【PL花火2016】日程や見どころ!穴場スポット3つも紹介!

PL花火 2016 穴場

大阪府の夏の風物詩であるPL花火大会。

2016年もPL花火の季節が近づいてきましたね!

大阪在住の管理人は毎年PL花火に行くので今回は、2016年のPL花火の日程などの概要と花火の見どころや穴場スポットを紹介しようと思います。

SPONSORED LINK

PL花火2016の概要

「PL花火大会」の通称でお馴染みですが正式名称は「教祖祭PL花火芸術」。関西の人に「日本一の花火大会は?」と聞くと「PL花火」と返ってくる事が多いほど大きな花火大会で、日本でも有数の巨大花火大会の1つとされています。

以前は、10万~12万発という打上数で日本一だったPL花火大会ですが、最近は打上数の数え方を他の花火大会と合わせたので約2.5万発という打上数となっています。(量や質、予算はさほど変わっていない。)

関西人にとっては大イベントということもあってPL花火の時には大阪を離れていても帰省してくるひともいるほど、愛されている花火大会。

そんなPL花火の2016年の概要をまとめていきます。

日程・時間

  • 日程:2016年8月1日(月)
  • 打ち上げ時間:19:50~20:50(予定)

PL花火大会は毎年8月1日になります。

※基本的に雨天決行ですが

雨量がひどい場合は中止になることもあります。

打上数

約25,000発(予定)

場所

光丘カントリークラブ(PL大本庁内)

住所:大阪府富田林市新堂2258-1

アクセス

  • 最寄り駅:近鉄長野線「富田林駅」

車では「国道170号」「国道309号」からアクセス可能なのですが、当日は国道170号の一部が通行止めになるだけでなく、周辺でも通行止めになりますので、個人的には電車をオススメします。

また、最寄り駅の「富田林駅」の他に

  • 南海高野線:「金剛駅」「大阪狭山市駅」
  • 近鉄長野線:「富田林西口駅」

上記からでもアクセス可能です。

また、PL花火当日は、

  • 近鉄南大阪線
  • 長野線
  • 南海高野線

上記で臨時列車が運行されます。

基本的に、近隣のバスなどは夕方以降運休になっているので、最寄り駅からは歩いて行くことになります。

予想来場者数

約25万人

有料席

2014年まで有料席が設けられていたのですが、2015年は有料席が設けられませんでした。2016年は今のところわからなかったので分かり次第追記しますね。

近隣会場で有料席が設けられるような気はしますが。

PL花火大会の見どころ

さて、ここからはPL花火の見どころを紹介出来ればと。

関西人の多くが「日本一の花火大会」と豪語する所以は、何と言っても「迫力」でしょう。上の打ち上げ時間を見てもらえれば分かる通り、約1時間で2.5万発の花火が打ち上がります。

この大迫力はPL花火以外では味わえないことでしょう。

特にクライマックスでは「大型スターマイン」と言われおよそ8,000発(旧公称10万発 – 12万発当たり)の花火は圧巻の一言。大げさでもなくあたり一面が昼間のように明るくなります。

また、

毎年、演出のテーマや構成が変わっているのも見どころのひとつ。

数年前までは全長1kmに及ぶナイアガラが最大の見どころだったのですが、今では中止されているので古いネット上の記事などで「ナイアガラ」が見どころと書かれていても拝むことができないので注意してくださいね。

PL花火穴場スポット5選

他の花火大会では2~3時間かけて打ち上げる数の花火がPL花火大会では約1時間で打ち上がるので、予めPL花火を楽しむ場所を決めておかないと、あっという間に終わってしまいます。

PL花火は開催場所である富田林市だけでなく近隣の市からでも十分見ることが出来ます。管理人は大阪は東大阪市という結構離れた場所が地元なのですがそこでも高層マンションや高層ビルからだと見れます。

そういった部分も含め、地元の人でしかあまりしらないであろうオススメの穴場スポットを紹介していきますね。

穴場スポット1:狭山池公園付近

狭山池公園付近は少し離れていますが混雑を避けて花火が楽しめます。中でも狭山池の外周は歩行者用回路があるので見やすい場所を確保するといいでしょう。

穴場スポット2:大宝

こちらも距離が離れているのですが、個人的には超穴場スポットだと思っています。本当に知る人ぞ知るというか地元民しか知らないような穴場スポットです。ゆっくりと花火を楽しみたい方にオススメ!

この辺は山の斜面の住宅街になっているので、前を遮るものもなく花火全体が楽しめます。

穴場スポット3:さくら坂

さくら坂も穴場スポットなのですが、車でしか行けないので注意して下さい。バスなども運休になるので車かレンタカーなどを借りる必要があります。しかし、そこまでする価値あり穴場スポットだと個人的には思いますよ!

金剛山山頂について

この記事を読んでいただいているあなたは「PL花火 穴場」などと検索して来られたのだと思います。なので、おそらく当サイト以外にも同じように穴場スポットを紹介しているサイトをご覧になられたのではないでしょうか?

ネット上などでPL花火の穴場スポットを調べるとかなりの確率で「金剛山山頂」が紹介されているかと思います。確かに、金剛山山頂であればPL花火を山頂から見下ろせるのですが…。

大阪在住の管理人はオススメできません。

理由は2つあります。

1つめは既に認知されていて「穴場スポットではない」。ハッキリ言ってかなりの人がいますよ…。

そして2つめなのですが、よく金剛山山頂を紹介している人はバスなどでのアクセス方法を紹介されていますが、まず、当日夕方以降はバスが運休しますしロープウェイも終了しています。

また、ゲートが閉まっていて一般車は通行できません。

そして街灯もない真っ暗な1000mの山にはイノシシや蛇などもいたりします。

正直、あまりオススメできないうのが本音ですね。

行くのであれば止めはしませんが怪我にはお気をつけ下さい。

さいごに

いかがだったでしょうか?

PL花火は結構離れた場所からでも楽しめるのであまり近くということを意識しなくてもいいのかなという気がします。何より行くのはいいけど帰りは本当に大変ですから…。

また、2016年のPL花火は平日なので帰宅ラッシュとも重なるので車ならかなりの渋滞が予想されます。電車の場合は切符を購入するだけでもかなりの時間がかかるので行く前に帰りの切符を買っておくことを強くオススメします。

ちなみに、バイクでも警察官の方が交通規制等をしているので渋滞に巻き込まれます。(経験者は語るw)

なので、近隣の市などの少し離れた場所の方がいいかもしれませんね。

今年の夏は計画的に?花火大会を楽しんでくださいませ!

【花火大会に関する記事】

⇒関西の花火大会2016!日程や穴場スポットまとめ!

【琵琶湖花火大会2016】日程や穴場スポット&宿泊ホテルも紹介!

【なにわ淀川花火大会2016】日程と穴場スポット3選!見どころも紹介!

【天神祭り2016】日程と花火の穴場スポット3選!

【みなとこうべ海上花火大会2016】日程と穴場スポット3選!ホテル情報も!

SPONSORED LINK

おすすめ記事

いつもシェアありがとうございます!

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします!!

最新情報をお届けします

Twitterで@learningfield01をフォローしよう!