シェアする

ストロベリームーン!2016年6月20日は見ると結ばれる赤い満月を見逃すな!

ストロベリームーン 2016

ストロベリームーンという

”好きな人と見ると結ばれる”と言われる

赤い満月をご存知でしょうか?

そして、2016年6月20日はまさに

ストロベリームーンが拝める日だと言われている。

今回はストロベリームーンの意味や由来を

画像とともに紹介したいと思います!

SPONSORED LINK

ストロベリームーンとは?

まずは、以下のライブドアニュースさんの

ツイートを御覧ください!

画像を見ればわかるとおり、

赤い満月であることがわかると思います。

これが、通称ストロベリームーンである。

なぜ、赤くなるのか?

大気中の湿度の影響など、様々な現象が

重なっているとされていますが、

一番の要因は満月の高さだと言われています。

どんな季節であっても、地球を真ん中に

月が太陽の反対側にいる時に満月になります。

わかりやすく簡単に言うと、

満月と太陽の高さは逆になるということです。

そして6月の満月というのは

最も高さが低く朝日や夕日が赤く見えるのと

同じように満月の高さも低いと赤く見えるそうです。

ストロベリームーンの由来

日本では『ストロベリームーン』と呼ばれる赤い満月。

実は海外では『ローズムーン』と呼ばれるなど

地域によって名称が異なっています。

ネイティブ・アメリカンたちは1年で12回

拝める満月にそれぞれの季節に応じた

名称をつけていたと言われています。

それらが、イギリスなど

ヨーロッパなどにも伝わり広がっていきました。

6月の満月は赤い満月ということもあり、

イチゴの季節であることからストロベリームーンと

名づけられたと言われています。

日本ではイチゴって春のイメージが強いですが

本来イチゴの旬は初夏で俳句でも季語は夏になってます。

ストロベリームーンは恋愛成就の意味もある?

ストロベリームーンは

”好きな人と一緒に見ると結ばれる”

とされています。

イメージ的には

流れ星にお願いごとをするのに近いでしょう。

ただ、一瞬で流れてしまう流れ星とは違い

ストロベリームーンは満月であるためすぐには終わらない。

この日だけ特別の赤い満月は

あなたと素敵なパートナーを

ロマンチックな気分にさせてくれるだろう。

2016年は6月20日

2016年6月20日はストロベリームーンが拝める日。

後はお住まいの地域の天気次第。

2016年6/20の全国の天気予報を見る限り

北海道や中国、四国、九州地方は天気が悪そうですね…。

さいごに

仕事帰りに、ふと夜空を見上げると

そこには赤い満月がありました。

ストロベリームーンは恋人同士が結ばれると

説明しましたが、上のようなシーンを

イメージしてもらえばわかるとおり

恋人同士でなくても幸せな気分にしてくれます。

ストロベリームーンは若干の日にちの違いは

あるものの、毎年拝めますが、そうは言っても

1年に1度の特別な日。

ぜひ、ストロベリームーンを見て

幸せな気分になってくださいね!!

SPONSORED LINK

いつもシェアありがとうございます!

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします!!

最新情報をお届けします

Twitterで@learningfield01をフォローしよう!

いつもシェアありがとうございます!

シェアする

フォローする