シェアする

【2016】暑中見舞いの時期はいつからいつまでに出すべき?

暑中見舞い 時期

2016年も早いもんで夏が近づいてきたということで、今回は「暑中見舞い」に関する記事を書いていこうと思います。

暑中見舞いはがきを送る時期って諸説あって明確に日にちが定められていないので毎年「いつ送ればいいんだろう…?」と迷われている方も多いことでしょう。

今回は、私の経験などを交えて解説するので参考になればと思います。

SPONSORED LINK

暑中見舞いとは?

暑中見舞いを送る時期というのは、目安となる期間がいくつかあって悩んでしまう方も多いのですが実は「暑中見舞いとは?」という根本的なところを知っておけば、はがきを送る時期を紐解くことが出来ます。

なのでまずは、暑中見舞いの意味を知っておきましょう。

暑中見舞いとは、一年で最も暑い時期に相手の家へ訪問したりはがきや贈り物で健康を気遣うという慣習です。

最近では知人というよりも職場の上司など社交辞令の面が強い感は否めませんが、この「一年で最も暑い時期」というのを覚えておきましょう。

一般的に暑中見舞いを送るとされている時期

一般的に暑中見舞いはいつ送るとされているのかというといくつかの説があります。

  1. 夏の土用(立秋の前の18日間)
  2. 小暑~立秋の前日

一般的に上記の2つの時期に送るとされています。

この他に「梅雨明け~立秋の前日」が条件として入ってくる場合もあるのですが、梅雨が長引いて「立秋」を過ぎると「梅雨明けなし」となるので、上記の2つを知っておけば問題ありません。

さて、ここで注目すべき点はどの説も「立秋の前日」には暑中見舞いを送りましょうということです。立秋は年によって1日前後違ってきますが、2016年の立秋は8月7日です。

と言うことで2016年の暑中見舞いは、遅くとも8月6日までには送るようにしましょう。ついうっかりしていて立秋を過ぎてしまうと、暑中見舞いではなく「残暑見舞い」となるので、残暑見舞いはがきを送るように注意してくださいね。

ちなみに

残暑見舞いは、暑中見舞いと違って、明確に日付が定められていて、立秋以降(8月8日)~8月31日です。

「1」夏の土用

土用の丑の日なんかで耳にする「土用」は、季節の変わり目という意味合いがあって春夏秋冬それぞれに1回あります。

  • 春土用:「立夏」の前の18日間
  • 夏土用:「立秋」の前の18日間
  • 秋土用:「立冬」の前の18日間
  • 冬土用:「立春」の前の18日間

上記のようになっているわけですが、上でも少しお話した通り、その年によって異なるのですが、2016年の「夏土用」は7月19日~8月6日となります。

「2」小暑

小暑もその年によって違いますが、ほぼ毎年7月7日です。日本では1987年の小暑が7月8日でしたがそれ以降、ずっと7月7日です。

もちろん、2016年の小暑も7月7日。

上の「2」の小暑~立秋の前日は2016年の場合7月7日~8月6日となります。

2016年の暑中見舞いは結局いつ送ればいいの?

ここまででわかるとおり、暑中見舞いを送る時期は”いつから”が違うだけで8月6日(2016年の場合)までには送ることになります。

で、いつからは夏の土用か小暑ということで「7月7日~8月6日」までに暑中見舞いを送れば何も問題ありません。

しかし、正直なところ、暑中見舞いの時期をここまで詳しく理解している人って少ないので、7月8、9、10日などに暑中見舞いが届いた場合、受け取った側は「ちょっと早くない?まだ何も準備していないのに…」と焦らせてしまう可能性もあります。

そこで思い出して欲しいのが「暑中見舞いとは?」でお話しした「一年で最も暑い時期」という部分です。

これは相手が住んでいる地域の一番暑い時期であろう日に送るといいでしょう。個人的には7月末くらいを目安にすると良いかと思いますよ!

さいごに

いかがだったでしょうか?

最近では暑中見舞いは送らないという方も増えているかもしれませんが、旦那さんに「暑中見舞いよろしくね」と急に頼まれたりした際にしっかりと対応出来るようにしておきましょう。

SPONSORED LINK

いつもシェアありがとうございます!

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします!!

最新情報をお届けします

Twitterで@learningfield01をフォローしよう!

いつもシェアありがとうございます!

シェアする

フォローする