舛添要一が絵画を購入していた目的は資産運用だった?

舛添要一 絵画

政治資金不正疑惑に揺れる舛添要一氏…。

先日の厳しい第三者の調査で

”違法性はない”とされたものの、

ピザ釜やクレヨンしんちゃんの本などを

購入していたことも明らかになり、

再び破門を呼んでいる。

その中でも個人的に取り上げたいのが

政治資金で定期的に購入していたとされる

「絵画」である。

管理人は、単なる趣味で「絵画」を購入していたと

思っていたのですが、「絵画」の購入の真の目的は

もちろん政治活動でもなく、資産運用ではないか?

と、噂されているのだ。

この辺について詳しく調べてみた!

SPONSORED LINK

「絵画」の購入目的は資産運用?

管理人は、舛添要一氏が政治資金で

定期的に購入していたとされる

「絵画」については、単なる趣味だと思っていた。

しかし、この「絵画」の購入の目的は

資産運用ではないのか?

という意見がある。

もしそうなのであれば、

今まで以上に腹立たしく感じるのは

私だけではないことでしょう。

絵画で資産運用?

資産運用とは簡単に言えば

自分の資産を投資したりして

資産を増やしていくというもの。

パッと思いつく限り

  • 不動産投資
  • 株式投資

上記などではないでしょうか?

しかし、実は「絵画」の世界では

1,000万円で購入した絵画が

5年後に2,000万円の価値になっている

なんてことは十分あるそう。

管理人は絵画に関して知識がないので

あまり詳しいことはわかりませんが、

資産運用の1つとして絵画を所有される方は

意外といるそうです。

ただ、これだけでは

舛添要一氏の絵画の購入の真の目的が

資産運用だとは少し無理がある…。

舛添要一氏はかなり上手に絵画を購入していた?

先ほど、とある報道番組で

「絵画」の専門家というか詳しい方が

舛添要一氏が購入していた絵画リストを見て

”かなり上手に購入されている”

と仰られました。

購入したほとんどがかなり安い価格で

購入しているというのです。

そうなると、舛添要一氏は絵画に関して

かなりの知識があって、ヤフオクで購入したのも

かなり安く購入出来ると知っていたのかもしれない。

5年前に絵画での資産形成を語っていた…?

舛添要一氏は数々の書籍を出されていて

その中に2005年に発売された著書で

マスゾエ式 定年後極楽生活入門」というのがある。

ちなみに、この記事を書くにあたりこの本を

購入して読んでみようかと思ったのですが

プレミア価格になっていて、

購入すると舛添要一氏に入ると思うと

嫌で購入していません。

なので、ネット上で見つけた内容になるのですが…

どうやら「マスゾエ式 定年後極楽生活入門」では

バブル時代に不動産投資に挑戦するも失敗し、

行き着いたのが絵画での資産形成という

ニュアンスのことが書かれているそうです。

とは言え、「絵画」をオススメするという

内容ではなく、余裕資金があるのであれば

趣味を活かした資産形成を考える。

舛添要一氏の場合は、「絵」が趣味なので

「絵画」での資産形成にたどり着いたとのこと。

この本が発売されたのが2005年6月。

この頃から絵画を購入していたそうで

不動産投資は入居者の問題の他にも

  • 不動産所得税
  • 固定資産税
  • 維持管理費用
  • 入居者とのトラブル

などの問題もあると指摘し

絵を選ぶと舛添要一氏は語っているそう。

これらのことから舛添要一氏の

絵画の購入の真の目的は

資産運用なのではないか?

と噂されているそう。

もちろん今回は、様々な不正疑惑が挙がり

「絵画」の購入もあまりに多すぎて

不適切だと指摘されているので

政治界を去った後は必要とする場所へ

お渡しする的な事を言っていましたが…

今回のように騒動にならなければ

「絵画」の数も増えていたことでしょう。

そう考えると、舛添要一氏が政治家で

あり続ける限り、「絵画」という資産が

増え続けていたのかもしれません。

これなら定期的に購入していたことも

数の多さにも納得させられます。

また、この頃から絵画を購入していたそうですが

そのお金は身銭なのか?にも、

今の状況からは考えれば疑問…。

もちろん、絵画の真の購入目的は

舛添要一氏にしかわからないですし、

あくまで政治活動に必要だったと貫いているので、

想像の域は超えれないのですが…

単なる趣味の他のも目的があったように

思えて仕方がないですね…。

さいごに

この状況で続投を表名するのか…。

ハッキリ言って、第三者の調査も

舛添要一氏が依頼した弁護士で

舛添要一氏側のヒアリングのみ…。

何の意味があるのかにも疑問。

けじめとして別荘を売却って

誰がそれをけじめとして受け入れるの…?

…っと。

これ以上書いても愚痴しか出てこないので

この辺で終わりにしますね!

舛添要一氏は金に汚くせこく、

下半身もだらしない男ということですね。

最後までありがとうございました!

【関連記事】

佐々木善三弁護士の経歴は?舛添要一の厳しい第三者に非難殺到!

舛添要一の家族構成!片山さつきとの離婚原因と過去の女性関係!

SPONSORED LINK

おすすめ記事

いつもシェアありがとうございます!

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします!!

最新情報をお届けします

Twitterで@learningfield01をフォローしよう!