シェアする

映画『日本で一番悪い奴ら』ネタバレ!原作の実話・稲葉事件とは?

日本で一番悪い奴ら ネタバレ

綾野剛主演映画『日本で一番悪い奴ら』が2016年6月25日から公開されます。何と言ってもキャッチーなタイトルで主演が今をときめく綾野剛ということで映画公開直前から注目が集まっているようですね~。

ざっくり言えば警察内部の不祥事が描かれた犯罪モノ。

国家を守る警察こそが
日本で一番悪い奴らだった!

という物語になっていて、最近清純イメージから離れつつある綾野剛さんの演技にも注目ですし、なかなかの見応えがある映画になってることでしょう。

ところで、『日本で一番悪い奴ら』の原作である「恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白」の元ネタは実話であり2002年に大騒動となった『稲葉事件』ということはご存知でしょうか?

映画『日本で一番悪い奴ら』は実話「稲葉事件」が元ネタとなるノンフィクション作品ということで、作品としてみれば面白そうだと思うのですが、実話という事実を知ると、単純に面白いとは言えない感慨深い作品。

今回はそんな『日本で一番悪い奴ら』の元ネタである「稲葉事件」についてわかりやすく振り返っていこうと思います。恐らく映画の内容のネタバレ要素もかなり含まれると思いますのでご注意下さい。

SPONSORED LINK

映画『日本で一番悪い奴ら』の原作について

今回映画化された『日本で一番悪い奴ら』の元ネタは冒頭でお話ししたとおり2002年大騒動となった実話「稲葉事件」となっていて、原作本は稲葉事件で刑期を終え出所した稲葉圭昭(よしあき)氏が出版した『恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白』となっています。

稲葉事件についてはこれからわかりやすく振り返っていきますが、これまで数々の作品のモチーフとなっていて、『日本で一番悪い奴ら』というタイトルについては恐らく織川 隆さんの「北海道警察 日本で一番悪い奴ら」からつけられているものと予想されます。

稲葉事件とは?

稲葉事件とは

今回の映画『日本で一番悪い奴ら』では綾野剛さん演じる主人公は諸星要一となっていますが、モデルとなっている人物は原作本の著者であり、稲葉事件の道警最大の不祥事の中心人物である稲葉圭昭氏。

稲葉事件とは稲葉圭昭警部(当時)が

  • 覚醒剤取締法違反
  • 銃砲刀剣類所持等取締法違反

上記の容疑で有罪判決を受けた2002年7月に起きた事件です。

稲葉圭昭氏は覚せい剤の所持・使用、そして拳銃の所持で有罪判決となったのですが、これだけ見ると、もちろん悪いことですし決して許されるようなことではないのですが、いまでも現職警官の不祥事はありますし、そこまで騒がれることもありません。

しかし、稲葉事件は日本中で大騒動となりました。それはWikipediaで、その辺の芸能人のページを遥かに上回る量の情報が記載されるほど。

稲葉地県の背景には北海道警察に留まらず日本全ての警察の「腐った制度」など警察組織の暗部を明るみに出すきっかけとなったのです。

稲葉事件の真相

1993年、稲葉圭昭氏は道警本部機動捜査隊、札幌中央署刑事第二課、北見警察署刑事課、旭川中央署刑事第二課を経て道警本部防犯部保安課銃器対策室に配属され、当時「銃器対策室」が力を入れていた「銃器の摘発」を上司から命じられます。

当時の警察官といえば、検挙数を挙げなければいけない時代。

上司に命じられた「銃器の摘発」は危険を伴うだけでなく、普通にやっていたらとても効率が悪く点数が稼げない。そこで稲葉圭昭氏は道警の常套手段であった「S(エス)」を使った裏取引をするようになります。

※「S(エス)」とはスパイの頭文字で暴力団員など裏の世界を生業とする世界の協力者たちのこと。

こうして稲葉圭昭氏はSから手に入れた「首なし銃(誰のものかわからない銃)」を次々に押収・摘発し点数を稼ぎ次第に「銃隊のエース」と呼ばれるようになります。

しかし、当然Sたちとの裏取引には資金が必要。

いち警察官がそんな資金を当然工面出来るはずもなく、資金は底をつきます。しかし、上司からは激しく摘発の催促をされ、「銃隊のエース」は引けなくなってしまい…

協力者と共に拳銃や覚せい剤の密売に手を染めるようになったのです。

稲葉圭昭氏は覚せい剤の密売だけでも4000万円以上の利益を手にしており、やがてその利益はSとの取引だけでなく、愛人との交際費や外車購入費など稲葉圭昭氏の私欲のためにも使われ始めます。

