シェアする

バレンタインの由来!日本だけがチョコをプレゼントするって本当?

バレンタイン

2月14日はバレンタインですね。

女子にとっては勇気を出して異性が喜んでくれるかドキドキしながら好きな男性にチョコレートをプレゼントする1年でも特別な日ではないでしょうか?

普段、気持ちを伝える勇気がなくてもバレンタインの力を借りて勇気が出せたりするのだと思います。また、男にとってもチョコがもらえるかもらえないかドキドキする。今ではバレンタインは男女にとって特別な日と言っても過言ではないでしょう。

そんなバレンタインなのですが…

起源や由来って意外と知らなくないですか?

そもそも、バレンタインにチョコレートをプレゼントするのって日本が始まりって知ってました?

知らなかった!という人は
これから先を読み進めて見て下さいね!

バレンタインの甘くて切ない由来をご紹介します。

SPONSORED LINK

バレンタインの由来

バレンタイン 由来

今の日本のバレンタインは”愛する気持ち”を伝える日といった感じで、一般的には”ロマンチック”を感じたり楽しいさや嬉しさなどを感じる人が多いのだと思います。

もちろん、一定の男子にとっては寂しい日だったりもしますが…。笑

今では世界中でバレンタインが行われているわけですが、バレンタインの起源や由来を知るとかなり切ない日だったりします。

そもそもバレンタインの始まりは、ローマ時代の出来事だと言われています。

時はローマ時代。

イタリアはローマではローマ帝国の皇帝が兵士の結婚を全面的に禁止としていました。理由は家族を残した兵士ならば「生きて帰りたい」という感情を持つのは当然で、その感情が他の兵士の士気を下げると考えられていたからだそう。

そんな中でも、人は恋愛し家族になりたい欲求を押し殺すのは難しくバレないように隠れて恋愛をしていました。

そして、バレンタイン牧師はそんな愛する二人のためにこっそりと結婚式をしてくれていたそうです。

が、、、

それが皇帝にバレてしまい捕まって処刑されてしまいます。

その後、バレンタイン牧師の愛の深い行動に感謝する人が増えバレンタイン牧師が処刑された2月14日をバレンタインの日とされるようになったんですね。

そして、今ではそんな切ない日であるバレンタインが世界中で行われるようになりました。

こうして今では世界中でバレンタインが行われていて日本ではチョコレートをプレゼントするのが主流ですが、実はバレンタインにチョコレートを渡すのは日本が始まりだと言われています。

バレンタインのチョコは日本だけ?

バレンタイン チョコ 日本

バレンタインはイタリアはローマから伝わり、今では世界中で行われるイベント。

日本ではバレンタインチョコレートなので、世界中でも日本と同じように女子が好きな男性に愛する気持ちを伝えるためにチョコレートをプレゼントしてるって思いませんか?

でも実は、このバレンタインのチョコレートは日本が初なんです!

バレンタインとチョコという今では切り離せないものですが、よくよく考えれば、そもそも何でチョコレートなの?って思いません?

だって、愛する気持ちを伝えるなら
チョコレートよりも手紙のほうが伝わりそうじゃないですか!

なんでバレンタインにチョコレートなのかというと、極めて単純で日本のチョコレート業界やお菓子業界はバレンタインデーをビジネスチャンスと見て、「バレンタインにはチョコレートを贈りましょう」宣伝しはじめたからなんです。

もっと言えば、バレンタインデーのお返しをする日でもあるホワイトデーもまた、企業の販売戦略によって作られたものだったりします。

これってもしかすると知らないほうが
バレンタインを楽しめたのかもしれませんね…。笑

でもこういうのって実は僕たちの生活において身近なもので意外といろいろあるもんですよ!

例えば、バレンタインの恋愛繋がりで言えば、結婚がありますが、「結婚指輪は給料の3ヶ月分」というのもよく耳にしますが、指輪業界が作った宣伝文句だったりします。笑

でも逆に言えば、企業の戦略がこれまでメジャーになるのは凄いですよね!

日本と欧米のバレンタインの違い

これは少し余談ですが日本のバレンタインはチョコですが
欧米のバレンタインを見ると少し違うんです。

日本のバレンタインは

  • 愛する気持ちを伝える
  • チョコレートを渡す
  • 女性から男性へ

このような感じですが、欧米の場合

  • 感謝の気持ちを伝える
  • バレンタインカードやお花
  • 恋人やお世話になった人へ

日本では告白的要素の強い愛の表現ですが、欧米では感謝の気持ちを伝えます。また、女性から男性というだけではなく、男性から男性へも感謝の気持ちを伝えたりします。

最後に

バレンタインには人それぞれ様々な思い出があるでしょう。

僕で言うなら、好きな人からもらった年もあれば、職場のパートのおばちゃんからの社交辞令チョコだけの年もあって、もっと寂しければ仕事帰りに外のカップルを見て嫌な気分になってパチンコに行き景品でチョコレートが渡される年も。笑

(最後のは時として数万円ものチョコレートの場合もある。)

ほんと、甘い思い出も苦い思い出もありました。

学生時代ならチョコを貰えない男は自信をなくしたりもするかもしれませんが、考えようによってはバレンタインなんて企業の戦略だし、チョコに意味なんてないって穿った見方で自信を取り戻してくださいね!笑

関連記事
SPONSORED LINK

いつもシェアありがとうございます!

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします!!

最新情報をお届けします

Twitterで@learningfield01をフォローしよう!

いつもシェアありがとうございます!

シェアする

フォローする