ホワイトデーのお返しの意味!マシュマロやクッキーは危険?

ホワイトデー お返し 意味

ホワイトデーのお返しって何を渡せばいいかわからないと言って毎年ホワイトデーのお返しで喜ばれるランキング上位に入るマシュマロやクッキーを渡していませんか?

無難に良かれと思って渡したプレゼントで彼女を傷つけている可能性があります…。

女性は知っているけど男性は意外と知らないホワイトデーのお返しの意味。

コレを知らないと、大切な人を傷つけることや逆に変な期待をさせている可能性もあるんです…。

SPONSORED LINK

ホワイトデーのお返しの由来!

3月14日はホワイトデー。

全国のデパートではバレンタインが終わればすぐさまホワイトデーの準備に取り掛かりメディアなどでもホワイトデーのお返しにはコレがオススメ!など取り上げられ、今や日本では一大イベントのひとつと言っても過言ではないでしょう。

とあるデータではホワイトデーにお返しをしない男性は約10%~20%いると言われていますが、バレンタインで勇気を出して女性がチョコを渡しているのわけでそれが義理だったとしてもお返しをするのことは大事だと思います。

が、実はホワイトデーの歴史を辿ると
ホワイトデーにお返しを渡すようになったのってここ最近のことって知ってました?

心理学では「返報性の原理」などと言って「何かしてもらったらお礼をしたくなる」なんてことがありますが、日本人は特にその想いが強い国民性でホワイトデーの前までも実は同じようなことをしていました。

と言っても返報性だとか日本人の国民性とか綺麗なことを言いましたが、実際はお菓子業界がビジネスチャンスだと感じ作られたイベントではあるのですが、ホワイトデーが出来る以前は全国飴菓子工業協同組合が「3月14日はキャンディーを贈る日」を定め全飴協会ホワイトデー委員会なるものが結成されました。

そして1977年に福岡市の石村萬盛堂がマシュマロ販促のために3月14日をマシュマロデーとして打ち出し、そのような変化を遂げながら1980年3月14日に第一回目のホワイトデーが誕生しました。

※諸説あり

そしてこのホワイトデーというイベントというか文化みたいなものは日本発祥のもので、以前書いたバレンタインの由来!日本だけがチョコを渡すって本当?の記事で紹介しましたがバレンタイン発祥のイタリアを始め外国ではホワイトデーなんて知らない人が多いそうです。

ちなみに

日本以外では韓国・中国・台湾の一部の場所では日本と同じようなホワイトデーのイベントが行われているそうですがこのイベントが一番大きいのは間違いなく日本でしょう。

結局のところ日本ではバレンタインもホワイトデーもお菓子業界がビジネスチャンスと見て作り上げたものなわけですが、ここまで浸透している以上、ホワイトデーにお返しを渡すのはもはや義務になりつつありますよね。

そこで、「何を渡すのか?」が重要になります。

ホワイトデーのお返しの意味

先ほどホワイトデーの由来でお話した通り、ホワイトデーが誕生する以前は、お菓子業界が販促のために打ち出したこともあってキャンディーやクッキー、マシュマロなんかを贈る人が多くいました。

その名残か、今でもホワイトデーに喜ばれるランキングの上位にマシュマロ、クッキー、キャンディーはランクインされています。

・・・が、

ホワイトデーのお返しで贈る物によって様々な意味があるとされています。

そしてこの意味にも諸説あるのでイメージとしては花言葉みたいな感覚でうわさや?というレベルのものかもしれませんが、人によっては信じているので大切な人に嫌な思いをさせない為にも男性であれば知っておいて損はないと思います。

マシュマロは”嫌い”という意味?

ホワイトデー お返し マシュマロ

先ほど言ったように諸説あるのですが
良い意味と悪い意味がありました。

良い意味で言えばチョコ入りのマシュマロは「彼女からの愛(チョコ)をあなたが純白な愛(マシュマロ)で包む」という意味があるとか。

このような意味であればかなりロマンチックでホワイトデーのお返しとしては最適にも思えますが一般的には、これから紹介する悪い意味」の方が認知度が高いです。

つまり、ホワイトデーのお返しにマシュマロを渡すと「悪く受け取られる」可能性があるということになります。

その悪い意味とはずばり”嫌い”です。

マシュマロはあなたが嫌いという意味があるという説もあります。

ホワイトデーやバレンタインがお菓子業界が作ったもののように、マシュマロの意味もおそらく誰かが作ったものだと思うのですが、嫌いという意味しかしらない彼女にマシュマロを渡してしまうと嫌な思いをさせてしまう可能性もあるのでマシュマロを避けるのが無難かと思います。

好きと嫌いは紙一重なんだと感じさせられますね・・

クッキーは”友達でいよう”という意味?

ホワイトデー お返し クッキー

ホワイトデーのお返しにクッキーを渡す人も多い。

クッキーには”友達でいよう”という意味があると言われています。

もちろん、これも噂話レベルかもしれませんが、友人がバレンタインで余ったチョコをくれたという場合にはピッタリのお返しなのかもしれませんね。

ただし、彼女へのホワイトデーのお返しでクッキーを渡すのは変な誤解を生む可能性もあるので注意しましょう。

おまけ:キャンディーの意味は?

ホワイトデー お返し キャンディー

この記事ではホワイトデーのお返しでマシュマロとクッキーの意味を紹介して終わるつもりだったのですが、何度かキャンディーなどをホワイトデーのお返しに渡してる人が多いという話もしたのでおまけとしてキャンディーの意味を紹介します。

ホワイトデーのお返しのキャンディー意味は”私もあなたが好きです”という意味があると言われています。

キャンディーは口の中でずっと甘く残っているお菓子ということでずっと一緒にいよう的ない実からこの様になったと言われています。もちろんこれも噂レベルの話ですが・・。

従って、そこまで好意がない女性へのお返しにキャンディーを選ぶと変な期待をさせてしまう可能性もあるので注意してくださいね。

さいごに

いかがだったでしょうか?

基本的にホワイトデーのお返しの意味については誰かが何の根拠もない噂話をながしたものが広まったという感じで本当にそんな意味があるのかは不明ですが大事なのはそれを信じている人もいるということです。

つまり、知らないでなんとなくホワイトデーのお返しを決めていると、知らず知らずのうちに大切な人を傷つけたり変な期待を持たせてしまうことがあります。

そして女性はこのような噂話を好みますし、男性より知っている場合が多いので思っている以上にホワイトデーのお返しには気を使ったほうがいいのかなーという感じが個人的にはしますね。

バレンタイン=チョコ

という風に、「ホワイトデーのお返しならこれ!」と明確なものがある程度浸透してくれていればここまで気を使う必要もないんですけどね~。今後はそのようなことになる可能性もありますしそれまではしっかりと気を使っていきましょう。

それと同時に女性であれば

「ホワイトデーでマシュマロをもらったんだけど嫌いってこと?」と気にするのではなくて殆どの男性が知らず知らず渡している場合が多いのであまり気にしないで欲しいですね。

今回はかなり長くなってしまったので近いうちにホワイトデーのお返しのオススメなどを書いてみますね。(12/11に追記しました。下の関連記事からどうぞ!)

それではこの辺で~!

関連記事
SPONSORED LINK

おすすめ記事

いつもシェアありがとうございます!

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします!!

最新情報をお届けします

Twitterで@learningfield01をフォローしよう!