地震の震度とマグニチュードの違いをわかりやすく説明!

震度とマグニチュードの違い

先日起きた熊本地震や記憶にまだ新しい東日本大震災、他にも阪神淡路大震災など大きめの地震が発生するとテレビでは地震速報が流れます。

その時に

『マグニチュード◯震度△』

と見かけますよね。

この『マグニチュード』と『震度』は別物なわけですが「簡単に説明して下さい」と言われた時に説明できる人はほとんどいないのではないでしょうか。

今回は地震の震度とマグニチュードの違いをわかりやすく説明します。

SPONSORED LINK

マグニチュードとは?

地震学などの教科書などではマグニチュードは震源で起こった地震の規模を表す尺度と説明されていたりします。

そもそも地震というのは簡単に言えば、地下の密着している岩同士が動いて起こります。つまりは、地下から地震が発生する(正確には地球の表面を構成している岩盤)わけで、そこを震源地と言いますよね。

そしてその震源地のエネルギー量をマグニチュードと言います。

この”震源地の”という部分がポイントで、マグニチュードはひとつの地震でひとつの数値しかないということです。

震度とは?

震度とは、地震が発生した時の”地震の揺れの大きさ”を数値化したもので、地震階級とも言って10段階で設定されています。

わかりやすく言えば、

わたしたちが地上で感じる揺れの大きさです。

普通であれば、マグニチュード(地震の規模)が大きくなるに連れてわたしたちが地上で感じる揺れ(震度)も大きくなります。しかし、震源地の真上と離れた場所とでは揺れの大きさが変わってきます。

少し声を例に考えてみましょう。

例えば、隣にいる人に大声で話すと「うるさい」と感じますよね。けど、遠くの人に大声で話しても「うるさい」とは感じません。むしろ、耳元でささやく程度の声よりも大声の方が良く聞こえます。

これは震度と非常によく似ています。

例えば、先日発生し今もなお余震が続き多くの人が避難所生活を余儀なくされている熊本地震。震源地付近である熊本県は大きな被害が出ているわけですが、管理人が住む大阪では揺れすら感じませんでした。

このように震源の深さや距離よって私たちが感じる揺れの大きさが変わってきます。

これを『震度』と言い地域によって震度◯という風に表記します。なので、ひとつの地震に対しマグニチュードはひとつの数値しかないのですが、震度はいくつも数値が出てくるのです。

マグニチュードと震度の違い

ここでまとめるとマグニチュードと震度の違いは

  • マグニチュード:地震の規模
  • 震度:私たちが地上で感じる揺れの大きさ

上記のように簡単に理解していればOKです。

なぜ、マグニチュードと震度で表すのか?

ここまでしっかりと読んでいただいたのであれば、結局のところ、震源地の地震のエネルギー量であるマグニチュードよりも私たちが知りたいのは震度になりますよね?

すると、

『全部、震度で教えてくれたら良いのに…』

なんて思っちゃいますよね。

だって、地震の規模よりも自分が住んでいる地域で感じる揺れの大きさが知りたいわけじゃないですか。

しかし、

『◯◯区は震度5で△△市では震度4で…』

という風に表記するのは難しいわけです。

例えば、新聞に、『◯◯区は震度5で△△市では震度4で…』という風に記載すると、もしかすると新聞一面、全て震度の情報で埋まってしまうかもしれません。しかし、ひとつの地震で1つの数値しかないマグニチュードで表記することで、地震の規模を伝えることができるんですね。

すると、他にも例えば、「避難所でいま足りない物資」や「被災地でのボランティア募集」に関する情報なども掲載することも可能になるかもしれません。

このように全国に効率的に地震の情報を伝えるには「マグニチュード」で表現せざるを得ないんですね。その地域だけに伝えるのであれば、震度◯と伝えるだけでOKなのですが…。

さいごに

いかがだったでしょうか?

地震の震度とマグニチュードの違いについてなんとなく理解していただけたのであれば幸いです。

SPONSORED LINK

おすすめ記事

いつもシェアありがとうございます!

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします!!

最新情報をお届けします

Twitterで@learningfield01をフォローしよう!