シェアする

恵方巻きの由来!大阪のセブンイレブンが発祥?

恵方巻き 由来

2月3日の節分には恵方巻き!

近年ではコンビニなどでも恵方巻きの販売に力を入れるなど縁起を担ぐために恵方巻きを食べるのがかなりメジャーになってきました。

そんな恵方巻きの由来・ルーツはご存じですか?

恵方巻きの風習は、いつどのように始まったのか?
言ってしまえば、単なる巻き寿司をなぜ恵方巻きと呼ぶようになったのか?

そのような疑問にお答えします!

SPONSORED LINK

恵方巻きの由来

まずは、いつから恵方巻きの風習が出来たのか由来・ルーツを見ていきましょう。

恵方巻きの由来には諸説あるのですが、江戸時代から明治時代にかけて大阪の花街で商売繁盛を祝ったりしたのに始まったと言われています。花街では商人や芸子たちが商売繁盛を祈り食べていたというのが主流とされています。

ただ、当時は恵方巻きという名前ではなく

  • 丸かぶり寿司
  • 太巻き寿司

と呼ばれていました。

今では恵方巻きの具材は七福神にあやかって7種類にすると良いとされていますが、節分はちょうどお新香が漬かる時期でお新香を海苔でまいた巻き寿司を恵方の方角へ向いて食べるのが当時の風習だったそう。

関連記事

恵方巻きの食べ方の3つのルールや具材は7種類って知ってた?

ただ…

このような風習は主に花街で行われていたので庶民にとってはまだまだ浸透しておらず、一度は廃れてしまうのですが、現存する最古の資料である昭和7年(1932年)の「大阪鮓商組合後援会」のチラシには

節分の日に丸かぶり

これは節分の日に限るもので、その年の恵方を向いて無言で一本の巻き寿司を丸かぶりすれば其年は幸運に恵まれるということであります。

一家揃って試食を願い本年の幸運を取り逃がさぬようお勧め申します。

と書かれており、近年、コンビニを初めとする恵方巻きの販売に力を入れている場所の謳い文句に最後の文面は通ずるものがあってこのくらいから少しずつ庶民にとっても浸透しはじめるのですが、まだ恵方巻きを食べるの風習は今のようにポピュラーなものではありませんでした。

そんな中、昭和24年(1949年)に大阪鮓商協同組合の理事会は本格的に広めようと力をいれるようになり、「土用の丑の日」のうなぎ販売に対抗する名目で販売促進手段として巻き寿司を食べる風習を広めます。

節分の2月と言うのはどんな商売においても1年で一番客足の少ない時期ですからお寿司屋さんもどうにか集客できなきかと考えた末の集客手段だったのかもしれませんね。

この頃から

恵方を向いて巻き寿司を食べて福を取り入れよう!

と少しずつ宣伝活動がされるようになりました。

恵方巻き発祥の地は大阪?

このようにして少しずつ恵方巻きの風習が浸透しはじめたわけですが、まだまだ全国的に認知されるまでではなかったんですね。

そこで、大阪府は道頓堀で昭和52年(1977年)に「巻き寿司の丸かぶり早食い競争」が「海苔巻き」のイベントの1つとして開催されました。

このイベントがマスコミなどで大々的に取り上げられ
いつしか恵方巻きの風習は全国各地へ浸透していきました。

余談ですが、管理人は生まれも育ちも大阪なので、大阪が発祥の地と言うのは何だか嬉しい気分になりますね。

「恵方巻き」名付けの親はセブンイレブン?

ここまで読んでいると、「恵方巻きと呼ばれるようになるのはいつからなんだ!」と感じているのではないかと思いますのでお話しますね。

結論から言いますと、恵方巻きの名付けの親はセブンイレブンです。

  • 幸運巻き寿司
  • 節分の巻き寿司
  • 丸かぶり寿司

今で言う恵方巻きは上記のようによばれていました。

そんな中、平成元年(1989年)にコンビニエンスストアのセブンイレブンで初めて「恵方巻き」として販売し登場しました。

この恵方巻きが販売されたセブンイレブンは広島県の店舗の1つで、その店舗の個人オーナーが大阪府の縁起のいい風習として紹介し名前を「恵方巻き」と名付けたそうです。ちなみにこの個人オーナーは大阪府出身の方だったと言われています。

そしてもう1つ余談ですが、平成元年は管理人の生まれた年です。笑

と、くだらない話はおいておいて恵方巻きの名付けの親はセブンイレブンなのですが、実は恵方巻き(当時は巻き寿司や幸運巻き寿司)を初めて販売したコンビニエンスストアは絵分イレブンではなく、ファミリーマートなんですよ。

今では全国のコンビニで恵方巻き販売に力を入れていますがその走りはファミリーマートで、大阪府と兵庫県のファミリーマートで昭和58年(1983年)に販売され、先ほど紹介したように平成元年に恵方巻きと名を変えセブンイレブンが販売。

徐々に販路を拡大させ、セブンイレブンは平成9年(1998年)に全国販売を開始し、今ではどのコンビニでも全国各地で恵方巻きが販売されていてコンビニの一大イベントの1つにまでなっています。

最後に

いかがだったでしょうか?

このように由来・ルーツを勉強するのも面白いですよね。太巻き寿司を恵方の方角を向いて食べる風習はかなり遡るものの、実際に恵方巻きと名を変え、全国で認知されるようになったのはまだまだ最近。

それでいて今では節分に恵方巻きを食べるのは当たり前になっていますから、面白いもんですね。それでは以上になります。もっと恵方巻きについてあれこれ知りたい場合は下の関連記事をお読み下さい!

関連記事
SPONSORED LINK

いつもシェアありがとうございます!

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします!!

最新情報をお届けします

Twitterで@learningfield01をフォローしよう!

いつもシェアありがとうございます!

シェアする

フォローする