恵方巻き2016の方角は?いつ・誰が・どうやって決めてるの?

恵方巻き2016 方角

2月3日と言えば、節分。
節分と言えば、豆まきに恵方巻き。

毎年の行事とは言え、毎年恵方巻きの方角(恵方)がわからない…なんて人も多いのではないでしょうか?

実は恵方巻きの方角って簡単にわかります。

2016年の恵方は南南東。

いつも恵方巻きの方角がわからないと迷ってしまうのであれば、この機会に恵方は「いつ、誰が、どうやって」決めているのか学んでみませんか?

SPONSORED LINK

そもそも恵方とはなんぞや!?

恵方巻きは恵方の方角を向いて食べます。

2016年の恵方は南南東になるわけですが、毎年方角が変わるということで、ますます「恵方ってなんぞや!?」と感じてしまいますよね。

恵方とはその年の歳徳神様のいる方角です。

豆知識

歳徳神(とくとくじん、とんどさん)は陰陽道でその年の福徳(幸福・金運など)を司る神様で「年徳・歳神・正月さま」などと言われることもあります。

最近では、恵方に注目するのは節分の恵方巻きの時くらいになっていますが、「正月さま」と呼ばれていることからわかる通り、初詣は恵方の方角にある神社に参ったりしていて、いまよりも僕たちの生活において近い距離感だったそうです。

その年の福徳を司る神様ということで、是非とも親密になりたいわけですが、ここ数年どうやら僕は見放されているようです。笑

少し話が脱線しましたが、恵方とはその年の歳徳神様のいる方角を指しているということで、毎年恵方巻きの方角がニュース等で報道されたりすることからわかる通り、毎年、いらっしゃる場所をお変えになります。

方角は「いつ・誰が・どうやって」決めるのか?

さて、いよいよ本題です。

恵方の方角は「いつ・誰が・どうやって」決めるの?

毎年、「今年の恵方の方角は~」なんてニュースを耳にするので1度は考えたことがありますよね~。

結論から言いますと、毎年誰かが勝手に方角を決めているのではなく、あるルールに沿って順番に巡っているだけなんです。そのルールが「十干(じっかん)」です。

この十干とは古代中国から日本に伝わって、十二支と合わせて干支として暦の表示などに用いられますが、読んで字のごとく、10種類からなり、その10種類には決められた方角と数字があります。

何言ってんだこいつ!って感じですかね?

実は僕も書いていて何だかよくわからなくなってきているので、詳しくはWikipediaにバトンタッチしますね。笑

十干-Wikipedia

少し難しく感じますが、冒頭でお話した通り
恵方巻きの方角は簡単にわかります!

…と言うのも、決まっているんです!笑

下の早見表を見て欲しいのですが

早見表
  • 東北東:西暦の末尾が4・9
  • 西南西:西暦の末尾が0・5
  • 南南東:西暦の末尾が1・3・6・8
  • 北北西:西暦の末尾が2・7

実際は、

  • 東北東なら「の方」
  • 西南西なら「の方」
  • 南南東なら「の方」
  • 北北西なら「の方」

と言われ、赤文字の部分が先ほどの十干ですね。

つまり、西暦の末尾を上記の早見表に当てはめれば

  • 2016年:南南東
  • 2017年:北北西
  • 2018年:南南東

と言った具合になります。

方位は4方位しかなく、南南東が多くなります。

最後に

いかがだったでしょうか?

本来はもっと細かな事がいくつかあるとは思いますが、恵方の方角が知りたい時は節分で恵方巻きを食べる時くらいだと思いますので今回説明した内容で十分に事足りるかと思います。

恵方巻きは福を取り組む意味がありますから2016年の節分には南南東の方角を向いて家族で恵方巻きを食べてみてはいかが?

関連記事
SPONSORED LINK

おすすめ記事

いつもシェアありがとうございます!

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします!!

最新情報をお届けします

Twitterで@learningfield01をフォローしよう!