シェアする

歯磨きを嫌がる子供への対処法!原因はママにある?

子供 歯磨き 嫌がる

乳歯が生え揃ってくる2歳児は魔の2歳児なんて言われることも多く、子供に歯磨きをさせるだけでヘトヘトになってしまうママさんも多いのではないでしょうか。

だからと言って子供の可愛い小さな歯を虫歯にするわけにもいかず、歯磨きを嫌がる子供に、歯磨きが好きになってもらったり、習慣化させる方法はないかなーなんて思いませんか?

歯磨きを嫌がる子供はすごく多いので、子供はみんな歯磨きが嫌いと考える方もいるかもしれませんが、しっかりと自分で毎日歯磨きをする子供がいるのも事実です。もしかすると、子供が歯磨きを嫌がる原因は、ママさんにある可能性も…。

今回は、歯磨きを嫌がる子供への対処法を紹介します。

もし、お子さんが歯磨きを嫌がって苦労しているということであれば、やり方を変えてあげるだけで劇的に変わるなんてこともあるので、参考にしていただければと思います。

SPONSORED LINK

子供が歯磨きを嫌がる原因は?

「何でそんなに嫌がるの?(泣)」

子供に歯磨きを教え始めたママさんの心の声ですよね。笑

子供の歯磨きは、下の前歯が2本生えたら始めますが、最初は大人しく歯磨きさせてくれていたのに、2歳を過ぎてきたころになると、ママに対して何でも反抗してきたりするので、急に歯磨きを嫌がる子供もいたりと、原因は様々なで個人差があります。

歯磨きをスタートしたばかりの子供は「口の中を触られたくない」という本能的なことが主な原因なので、徐々に慣らしていくことで大丈夫になります。

一番やっかいなのが歯が生え揃ってきた子供の場合。悲しいことなのですが、嫌がる原因は実はママにある場合が多いのです。

  • ママの顔が怖い
  • ママの磨き方が痛い

などなど。

そう言えば、最近子供が嫌がりすぎることもあって心を鬼にして力ずくで無理矢理歯磨きさせていた、すんなりやらせてくれないので、ついつい疲れた顔になっていた…など上の悲しい現実を知って、耳が痛くなっちゃうママさんもいるのかもしれません。

ただ、逆に言えば、これらが原因であれば改善出来る可能性も大きいのです。

歯磨きを嫌がる子供への対処法!

では、子供の成長期別に対処法を見ていきましょう。

歯が生え出してこれから歯磨きをスタートする赤ちゃん

ここでは、下の前歯が2本生えた頃から歯が生えそろうまでの赤ちゃんを対象とした対処法を紹介します。

赤ちゃんの歯磨きが始まるのが下の前歯が2本生えた時からと言われていますが、この時期はまず鳴らすことが重要です。また、いきなり歯ブラシを使うのではなく、ガーゼなどで始めるようにしましょう。

「口の中を触れられたくない」と本能的に感じてしまうので、歯磨きを始める少し前くらいから口の中を触れさせてもらえるように、膝の上に赤ちゃんの頭を乗せながら、ほっぺたや口元、顔などを普段から触れてあげるようにしましょう。

簡単な手遊びなんかを取り入れてあげるといいと思います。

普段から赤ちゃんの顔を触れたりしていれば、口の中を少し触っても泣かなくなります。この時期の赤ちゃんは毎日歯磨きが出来なくても落ち込むことはないので、ママさんも気軽にとにかくスキンシップに励みましよう。

口の中を触れて少し嫌な顔になってきたらほっぺたを触ってあげたり、声をかけて笑わせてあげたりとなるべく他の楽しいことで気分を紛らわせながら慣らせていきましょうね。

歯が生え揃ってきた子供

イヤイヤ期になると、どうしてもママに反抗したくなってしまうので、「歯磨きをしなさい!」と言われれば言われるほど「嫌だ」と意地を張ってしまいます。

なので、歯磨きを「しなければいけない決まり事」にするのはやめましょう。「虫歯になるから歯磨きはしなければいけないんだよ」と子供に話すママさんも多いかもしれませんが、この「しなければいけない」がイヤイヤ期の子供にとっては逆効果。

