは、年賀はがきの左上の料額印面が汚れてしまうと交換ができません。

年賀状であれば自宅のプリンターで印刷する方も多いですが、料額印面が汚れてしまわないようにだけ注意する必要があります。

また、交換期限はないので、切手などに交換してもらうので特に急がないよという方は、年賀はがきのくじが当選しているか確認してから、交換に出すことをおすすめします。(ちょっとせこい気もしますがw)

書き損じた年賀はがきでもくじに当選していれば商品を受け取ることが出来るので、商品を受け取った後に交換してもらうようにすると良いのではないでしょうか。

現金にも換えられる?

書き損じた年賀はがきでも、数年前の年賀はがきでも交換してもらえるのは魅力的だけど、実際はがきなどを使う場面もあまりないしな~なんて思っている方に朗報?

インターネット等で検索すると書き損じた年賀はがきをお金にも換えられるなどという情報もあります。管理人は利用したことがないのですが、一部の金券ショップでは書き損じた年賀状を買い取ってくれるんだとか。

もちろん買った値段で換金というわけにはいきませんが1枚25円くらいで換金してくれるという情報もありますので、気になった方は調べてみてはいかがでしょうか。

寄付することも可能

色々と損しない方法があるのはわかったけど、めんどくさいから捨てればいいやという方も中にはいらっしゃるでしょう。実際に郵便局まで足を運んだりする手間もありますし、書き損じた枚数が少なかったりすると、予め出す枚数より多く用意してたからそれを使えばいいやとなりますよね。

でも、出来ることならそのまま捨てるのはやめて、海外支援団体や難病研究団体などに寄付することも出来るので有効活用してほしいなと個人的には感じます。

書き損じた年賀はがきがなぜ、寄付になるかと言うと、上で紹介したとおり切手等に交換することが出来るのでそれを換金することで支援に役立てているようです。

間接的に誰かの役に立てるので、捨てちゃうよりも有効活用してほしいなと個人的には感じますね。

さいごに

いかがだったでしょうか。

小さな金額かもしれませんが、これまで書き損じた年賀はがきを捨てたりして損していたなんて方も多いと思います。有効活用する方法は意外と色々あったりしますので、そのまま捨てるというのはもう終わりにして有効活用していただければと思います。

そしてこの記事がそのお役に立てれば幸いです。

SPONSORED LINK

おすすめ記事

いつもシェアありがとうございます!

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします!!

最新情報をお届けします

Twitterで@learningfield01をフォローしよう!