【天神祭り2016】日程と花火の穴場スポット3選!

天神祭り 2016 花火 穴場

日本三大祭の1つである『天神祭り』。

2016年も天神祭りの季節が近づいてきました。

今回は、天神祭りの日程や時間などの概要と、大阪在住の管理人が天神祭りの目玉である花火を快適に楽しむ穴場スポット3つを紹介します!

SPONSORED LINK

天神祭り2016:概要

『天神祭り』は東京「神田祭」京都「祇園祭」と並ぶ、日本の三大祭の1つで、「生玉夏祭」「住吉祭」と共に大阪三大夏祭りの1つ

特に天神祭本宮の花火大会は圧巻。

来場者数は毎年、100万人超えという大阪の夏の風物詩。

ここでは2016年の天神祭奉納花火の概要を紹介します。

天神祭奉納花火2016:日程・時間

  • 宵宮:2016年7月24日(水)
  • 本宮:2016年7月25日(木)

天神祭の日程は上記の通り。

毎年、7月24日に天神祭宵宮、25日に天神祭本宮が開催されます。

天神祭の目玉である天神祭奉納花火(花火大会)は25日となります。

※荒天の場合は中止。順延なし。

打ち上げ時間については

  • 2016年7月25日19時頃~21時頃

となります。

打上数

約5,000発(予定)

場所

桜宮公園会場、川崎会場

アクセス

  • 桜宮公園会場:JR環状線桜ノ宮駅より徒歩10分
  • 川崎会場:JR東西線大阪城北詰駅より徒歩10分

予想来場者数

約125万人

有料席

なし(予定)

※船渡御の観覧会場はありますが花火は見れません

天神祭り花火の見どころ

ここでは天神祭りの花火の見どころを紹介できればと思います。

まず、天神花火のはじめの見どころはオープニングを飾るオリジナル花火「紅梅」。梅の名所である大阪天満宮ちなんだ梅鉢形の大阪天神祭りの花火大会でしか見られない花火です。

また、川崎公園(造幣局側)で打ち上げられる協賛した企業などの名前の入った「文字仕掛け花火」なんかも見どころのひとつ。

こちらは牛乳石鹸でお馴染みの共進社の文字仕掛け花火。

こういった花火は面白いなーと思いますし見どころのひとつだと思います。

そして最大の見どころはやはりクライマックス。

どうぞ、花火に照らされる船渡御を見て天神祭を締めくくって下さい。

大阪天神祭は個人で花火が打ち上げられる!

こちらは見どころとは少し違いますが、天神祭りの花火をより楽しむ方法の1つ。

そう…!

見出しにある通り天神祭りの花火は個人でも打ち上げられるんです!

一発5,000円の協賛で大阪天満宮の境内に名前があげられ、記念品として花火玉のレプリカがプレゼントされるんです。

詳細は以下を御覧ください。

申込:大阪天満宮社務所(TEL.06-6353-0025)まで

大阪天満宮:http://www.tenjinsan.com/

間違いなく最高の夏の思い出となることでしょう!

天神祭り花火の穴場スポット3選!

天神祭りは毎年、24日、25日の2日間と決まっていて、2016年は水曜、木曜の平日の2日間となります。しかし、平日とあなどることなかれ!

正直言って平日だろうが、かなり混雑します。

1つエピソードをお話しますと、管理人が前に働いていた会社はそこそこ大きい会社でして、結構離れたところからでも車で通われている方が多かったのですが、天神祭りの際は、天神祭りの近辺のひとたちは、昼間で仕事が終わっていました。

そう…交通規制等で帰れなくなるんです。笑

それほど、天神祭りは大阪の夏のビッグイベント。

天神花火の穴場スポットをしっておいて損はありません!

穴場スポット1:川崎橋

この川崎橋は自転車や歩行者専用の橋で、少し距離が離れているのですがゆったりと天神花火を楽しみたいという方にはオススメの穴場スポットです。

最寄り駅はJR東西線大阪城北詰駅になります。

ただ、近年はネットが普及して穴場スポットを予め調べる方が増えているので、若干穴場スポットではなくなりつつあるのですが、それでもゆったりと花火を楽しめるかなと思います。

穴場スポット2:源八橋

源八橋もこれまたそこそこ混雑はしますが、会場近くで花火を楽しむポイントとしては穴場のスポットだと思います。

大阪市都島区中野町4丁目付近でJR大阪環状線「桜ノ宮駅」すぐです。

穴場スポット3:都島橋

穴場スポット3つめは「都島橋」です。

こちらは上の2つに比べ、少し離れているので上記よりも混雑はしないと思います。(それでも人は当然いますが…)

そして、都島橋が穴場スポットである所以は、混雑を回避するだけではなく、ライトアップされた大阪城と共に天神祭奉納花火を楽しめるということ。ちなみに、管理人は2015年の天神祭りの花火はここで楽しみました。

大阪市都島区都島本通1丁目付近で最寄駅はJR大阪環状線「桜ノ宮駅」です。

ただ、都島橋以上に北となると花火が見づらくなるので、天神花火を楽しむ最北の穴場スポットという気がします。

さいごに

いかがだったでしょうか?

2016年の天神祭りの概要と花火の見どころ、穴場スポット3つでした。

管理人にとって天神祭りは地元大阪の夏の大イベント。

昨年はお金がなかなか集まらず、「どうなるんだろ…」と少し心配した天神祭りでしたが、インターネットでお金を集め、なんと平年の4,000発を上回る5,000発の花火が打ち上がりました。

本当に嬉しい限りですね。

一度、あなたも足を運んでみてほしいと思います。

【花火大会に関する記事】

⇒関西の花火大会2016!日程や穴場スポットまとめ!

【琵琶湖花火大会2016】日程や穴場スポット&宿泊ホテルも紹介!

【なにわ淀川花火大会2016】日程と穴場スポット3選!見どころも紹介!

【PL花火大会2016】日程や見どころ!穴場スポット3つも紹介!

【みなとこうべ海上花火大会2016】日程と穴場スポット3選!ホテル情報も!

SPONSORED LINK

おすすめ記事

いつもシェアありがとうございます!

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします!!

最新情報をお届けします

Twitterで@learningfield01をフォローしよう!