マイナンバー制度の目的やメリット・デメリットをわかりやすく解説!

マイナンバー メリット デメリット

平成28年1月から、いよいよマイナンバー制度がスタートしますね。

連日テレビや新聞でマイナンバー制度についてあれこれ取り上げられていますが、そもそもマイナンバー制度ってどんなものでメリットやデメリットなんかを理解していますか?

マイナンバー制度には賛否両論の声があるそうですが個人的にはどちらにせよそこまでマイナンバー制度についてしっかりと理解していない人が多いのではないかなーと感じる次第。

そこで、今回はマイナンバー制度の目的や
メリット・デメリットをわかりやすく解説しようと思います。

SPONSORED LINK

マイナンバー制度導入の目的は?

2016年1月から本格的にスタートするマイナンバー制度。

当然、国が何の目的もなく新しい制度を導入するはずがありません。しっかりと、マイナンバー制度を導入する目的があります。メリットやデメリットを気にする前にまずはマイナンバー制度を導入する目的、意図みたいなものを理解していきましょう。

国民の管理の効率化

マイナンバー制度の通知カードもどんどん郵送されているので既に届いている人も多いことでしょう。そして通知カードに導入されている説明書にはマイナンバー制度とは・・

  • 国民の利便性の向上
  • 行政の効率化
  • 公平・公正な社会の実現

と記載されています。

ぶっちゃけ、言葉が難しくてわからなくないですか?

マイナンバー制度の最大も目的は国民一人ひとりの区別や管理です。

マイナンバー制度とはあなたもご存知の通り国民一人ひとりに12桁の番号を振り分けるわけですが、これによりサッカー選手の背番号やマラソンランナーのゼッケンのように個人を識別しやすくなります。

そして、識別する方法が12桁の番号であることから管理もしやすくなりますよね。そこに、様々な個人情報などを紐付けて行くことで、一括で管理出来るようになり、効率化やコストカットなどが期待されています。

社会保障などの充実

平成28年1月からマイナンバー制度がスタートするわけですが、実はマイナンバー制度の導入は何十年も昔から検討されていました。

また、私たちにとって新しい言葉に聞こえますが、アメリカやスウェーデン、イギリスにカナダなどなど世界では言葉は違えど、マイナンバーのような制度を導入しています。

さて、ここまで読んで頂けたのであれば
ひとつ疑問を抱いていることでしょう。

じゃあ、「何で今まで導入しなかったのか」と。

それはプライバシー保護の観点から
これまでは導入を見送っていたんですね。

ですが、2007年の年金記録問題の発覚をはじめ、近年良く耳にする生活保護の不正受給など個人情報の管理をそれぞれの組織で管理していて年金記録のミスや漏れなどが起こってしまったので、それらを防ぐのも導入の目的です。

マイナンバーのメリット

一通りマイナンバー制度の導入の目的を理解していただいたと思うので、本題であるメリットやデメリットを見ていきましょう。

と言っても、ここでまひとまずメリットだけを紹介しますね。

そもそも、このような新しい制度をメリットなしで導入するわけがないのでメリットはあります。それも行政や国民にとって大きなメリットがあると管理人は感じています。

個人情報の共有がスムーズになる

これまではどうしても役所などでの手続きは時間がかかるものでした。

それは様々な機関でバラバラに情報が管理されていたからなわけですが、これらを一括で管理することで各組織間での個人情報のやり取りがスムーズになり大幅な時間短縮が期待できます。

人的リスクの軽減

どれだけ優秀な人でも、今まで生きてきた中で1度もミスをしたことがない人はいないでしょう。そのような人的リスクはなくなることはないと思いますが、それでも手間と時間がかからなくなれば人的リスクは軽減されます。

また、万一ミスが生じた場合でも一括で情報を管理しているので手続きは少なくなりますからどこでミスが生じたのかの早期発見に繋がり、訂正も簡単になります。

コストカットによりサービスの充実

マイナンバーで情報を一括で管理し、手間や時間が軽減されるということは、それだけ人員やコストを削減できます。そしてその分のリソースを他の部分に回せるので、公的機関のあらゆるサービスが今まで以上に充実する可能性があります。

ただし、マイナンバー制度を導入してすぐには何も実感出来ないと思います。が、長い目で見れば今後いまよりもサービスの充実は期待出来るでしょう。

公正な社会の実現

所得の管理もマイナンバー制度を導入すれば容易になるので、税金を免れることや不正受給などを減らし、公正で公平な社会が実現出来ます。

これは余談で管理人の見解ですが、サラリーマンの方は真面目に税金を収めている場合がほとんどだと思うので、声を大にしてマイナンバー制度に賛成するべきだと感じます。

マイナンバーのデメリット

ここまでマイナンバーのメリットを紹介しました。

が、先ほどお話した通り何十年も前からマイナンバー制度の導入を検討していて重い腰が上がらなかったのも、デメリットが指摘されていたからです。それでも導入することに決めたわけですのでやはりデメリットもあります。

プライバシーが侵害される可能性

国民に個人番号を振り分けあらゆる情報を一括で管理するということは、逆に言えば情報をまとめて取得出来てしまうという側面があります。そしてコスト削減出来ると言っても最終的に管理するのは人です。

なので、担当者が悪質であれば、本来業務に必要のない情報にまで簡単にアクセスされてしまいプライバシーが侵害される可能性があります。

今のところ、税金関係や社会保障関連の管理ですが、将来には銀行口座や病歴、犯罪歴などまで紐付けようという提案もありますので、紐付ける個人情報が増えれば増えるほどプライバシーが侵害される可能性が大きくなります。

個人情報の漏洩

マイナンバーを利用する際には本人確認が必須だったりと万全を期しているわけですが、やはり情報漏えいの可能性はないとは言い切れないでしょう。

個人的には国が国民のお金の流れなどを管理する制度だと思っているので、個人間でマイナンバーの情報を手に入れてもそこまで大きな被害はないと考えていますが、記憶に新しい日本年金機構の情報漏えいのように国の情報漏えいがあるとリスクも大きいのかなーと感じます。

でも5年~10年後には漏えいは起きそうですよね・・。

さいごに

いかがだったでしょうか?

ここまで見てきた通りメリット、デメリット共に大きな制度だと言えるでしょう。ですが、デメリットのない制度は存在しないので、”いかに悪用を防いで正しく運用していくか”が重要になりそうですね。

個人的にはマイナンバー制度に賛成派のひとりです。

管理人は5年後くらいには税収なんかも上がって
お金の流れが良くなるのではないかなーと考えています。

とは言え、もう賛成、反対と議論しても導入が決定しているので意味はないですし、反対派の人でもあーだこーだ言うのではなく、しっかりとマイナンバー制度についての勉強をしていかないといけませんね。

最近、マイナンバー詐欺なんかが続出しているそうなのでくれぐれもお気をつけ下さい。

関連記事
SPONSORED LINK

おすすめ記事

いつもシェアありがとうございます!

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします!!

最新情報をお届けします

Twitterで@learningfield01をフォローしよう!