船場吉兆の不祥事の真相をささやき女将(湯木佐知子)が激白!

船場吉兆 不祥事

8月5日放送の「爆報!THE・フライデー」にて船場吉兆の元女将”ささやき女将”こと湯木佐知子(ゆきさちこ)さんが船場吉兆の偽装や使い回しなどの不祥事(事件)の真相を9年後しにテレビで初告白されました。

ささやき女将と呼ばれるきっかけとなった謝罪会見の裏側など、見逃した方のためにまとめておきます。

SPONSORED LINK

船場吉兆の不祥事(事件)とは?

船場吉兆の不祥事(事件)から9年の月日が過ぎたということで、知らない方も多いと思うのでまずは、簡単に振り返ってみましょう。

ー2007年ー

かつて年商14億円を叩き出し大阪と博多で4店舗、百貨店にも売り場を設け多くの人に愛され著しく順調だった船場吉兆の数々の不祥事が発覚。

発覚した不祥事は

  • 賞味期限切れを販売
  • 産地偽装
  • 無許可での梅酒の製造・販売を
  • 客の食べ残しの使い回し

管理人も当時のことはおぼろげにしか覚えていなかったので今回改めて調べてみるとこんなにもの不祥事が発覚していたんですね。

元従業員がマスコミに暴露するなどがあり、1つ不祥事が発覚すれば余罪が次々と浮上したようです。言うまでもありませんが、これにより船場吉兆は大打撃をうけ廃業しました。

もちろん自業自得ですが。

謝罪会見と廃業までの経緯

船場吉兆は数々の不祥事が発覚したことで2007年12月に謝罪会見を開きます。船場吉兆には多くの社員がいましたが、中でも家族4人で経営を行っていたので、この会見で”ささやき女将”と呼ばれることになる女将・湯木佐知子さんと長男が謝罪会見で謝罪。

ちなみに、ささやき女将こと湯木佐知子さんは高級料亭である船場吉兆の最後の社長でありながら創業者の三女です。

元々、船場吉兆側は一連の偽装については「売り場の責任者がやったこと」としていて売り場の責任者のパートの女性を含めた4人が会見で「船場吉兆の指示のもとだと完全否定」。いわゆる責任の押し付け合いが続いていた。

その後、農林水産省が船場吉兆側の発言に矛盾を見つけ、船場吉兆は経営陣の関与を認め謝罪会見を開く運びに。

会見で長男・喜久郎の頭が真っ白になり質疑応答の際に、女将・湯木佐知子さんが小声で返答をささやいていたことからささやき女将と呼ばれることになりました。

その後、船場吉兆は民事再生法を申請し負債8億円を湯木佐知子さんが一人で背負い、家や全ての資産を差し押さえされ自己破産されました。

その後再び湯木佐知子さんが謝罪会見を開き営業再開させるも、数々の不祥事から客足は遠のき、結果経営破綻し廃業する運びに。

ささやき女将こと湯木佐知子の経歴

ささやき女将こと湯木佐知子さんは、株式会社吉兆の創業者である湯木貞一(ゆきていいち)さんの三女として生まれ、いわゆるお嬢様として育ち、船場吉兆の料理人を婿養子に迎い入れ結婚。

子どもにも恵まれ船場吉兆で働いていた頃は非常に優秀な方でお客様の名前や好みを全て把握されていたとのこと。不祥事が発覚後、新社長に就任。

湯木佐知子の現在

湯木佐知子さんは謝罪会見から9年振りに「爆報!ザ・フライデー(8/5)」に出演されました。謝罪会見の頃の黒髪から完全な白髪になっていました。もちろん高齢というのもありますが、相当な苦労をしたのがうかがえます。

もちろん、数々の不祥事はやってはいけないことなわけですが、テレビを見る限り本当に猛反している様子が伺えましたね。現在は夫婦二人年金でなんとか生活しているそうで、現在も借金を毎月9万円支払っており、「借金を返済するまで死ねない」と語っていましたね。

またオリラジ・藤森慎吾の大ファンで「爆報!ザ・フライデー(8/5)」のインタビュアーに指名し、会えて夢みたいと語っていました。藤森さんのチャラ男効果がここまでだとは驚きですw

現在の唯一の息抜きはパソコン教室だそう。息子のお店の評判をチェックするのが趣味だとか。テレビを見て感じたことは本当にいい人そうな印象で明るく高齢の割にはしっかりとした元気な方という印象。

ささやき女将となった経緯を暴露

船場吉兆の不祥事で謝罪会見を開きそこでささやいていた理由は、実は質問に全て答えられるように前日に弁護士の指導のもと、相対問答を繰り返し、マスコミの質問に対応できるよう丸暗記していたんだとか。

しかし、長男が極度の緊張から頭が真っ白になり相対問答で暗記したのが全て飛んでしまい言葉が詰まってしまったのでささやいていたんだそうで、まさかマイクの性能があそこまでいいとは思わなかったそうですw

船場吉兆の不祥事にはどこまで知っていた?

数々の不祥事が発覚した船場吉兆ですが、ささやき女将はどこまで知っていたかについても質問に答えました。

産地や材料偽装について

数々の偽装については知らなかったとのこと。

まさか、信じられない!と仰っていて知っていたら注意していたとのこと。

食材の使い回しについて

これについては「知らなかったと言えば嘘になる」と話し、当時から知っていたという。一切手を付けていないものなどはもったいないと考えてしまったそう。

数々の材料を偽装していたりもあったのでわかりませんが、高級料亭ですから多少はいい食材を使われていたと思いますし、軽く考えてしまったのかもしれませんね。

当時を振り返ると申し訳ないと言ってました。

一番の心残りは…

湯木佐知子さんら名門一家は自ら犯した過ちにより全てを失いましたが、湯木佐知子さんの一番の心残りは従業員200名を解雇したこと。

湯木佐知子さんは、解雇した従業員の再就職先を紹介し、高齢の方には老人ホームを紹介しお金の援助をいまでも続けているそうです。

確かに間違ったことをされていますし、許されることではありませんが、人としては思いありのある責任感の強い方なのでしょう。

さいごに

船場吉兆の不祥事を振り返り、真相を告白した湯木佐知子さんですが、ささやいていた理由がマイクの性能のなめていたということと、オリラジ藤森さんのファンということには少し笑わされました。

借金を返済するまで元気に長生きして楽しい毎日を過ごして欲しいですね。

SPONSORED LINK

おすすめ記事

いつもシェアありがとうございます!

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします!!

最新情報をお届けします

Twitterで@learningfield01をフォローしよう!