千眼美子の暴露本の内容がヤバい?用意周到すぎるとの声も!

千眼美子 暴露本 内容

清水富美加が幸福の科学へ出家を表明し幸福の科学とレプロのバトルが勃発し、連日テレビなどで報道され注目を集めている中、17日、清水富美加さんが千眼美子(せんげんよしこ)として暴露本を緊急出版した。

あっ、告白本か。

しかし、内容を見ると暴露本という方がしっくり来る。

アマゾンではベストセラーランキング1位にランクインしており、出家を表明してからわずか数日で、暴露本(告白本)が発売され、用意周到すぎると不信感を覚えている人も少なくないようだ。

この記事では、清水富美加が千眼美子として17日に発売した暴露本『全部、言っちゃうね。~本名、清水富美加、今日、出家しまする。~』の内容について紹介していきます。

SPONSORED LINK

千眼美子(清水富美加)が暴露本を緊急出版!

人気女優だった清水富美加が幸福の科学へと出家を表明してから、芸能界で彼女をよく知る人物がコメントしたり、報道番組でも取り上げられるなど連日、報道が絶えない。

そんな中、17日、清水富美加が千眼美子(せんげんよしこ)として告白本という位置づけの『全部、言っちゃうね。~本名、清水富美加、今日、出家しまする。~』という暴露本を発売した。

アマゾンのベストセラーランキング1位にランクインしていることからかなり売れていることが容易に想像出来ますが、あまりの用意周到さに不信感を覚えている人は少なくない。

『全部、言っちゃうね。~本名、清水富美加、今日、出家しまする。~』というタイトルをみて、全部とは、レプロについての暴露なのか、出家することになった経緯でまだ表にしていないことなのか、何を指しているのかイマイチわからず気になっている人も多いのではないでしょうか。

用意周到さについては、後から話すとして、まずは気になる内容をチェックしましょう。

千眼美子の暴露本(告白本)の内容は?

16日、千眼美子としてのツイッターに突如17日に暴露本を発売されることがツイートされた。

気になる内容は

死にたかった7年、死ねなかった7年。

芸能界のこと、宗教のこと、

今までのこと、これからのこと、

本人しか語れない、本当の気持ち

とあります。

今まで誰にも打ち明けられず胸に秘めていた想いなどが赤裸々に記されているであろうことが予想できます。

一連の真相は?

幸福の科学って?

せっかく人気女優になれたのに?

友達や仕事でお世話になった人、

そして心配してくれるたくさんの人たちへ。

全ての疑問に、自分の言葉で答えました。

これは幸福の科学の出版公式サイトで告知されている内容です。

個人的には、用意周到さに不信感を覚えているひとりなので、購入したいとまでは思わないので手に取っていないのですが、ネット上で内容を調べてみると既に読んだ人が以下のように書き込んでいました。

教団への感謝
体調不良の原因
高畑息子の話
これからの話
大まかに言えばこんな感じ。

レプロに対しての悪口のようなものはあまりなかったとのこと。管理人は読んでいないので確認できていませんが、ここにしてまた高畑裕太さんが出てくるんですね…。

これらの内容が148ページに渡り書かれているようです。

ガリガリガリクソンが熱いコメント

余談ですが、『清水富美加』改め千眼美子(せんげんよしこ)として暴露本を出版し、差し止めを気にしていることに、以前から親交があったと思われる、ガリガリガリクソンさんが熱いツイートをしていたようですが、既に削除されていたので画像を紹介しておきます。

清水富美加に対するガリガリガリクソンのツイート画像①

清水富美加に対するガリガリガリクソンのツイート画像②

清水富美加に対するガリガリガリクソンのツイート画像

清水富美加に対するガリガリガリクソンのツイート画像

これらのツイートのせいで、現在、若干炎上気味にあるガリガリガリクソンさんですが、内容が何のことを言っているのかわからない部分が多いですが、清水富美加さんをひとりの友人として考えていたのだということが感じ取れます。

暴露本出版までの手際が良すぎる!

出家表明をしてからわずか数日で暴露本を出版した千眼美子(せんげんよしこ)。出家を表明してから本を書いたということらしいので、用意周到すぎるというか、手際が良すぎると感じる人が多いのではないでしょうか。

管理人もそのひとり。

ただ、教団は出版社を持っているため、いつも早いという声もあります。

でも普通に考えれば、手際が良すぎると不信感を覚えてしまいますよね。

個人的には誰が何を信じようと自由だと思うのでいいとは思うのですが、芸能界に在籍していた以上、もっときちんとした形で出家してほしかったなと感じます。

さいごに

勝手な憶測ですが、本当に誰にも胸の内を打ち明けられず、仕事などもやりたくない仕事もしていたのでしょう。本を読んだ人のコメントに「高畑裕太氏の怖さだけはわかった」というのも見かけたのでしんどかったのは本当なのでしょう。

レプロともきちんとした形でお別れすれば、清水富美加さんに対するイメージだけでなく幸福の科学に対するイメージもここまで悪くならなかったと思うんですけどね。仕事で関わった人たちに迷惑をかけずすっきりとした形で出家してほしかったなと個人的には感じるところですね。

SPONSORED LINK

おすすめ記事

いつもシェアありがとうございます!

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします!!

最新情報をお届けします

Twitterで@learningfield01をフォローしよう!