鶴見緑地プール!2016年お盆の混雑状況と駐車場について!

鶴見緑地プール お盆 混雑

大阪では3つくらいしかない屋内プールの中で一番リーズナブルな鶴見緑地プール。2016年のお盆は帰省しないので子供を連れて行ってあげようとお考えの方も多いのではないでしょうか?

鶴見緑地プールは屋内プールのため、雨などの影響もなく今から予定を立てるにはもってこいのプールなのですが、やはり気になるのは混雑状況ですよね…。

鶴見緑地プールの例年のお盆の混雑状況から2016年のお盆の混雑状況を予想していきます。また、駐車場の情報なども合わせて紹介しますね!!

SPONSORED LINK

鶴見緑地プールはお盆は混雑する?

夏休みの子供にとって、
プールはとても楽しいイベントのひとつ。

親御さんとしても、子供の長い夏休みに一回くらいはどこかへ連れて行ってあげないと…という時にはリーズナブルで喜んでもらえて子供と一緒に楽しめる人気のおでかけスポットですよね。

中には、子供に宿題をやらせるための口実として、宿題を終わらせたらプールに連れて行ってあげると言うママさんも少なくないことでしょう。笑

そんな中、大阪で人気のプールの1つといえば「鶴見緑地プール」。

この鶴見緑地プールの特徴は「一年中楽しめるレジャープール」ということ。なので、わざわざお盆のような多くの人がお休みの時期は、意外と行く人が少ないのでは?なんて考えている方も多いと思うのですが…

鶴見緑地プールは例年、お盆はかなり混雑します!!

間違いなく、2016年のお盆も混雑することが予想されます。

管理人は生まれも育ちも大阪で、小学生の頃は、鶴見緑地プールによく遊びに行ってたので、昨年のお盆に、友人の子供が夏休みということでプールに連れて行ってあげようということになりスパワールドはかなり混雑してるから、鶴見緑地プールなら空いてるだろうと安易に考え、結局プールへ入ること無く、帰宅したという苦い思い出があります…。

9時オープンなので、10分くらい前に到着したのですが、目の前には長蛇の列が…。恐らく最低でも1時間待ちは必至。さらには、屋根も何もない場所で待たないと行けない。大人の私たちはもちろんですが、子供の年齢によっては入る前に疲れてしまうなんてことも…。

結果、管理人たちは、鶴見緑地プールを諦めることにしました。

鶴見緑地プールって行ったことがある方ならわかると思いますが、25mプールがあるわけでもなく、比較的狭い施設なので、入れたとしても人気のスライダーなどはさらに待ち時間があることが予想されます。

お盆に行くのは極力避けたほうが良いというのが個人的な見解ですね…。

どうしてもお盆しか行けないのであれば、オープン前から並ぶ&スライダーなどは待ち時間があることを覚悟しておいたほうがいいでしょう。予め、子供に人がいっぱいだから、待たないといけないけど、それでも良い?と聞いておくべきだと思います。

駐車場について

鶴見緑地プール 駐車場

鶴見緑地プールの狭さとは裏腹に、駐車場は計2133台とかなり大きめの駐車場が用意されています。駐車料金も最大料金1000円なので比較的リーズナブル。

鶴見緑地プールの駐車場は

  • 中央第1駐車場(普通車900台・大型車16台)
  • 中央第2駐車場(普通車200台・大型車8台)
  • 南第1駐車場(普通車529台・大型車24台)
  • 南第2駐車場(普通車136台)
  • 北西駐車場(300台)
  • 西駐車場(69台)

となっています。

中央第1や南第1駐車場など、普通車の台数が多い場所であれば、朝から鶴見緑地プールに行くのであればお盆であっても問題なく止められるかと思われます。

管理人は昨年、中央第1駐車場に8:50頃についても止められました。

また、近隣にもタイムズなどの駐車場がちらほらあるので、お車で行くことは特に問題はないでしょう。

さいごに

いかがだったでしょうか?

やはり、お盆のプールは混雑が予想されます。

ただでさえ夏休みということで子供連れで行かれる方が多いので、お盆を避けられるのであれば平日や雨の日なんかが狙い目だと思いますよ!!

鶴見緑地プールのお盆は混雑することが予想されるので、個人的には避けたほうが良いと思いますが、鶴見緑地プール自体は少し狭いですが、ロッカーも無料ですし、レジャーシートを引く場所もあって、弁当などを持ち込んでゆっくり楽しめる場所となっております。

スライダーや波のあるプール、流れるプールなどがあるので子供も十分に楽しめますし、親御さんも少し疲れてもレジャーシートさえ用意していけば、ゆっくり子供を見ていられるので、やはりネックになるのは混雑だけですね。

リーズナブルな価格ですし、仕方がないのですが…。

その辺を考慮した上でお盆に行くかどうかを判断していただければと思います!!それでは子供と素敵な夏の思い出を作って下さいね!!

SPONSORED LINK

おすすめ記事

いつもシェアありがとうございます!

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします!!

最新情報をお届けします

Twitterで@learningfield01をフォローしよう!