【一人暮らしの費用】学生は仕送りなしでいくらあれば生活できる?

一人暮らし 費用 学生

「一体、いくらかかるのだろう…」

4月から大学生になり初めての一人暮らしを考えている方はこのような悩みはありませんか?

大学生ってまだまだ子ども扱いされがちですが、同じ年齢でも社会に出ている人もいるわけでもう、大人。大学まで通わせてもらってるから親からの仕送りはなしで一人暮らしをして成長した姿を親へ見せたいという立派なあなた。

そんなあなたのために学生の一人暮らしはどれくらいの費用がかかるのか紹介します。ぜひ、仕送りなしでどれくらいあれば生活できるのか参考にしてみてくださいね。

SPONSORED LINK

学生の一人暮らしの費用は?

今回は、一人暮らしする際の引越し費用や家具などの費用は抜きにして実際一ヶ月の生活費はどれくらいかかるのかについて考えて生きたいと思います。

ちなみに、これから引越しするという方は以下の記事も読んでみてください。

一人暮らしの家電費用を安く抑える方法!セットはやめて最小限に!

一人暮らしの費用:家賃

これは立地条件などによって大きく変わってくるので一概には言えませんが、地方の大学の近くに家を借りると考えた場合、3万円前後で借りられると思います。

いまは学生専用の賃貸などであれば安く借りられるところもありますし、一人暮らしの大学生の多くは、学校の勉強はもちろんバイトに汗を流しているので意外と寝るだけだったりしますからできるだけ安い賃貸を借りることを個人的にはオススメします。

少し話がずれてしまいましたが、今回はひとまず「家賃を3万円」とします。

一人暮らしの費用:光熱費

生活していくうえで必要になる

  • 電気
  • 水道
  • ガス

などの光熱費。

これに関しても「あなた次第」ということに尽きるわけですが目安としては

  • 電気代:5千円
  • 水道代:5千円(2ヶ月)
  • ガス代:3千円

といったところでしょうか。

しかし、注意しておかなければいけないのが電気代。

夏場と冬場はエアコンなどを使うこともあるのでどうしても高くなってしまいますね。

夏・冬の時期にエアコンは高く見積もって7千円前後かなーという気がします。

ほぼつけっぱなしだったとしても一万円超えはそうないはずですし、今回は仕送りのない大学生向けに書いているのでどうしても週5ペースくらいでバイトしていることだと思いますしあなた次第ではもう少し安く抑えられるかもしれませんね。

ちなみに、上記ではガス代の目安として3千円としていますがこれは少し高めに見積もっていてガスは基本安いので毎日自炊しても3千円を超えることはないかと思います。

一人暮らしの費用:通信費

続いて通信費。

スマホやネット回線等ですね。

大学生だとパソコンは必須でしょうからネット回線は当然切り離せないでしょう。目安としては

  • スマホ:6千円~1万円
  • ネット回線:5千円

といったところ。

今は格安SIMを利用することでスマホ代などももう少し抑えられますが…まあ大学生ならiphoneやギャラクシーですよね。

一人暮らしの費用:食費

意外と出費がかさむのが食費。

特に男なら食べ盛りですし自炊なんてできない…と外食になりがちですが、なるべく自炊をする方がお財布にやさしいことは言うまでもありませんね。

とは言えですよ…。

管理人は一人暮らし10年目になりますが、男の一人暮らしで毎日自炊ってかなり根気がいるということはわかっています。

なので、せめて外食ではなく、ご飯は自分で炊いてスーパーの惣菜を買うことをオススメします。これだけでも外食と比べると食費をかなり抑えられます。

  • スーパーで買い物をする場合:2万~3万円
  • 外食:5万円

くらいが目安ですかね。

正直、食費は個人の努力でぜんぜん変わってきます。

食費を抑えるために飲食店でバイトするのもありですよ!

一人暮らしの費用:雑費

初めての一人暮らしをする前って、あなたみたいにネットである程度の月の費用を調べてみたり計算すると思うのですが忘れてしまいがちな雑費。

雑費というとわかりづらいですが日用品などですね。

ここではプラスお菓子やコーヒー、タバコ、なども含めて計算すると

  • 雑費:2万円

くらいが目安。

たばこを吸わない方なら毎日のコーヒーやジュース代とおかしくらいなのでもう少し抑えられそう。本気で抑えるなら日用品くらいですし、毎月必要というものでもありません。

一人暮らしの費用:娯楽・交際費

この記事を読んでいるあなたは仕送りなしで生活しようとしている立派な方だと思うので毎週飲み会に行くなどはないかとは思いますが娯楽・交際費もある程度必要でしょう。

目安としては

  • 娯楽・交際費:2万~3万円

といったところかな?

本来は生活を切り詰めて余ったお金を娯楽に回してほしいというのが本音ですが、管理人も10代のころはそんなことできなかったので必要費用なのかなーと。

仕送りなしの学生の一人暮らしの費用は?

ここまで紹介した費用を合計してみると…

  • 家賃:3万円
  • 光熱費:1万円(水道代が2ヶ月に一回の計算)
  • 通信費:1.5万円
  • 食費:3万円
  • 雑費:2万円
  • 娯楽・交際費:3万円

合計12.5万円。

人によっては家賃はもう少し高いけど雑費や娯楽費がもう少し抑えられる場合もありますし、あくまで目安としてですが。

また20歳を超えると国民年金などもありますから最低でも仕送りなしの学生の一人暮らしなら15万円はほしいところです。

大学生には15万円って大きな金額だとは思いますがバイトに明け暮れれば無理な金額ではないのかなーと思います。ですが本業の勉強がおろそかになっては意味がないのでまずは学生寮などに入って少し貯金するなり計画的に考えたほうがいいでしょう。

さいごに

いかがだったでしょうか?

仕送りなしの学生の一人暮らしの費用の参考になれば幸いです。大学生にとっては一人暮らしは楽しみ半面、金銭面的は辛いと思います。

しかし、大学生のころから仕送りなしで一人暮らしするという経験はとても立派ですし、親のありがたみだったりたくさんのことを学ぶきっかけになると思うのでがんばってくださいね。

きっと社会に出てもその経験は役に立つことでしょう。

SPONSORED LINK

おすすめ記事

いつもシェアありがとうございます!

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします!!

最新情報をお届けします

Twitterで@learningfield01をフォローしよう!