代わりに、虫歯になるとどうなるのかを教えてあげましょう。

歯が生え揃ってきたころの子供であれば、ある程度言葉も理解出来ると思うので、変に脅すわけでもなく、「話す」ということを意識して理解してもらうようにしましょう。絵本などを使って、虫歯になるとどうなるのか、というのを説明するのもいいと思います。

子供の歯磨きをする時のママの注意点

続いて子供の歯磨きをするときのママさんが注意したいことを紹介します。

ママの表情が怖い

この記事を読んでくれているあなたは、歯磨きを嫌がる子供に悩んでいると思いますので、毎日の歯磨きが子供とママのバトルになっているケースが多いでしょう。

そうなると、ついイラっとしちゃってママの表情も強張ってしまいます。そして、実はその表情が怖くて嫌だという子供も多いので、表情が強張っていないか、いつもとは違って優しくするなどを試してみましょう。

ママの歯磨きが痛い

大人と同じ磨き方をすれば、子供は痛いと感じてしまうことが多いのです。まずは、子供用の柔らかめの歯ブラシを使用するようにしましょう。

そして、歯磨きを持つ手はペングリップを基本にします。鉛筆を持つ持ち方ですね。その持ち方でさらに上の方を持つことで力が入りすぎを防げます。また、「痛くない?」と子供にちゃんと聞いてあげましょう。

歯磨きが親子のバトルになっている場合、子供はイヤイヤ仕方なしの場合が多いですが、なるべく「いやだ」と言われないように、ママさんが改善できるところは改善してあげましょう。

子供の歯磨きを習慣化させるために

子供が楽しく歯磨きをしてもらったり、習慣化させるための工夫を紹介します。

なるべく決まった時間に

子供に歯磨きを習慣化してもらうために、歯磨きはなるべく決まった時間にするように心がけましょう。

なるべく決まった時間にすることで習慣化するのですが、ひとつ工夫をするのであれば、多くの場合が子供の歯磨きがすんだら、寝かせるのではないでしょうか。でも、中には歯磨きの後は、もう寝ないといけないから嫌だという子もいます。

そんな場合は、夕食の時間を少し早くして夕食後に歯磨きをするようにしたり、歯磨きの後に一緒に遊んであげる時間を少し作るなどの工夫をしてみましょう。

子供にマイ歯ブラシを!

歯ブラシも子供が好きなキャラクターのものを買ってあげたり、一緒に歯ブラシを買いに行くとかいいのではないでしょうか。

子供は嬉しくてマイ歯ブラシを自慢してくるなんてこともあります。

子供に自慢されたら「いいなー」など羨ましそうにしてあげるといいでしょう。

歯磨き粉を工夫する

個人的にはこれが一番効果的のように感じます。

管理人も子供の頃は歯磨きが嫌いだったのですが、歯磨き粉に味がついているものが多くありますよね?定番のアンパンマンのものとか。そういうのを使うことで、管理人も歯磨きを自分でするようになりました。

大人用のミントなんかは嫌がる子供が多いので。

おすすめは、この「ブリアン」という子供用の歯磨き粉です。味や風味がついている子供用の歯磨き粉はたくさんあるのですが、虫歯予防にならないものも多くあるのですが、このブリアンは虫歯予防成分「BLIS M18」を日本で初めて配合された歯磨き粉で、虫歯予防も出来ます。

多くのメディアに掲載されていますし、レビューを見ても、子供が自発的に歯磨きするようになったとの声も多いですし、少しお高めですが、歯は一生ものですから、子供の歯磨きとのバトルにも開放され、虫歯予防も出来るのであればいいのかなと個人的には思います。

一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

ブリアン公式販売ページ

さいごに

いかがだったでしょうか。

歯磨きを嫌がる子供と毎日バトルを続けるママさんに少しでも参考になれば幸いです!!長くなりましたが最後までありがとうございました。

SPONSORED LINK

いつもシェアありがとうございます!

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします!!

最新情報をお届けします

Twitterで@learningfield01をフォローしよう!

いつもシェアありがとうございます!

シェアする

フォローする