佐々木善三弁護士の経歴は?舛添要一の厳しい第三者に非難殺到!

これがあなたの言う

厳しい第三者の目ですか・・・

政治資金不正疑惑に揺れる舛添要一氏が

事務所とは全く無縁の

厳しい第三者の目で調査してもらう。

終始この言葉で終了した会見から数日、

ようやく調査結果が発表されました。

そして、舛添要一氏が言う”厳しい第三者”

森本哲也弁護士佐々木善三弁護士

だったことが明らかになりました。

調査結果は、

”法的に問題なく違法ではない”

との一辺倒。

そんなことはわかりきっている話なので

私はもちろん、多くの人が失望していた中…

第三者の一人である佐々木善三弁護士が

記者の質問に対して逆ギレ。

ネット上では非難殺到しています!!

舛添要一氏によると元検事の

凄腕弁護士とのことですが、

どのような経歴の方なのだろうか?

SPONSORED LINK

佐々木善三弁護士の経歴

舛添要一氏を擁護する形となり

破門を呼んでいる、佐々木善三弁護士とは

どのような経歴があるのでしょうか?

調べてみると、今回の舛添要一氏の件の他にも

色んな事件などに「第三者」として調査していたようです。

舛添要一氏が言うように肩書は立派な方。

俗に言う「ヤメ検」で元東京地裁特捜部の

副部長を務めていて、検事時代にも

東京地検公安部長や京都地検検事正

そして最高検検事を歴任していたそう。

正直、難しい言葉ばかりで管理人には

既によくわかっていないのですが、

とにかくキャリアとしては素晴らしいのでしょう。

検事時代は東京地検特捜部にて

多くの政界汚職・事件を捜査してきたことから

「マムシの善三」という異名までついたほど。

そして退官し、現在は

晴海協和法律事務所に所属している弁護士。

弁護士としての佐々木善三氏の経歴は

  • 福原原発事故の第三者検証委員会
  • 小渕優子元経済産業相での検証第三者委員会の委員長
  • プロ野球「統一問題」での検証第三者委員会の委員長

など、様々な第三者委員会の一員、

もしくは委員長として調査されてきたようです。

もちろん、他にも多くの事件などに

精通してこられた方なのですが、

何度も言いますが、経歴は豪華過ぎる。

しかし、彼が過去に担当した

小渕優子元経済産業相の

通称「ドリル優子事件」での調査に

疑問を感じる方もいるんだそう。

昨年の事件なので覚えている方も

多くいらっしゃると思いますが、

簡単に振り返ると…

小渕優子元経済産業相の

政治資金規制法違反事件において

帳簿データが入ったハードディスクが

ドリルで破壊されていました。

その弁解で佐々木弁護士は

「パソコンを引き取ってもらった業者が

ドリルで穴を開けただけ」

と弁解。

結果、不起訴となっているので

弁護士としての彼の仕事は全うされていますが

これだけの経歴・キャリアの持ち主で

「マムシの善三」との異名を持つ彼の言葉とは

正直、思えないですよね…。

佐々木善三弁護士らの舛添要一氏の調査結果

そして、今回の舛添要一氏の

様々な疑惑について第三者として

調査を勧めた佐々木善三弁護士の見解は

法的に違法ではない

との一辺倒。

佐々木善三弁護士の発言を簡単にまとめると…

  • 絵画の購入は人間関係を深めるためのもので不適切でも違法でもない
  • クレヨンしんちゃんの購入は不適切だが違法とも言えない
  • 似顔絵まんじゅうは政治的付き合いのため、不適切でも違法でもない

まあ、上記のような言葉が散々続きました。

そして記者に対しても

  • 関係者は関係者ですよ
  • あなたは事実認定というものを知らない

と逆ギレ口調とも思えるような発言。

舛添要一氏に依頼されている以上、

こうなることはわかってましたが、

結局誰もが既に知っている

”法的に違法ではない”ということしか

聞けず、さらには舛添要一氏は続投を表名…。

なんだか、何もかも舛添要一氏の思惑通りに

思えて、調査の意義に疑問ですね。

舛添要一氏は別荘を売却するだとか

言っていますが、だから何?って感じ。

結局は世間の声には一切聞く耳を持たず…。

確かに、舛添要一氏の事務所とは

無縁なのかもしれませんが、

結局のところ、小渕優子の次は

舛添要一氏を火消しにした身内に感じざるを得ない。

そもそも、舛添要一氏が購入していた

お店にも聞き取り調査を前日の時点で

一切なかったそうですし、

舛添要一氏の聞き取りしかしてないのでは?

と思いますね。

どこまで調査したの?

こんな短い時間で…。

さいごに

結局のところ経歴はすごい方ですが

個人的には記者への逆ギレとかは

意味不明ですし、とんだ茶番劇を見せられた気分。

まあこんなことは今に

始まったことではないですし

結局は今の法律では舛添要一氏は

問題ないんでしょ?

違法じゃないから不適切でもOKというのが

答えなのだから、政治家の汚職が

なくなることはないですよね…。

こうなると、日本の法律に疑問を抱きますが

日本は昔から責任を負いたくないというか…

海外であれば、法律の立案者の名前などは

記載されていますが、日本は立案者が誰かすら

わからないようなことを聞いたことがありますし

今後も同じことが繰り返されるのでしょうね。

今回の舛添要一氏から学んだことは

政治家になれば

  • 美術館見学し放題
  • 税金でオークション
  • ファーストクラスに乗れる
  • 不適切でもボーナス支給

そして愛人4人ということなんでしょう。

【関連記事】

舛添要一の家族構成!片山さつきとの離婚原因と過去の女性関係!

舛添要一が絵画を購入していた目的は資産運用だった?

SPONSORED LINK

おすすめ記事

いつもシェアありがとうございます!

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします!!

最新情報をお届けします

Twitterで@learningfield01をフォローしよう!

コメント

  1. 竹ちゃん より:

    やめ検が、このようないい加減な調査をしていると
    認識されるのは困る!

    いい加減にしろと言わせて頂く!

    • masa より:

      竹ちゃん様、
      コメント有難うございます。

      本当にその通りですよね。

      ヤメ検で検事時代も相当なキャリアだった方が
      このような調査をすると他のヤメ検の方々も
      いい加減な調査をしていると思われてしまいますよね…。