免許更新期限過ぎたらどうなる?うっかり失効の手続きの方法は?

免許更新期限が過ぎると

車などの運転免許には有効期限があります。

有効期限が近づくと免許更新の案内ハガキが届きますが、忙しくて期限はまだあるし…と後回しにしていて免許更新の期限が過ぎてしまった…なんて方もいるのではないでしょうか?

免許更新の案内ハガキには『更新手続きが出来る期間(この期間の末日を過ぎると、失効し無免許になります)』と記載されていますが、更新期限が過ぎてしまっても更新出来るケースや、失効後6カ月以内であれば講習を受講するだけで運転免許の再取得が可能です。

今回は、免許の更新期限が過ぎたらどうなるのかと共に具体的な手続き方法を紹介します。

SPONSORED LINK

運転免許の更新期間について

運転免許の更新期間は誕生日の一ヶ月前から一ヶ月後の3カ月間となっています。もしその日が土日祝、年末年始に当たる場合は翌日に手続きすれば有効になりますが、1日でも過ぎてしまうと失効となります。

更新切れの免許証で運転している場合は無免許運転となり逮捕されますのでくれぐれも注意しなければなりません。そして、運転免許が失効されてしまうと、再取得には手続きをする必要があります。

免許の更新期限が過ぎても更新できるケース

基本的に免許の更新期限を1日でも過ぎると更新出来ません。

しかし、『やむを得ない理由』がある場合、それを証明するものがあれば更新出来ます。病気や災害、海外滞在、身柄拘束などですね。この場合は、失効日から3年以内であれば適性検査や講習のみで免許を再取得出来ます。

また、ゴールド免許などの免許条件の引き継ぎに関しては失効日から6カ月以内のみ引き継がれますが、それ以降は引き継がれませんのでご注意下さい。

免許失効日から6カ月以内

特に理由もなく免許更新期限が過ぎてしまった場合6カ月以内であれば適性検査や講習を受講するだけで免許の再取得が可能です。特に理由もなく失効したことを一部の地域では『うっかり失効』と呼ばれることもあります。

この『うっかり失効』の場合は免許条件は引き継がれません。

免許失効日から6カ月以上、1年以内

免許失効日から6カ月以上、1年以内の場合の再取得は『仮免許試験』のみ免除されます。運転免許試験場や免許センターで仮免許を発行してもらい、教習所へ通うか、試験場で一発で試験を受けるなどして再取得する必要があります。

教習所へ通う場合は第二段階からの中途入所することが可能です。

免許失効日から1年以上

免許失効日から1年以上経過してしまうと、何も免除されず再取得の際は、仮免許から実技試験、筆記試験など全てを受講する必要があります。

再取得の手続き方法

まずは、免許失効日からどのくらいの期間が過ぎているかチェックしましょう。

『やむを得ない理由』の場合を除き、6カ月以上経過しているのであれば、上でお話したとおり教習所へ通うか、試験場で試験を受ける必要があります。

6カ月以内のうっかり失効の期間であれば、適性検査や講習を受講すれば再取得が出来ますので以下の必要書類を用意して試験場へ行きましょう。

必要書類

  • 失効した運転免許証
  • 申請用写真
  • 本籍地記載の住民票(コピー不可)
  • 外国人登録証明書等(外国人の方)
  • 高齢者講習修了証明書(70歳以上の方)

※やむを得ない理由の場合はパスポートや入院証明書など証明するものが必要です。

再取得の費用について

手数料(費用)については再取得する免許の種別や地域などによって異なりますのでお近くの警察署や運転免許センター等にお問い合わせください。

ちなみに、再取得の場合は再取得する免許の数ごとに手数料がかかってきます。例えば、車の免許と自動二輪免許の場合、普通免許の再取得の費用と自動二輪免許の再取得の費用がかかるので、免許更新の際の手数料より高くなることが多いです。

さいごに

免許更新期限が過ぎると失効日からの経過日によって再取得の際に免除される項目や手続きが変わってくるので、やっぱりどれだけ忙しくても免許更新期限内に更新しておくほうがいいですね。

また、免許更新期限が過ぎた時点で無免許となりますから運転しないようにしてくださいね。

SPONSORED LINK

おすすめ記事

いつもシェアありがとうございます!

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします!!

最新情報をお届けします

Twitterで@learningfield01をフォローしよう!