また、2000年秋頃から上司とのストレスから自身も覚せい剤に手を染めるようになります。

そして2002年7月…

稲葉圭昭氏の捜査協力者W(40)が自ら覚せい剤を所持していると自首し逮捕され、取り調べの際に稲葉圭昭氏が覚せい剤を使用していることや大量に所持していることを供述し、この密告で稲葉圭昭氏は覚醒剤取締法違反で逮捕。

Wは稲葉圭昭氏と長年親密な関係だったが稲葉圭昭氏との間で金銭トラブルがあり密告しました。そして稲葉圭昭氏の逮捕後、Wと上司のKは自決…。

稲葉圭昭氏が裁判で供述した内容

稲葉圭昭 裁判

稲葉圭昭氏は罪状をしっかりと認め、これまでに自分が犯した罪や警察組織の闇を赤裸々に告白。以下は稲葉圭昭氏が裁判で供述した内容です。

  • 覚醒剤の密輸で4千数百万円の利益を得る
  • 拳銃約10丁をロシア人船員から入手し密売
  • 捜査協力者(スパイ)から入手した拳銃を「摘発した拳銃」として偽装
  • 大麻計8kgを密売
  • 捜査協力者の覚醒剤取引を見逃す、さらに自身も加担
  • 稲葉の上司も覚醒剤取引を見逃していることを認知していた

この時、稲葉圭昭氏が供述した『北海道警察の組織的な裏金問題』については偽証とされ稲葉事件に関わったとされる幹部連中のほとんどが処分を受けることはなく、稲葉圭昭氏は懲役9年、罰金160万円の判決を受けました。

稲葉事件の背景

稲葉事件と世間で騒がれているので稲葉圭昭氏個人の犯罪という認識の方もいるかもしれませんが、これは決して「個人の犯罪」ではなく警察組織の犯罪です。

上記では、どうしても稲葉圭昭氏の悪事の数々をメインにお話してきましたが、「日本で一番悪い奴ら」の原作本・稲葉圭昭氏の著書でも”ガサ状なしの家宅捜査””首なし銃の押収”など道警の不祥事を暴露しています。

翌2003年、北海道裏金事件

上で「個人の犯罪」ではなく、警察組織の犯罪だとお話ししましたが、実際には稲葉圭昭氏の証言は偽証とされていました。

しかし、翌2003年末、北海道裏金事件が発覚。

この事件は稲葉圭昭氏の捜査協力者、つまりスパイ(S)たちの人間に支払われるべき捜査費を警視以上の幹部が不正に横領していたことが発覚した事件です。

つまり、稲葉圭昭氏の証言は正しかったというのが証明されたということ。

そしてこの『北海道裏金事件』で処分を受けた人数は3235人、裏金総額2億5600万円だったと言われています。警察組織の威信が地に落ちたことは言うまでもありません。

映画『日本で一番悪い奴ら』では…

一通り稲葉事件について振り返ってみました。

かなり長くなってしまったのですが、実は、稲葉圭昭氏や道警が行っていたとされる「おとり捜査」だったりの不祥事についてはまだまだ詳しく触れていません。それくらい数々の不祥事が行われていたわけですが…。

映画『日本で一番悪い奴ら』では

  • 覚せい剤の密輸
  • 中古車の密輸

などの不祥事の場面がもう少し描かれることでしょう。

さいごに

いかがだったでしょうか?

改めてもう一度言いますが、コレ実話ですからね…。

普通に映画『日本で一番悪い奴ら』のネタバレとして読めば違和感なくキャッチーなタイトルに負けないとても面白い内容になっていると思いますが、ノンフィクションですから。

作品としては面白いと思いますが…感慨深いものがありますね。

SPONSORED LINK

いつもシェアありがとうございます!

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします!!

最新情報をお届けします

Twitterで@learningfield01をフォローしよう!

いつもシェアありがとうございます!

シェアする

フォローする