ベッキーが週刊文春第三弾で再流出したLINE内容がヤバイ!文春に感謝?

ベッキー 週刊文春 第三弾

週刊文春のベッキー&ゲス川谷絵音の不倫スクープが世間を賑わせていましたが、SMAPの解散騒動もあって少し落ち着いたようにも見えていましたが、ベッキー&ゲス川谷絵音に進展。

週刊文春が第三弾をスクープし、再び注目を集めていますね。

週刊文春の第三弾ではベッキーとゲスの川谷絵音が不倫騒動を報道してくれた週刊文春に「ありがとう」と感謝するLINEのやりとりが再流出…。

何でも波乱を呼んだベッキーの謝罪会見前のLINEのやりとりだなんだとか…。

SPONSORED LINK

週刊文春第三弾でベッキー&川谷のLINEが再流出!

1月21日の週刊文春でベッキー&ゲス川谷絵音の第三弾がスクープされました。

週刊文春のスクープにより発覚したベッキー&ゲス川谷絵音の不倫騒動ですが、今回で第三弾と週刊文春はどれだけ2人の情報をストックしているのだろうか…。

まず世間を賑わせることになった第一弾に続き、第二弾では今回の騒動の一番の被害者であるゲスの川谷絵音の奥さんのコメント。これも注目を集めましたが、SMAP解散騒動などがあり、少し落ち着いてきた印象があったのでこのまま終わるのかなーなんて管理人は思っていました。

が、まだまだ2人を離さない週刊文春が第三弾を!

そこではベッキーが開いた謝罪会見の前に交わされた二人のLINEが再流出しています。

ベッキーと川谷絵音のLINEの内容がヤバイ

今回再流出したLINEの内容がかなりヤバイ…。

「離婚届の書き方のサイトを紹介していた。」

「逆に堂々とできるキッカケになるかも?」(川谷)

「私もそう思っているよ!」(ベッキー)

「ありがとう文春!」(川谷)

「ありがとう文春!」(ベッキー)

これは波紋を呼んだベッキーの謝罪会見前に交わされたLINEとされています。

つまり、これから謝罪会見を開くのに、内心は週刊文春に取り上げられて嬉しく思っていたと読み取れますね…。

さらにはこんなLINE内容も…

「友達で押し通すつもり。笑」(ベッキー)

「逆に堂々と出来るキッカケになるかも」(川谷)

「オフィシャルになっただけ。」(ベッキー)

「楽しい春と夏になるよ」(ベッキー)

「遠恋だと思って過ごす」(川谷)

流石に呆れて何も言えないのは私だけでしょうか…

他にもベッキーの発言がヤバイ…

「ありがとう文春!」

「センテンススプリング」

「不倫じゃない!」

「略奪愛じゃない!」

センテンススプリングは「センテンス=文、スプリング=春」とされていて週刊文春のことだと思われます。そしてツイッターではトレンド入りするなど、”卒論”に続き新たな言葉が…。

改めてベッキー謝罪会見を見直すと…

週刊文春の第三弾で再流出したベッキー&川谷のLINEは謝罪会見前に交わされたやり取りということで内容を踏まえてベッキーの謝罪会見のコメントを振り返るとまたもや腹が立ちませんか…?

例えば、

お付き合いということはなく
友人関係であることは間違いありません。

しかし私のとった行動はたくさんの方に
ご迷惑をおかけし誤解を招くような
大変軽率­な行為だったと深く反省しております。

そもそもこの謝罪で二人が友人関係なんだと思った人はゼロだともいますが、このコメントをする前に「友達で押し通すつもり。笑」とLINEのやり取りをしていたわけで…

さらに言えば「誤解」と言うのは謝罪会見ではあまり良いとされない言葉ですよね。

誤解は悪く言えば「お前が間違ってる」と言ってるようなもんですし…

そしてこちらの記事でも書きましたが…

川谷絵音の奥さんへの謝罪はなくスポンサーへの謝罪会見だったと炎上したわけですが、そもそも「不倫じゃない」「略奪愛じゃない」と言ってたわけですから本人からすれば何も悪いことはしていないと感じていたのでしょう。

書いててだんだんイライラしてきました…。

普通に川谷絵音さんの奥さんがどれだけ傷ついたかは取り上げるまでもありませんが、他にもスポンサーなど多大な被害を受けているわけで…そんな中あのLINEの内容を踏まえて謝罪会見を振り返ってみると正直もう許せないレベルですよね…

ベッキーの今後はどうなる?

今回の週刊文春の第三弾では違った意見もあるようです。

と言うのも、第三弾で流出したLINEの内容は今月の5日に交わされたものとされていて、謝罪会見を開く前です。さすがに、謝罪会見を開いたということはLINEのやり取りが流出しているとわかっているはずなのでこんなやり取りはしないのではないか…?

つまり、”第三者によるねつ造疑惑”です。

そもそも端末を2台用意出来れば2人のLINEのやり取りに見せることは簡単だそうです。

なのでどこまで鵜呑みにして良いのか、どこまでが真実なのかは不明ですが、今回のLINEの内容が真実なのであれば、いくらベッキーがいい人だからと言っても周囲の芸能人のかばいきれないのではないでしょうか。

週刊文春第三弾が真実なのであればいよいよ本当にベッキーは終わるのではないかと個人的には思います。

さいごに

それにしても気になるのがベッキーに謹慎などの処分はないんですかね?

それどころか、CMが差し替えされたりする中、不倫騒動後初の仕事が決まったと言われています。何でも「スカパー音楽祭2016」の司会だとか…。

なんかオファーした方に悪意を感じますが…。

紅白歌手と不倫騒動の渦中のベッキーが音楽番組の司会って…普通に見たくないと感じるのは私だけではないでしょう。そして、仮にそのようなオファーが来ても断らないんですね…。

なんというかこれまでベッキーは嫌いではなかっただけに本当にショックで仕方がありません。今後モニタリングなども楽しめそうにないな…。

どこまでが真実かわかりませんが、仮にねつ造されたものなら早急に会見を開くなりしてほしいですね。

関連記事
SPONSORED LINK

おすすめ記事

いつもシェアありがとうございます!

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします!!

最新情報をお届けします

Twitterで@learningfield01をフォローしよう!