ドキュメンタル(松本人志)のネタバレと感想!4話で決着が!優勝者は?

ドキュメンタル ネタバレ

アマゾンプライムビデオにて独占配信されている松本人志プレゼンツ・ドキュメンタルの3~4話が追加され、遂にシーズン1の結果が決まりました。

この記事ではドキュメンタル1話~4話までのネタバレと感想を書いていきたいと思います。最後まで生き残った方、優勝者なども書いていくのでネタバレ注意でお読みくださいませ。

SPONSORED LINK

松本人志のドキュメンタルとは?

ドキュメンタルとは、松本人志さんのネット番組のタイトルで、現在アマゾンプライムビデオにて独占配信されています。

内容はリアル笑ってはいけないといったところで、参加者は100万円を自分たちで用意して笑ってしまうと退場。最後まで生き残った人がそれぞれの参加者が用意した計1.000万円がもらえるという内容。

独り勝ちのまさに笑いのサバイバル。

それは、ドキュメントであり、極限のメンタル状態になるというところで「ドキュメント」と「メンタル」の造語として「ドキュメンタル」となりました。

ちなみに、お笑い好きの方であれば、ご存知かもしれませんが、千原ジュニアさんの40歳バースデーライブに松本さんがゲストとして参加した時に語っていた企画になります。

詳しくは以下の記事をどうぞ!

関連記事

松本人志のドキュメンタルは無料で見よう!千原ジュニアの40歳ライブの企画が実現!

ドキュメンタルネタバレ

松本人志さんのドキュメンタルは全4話まであり、先日3~4話が追加されたので、執筆現在ですと、アマゾンプライムビデオの無料キャンペーン期間中に1話~4話まで見ることが可能です。

ひとまずシーズン1は完結となりますので、年末年始にイッキ見したい方は以下から登録をしてみてはいかがでしょうか。

それでは、各話のネタバレに入っていくので、ご注意下さい。

ドキュメンタル1話ネタバレ

1話では、ドキュメンタルの企画の概要と、様々な芸人に招待状を渡し、招待状を受け取った芸人たちが、参加するかどうか本気で迷っているシーンと、最後に参加者10名が部屋(会場)に集まります。

ネタバレということで参加者も発表すると参加者は以下の通り。

  • 宮川大輔
  • ダイノジ・大地
  • とろサーモン・久保田
  • FUJIWARA・フジモン(藤本敏史)
  • 野性爆弾・くっきー
  • トレンディエンジェル・斎藤
  • 天竺鼠・川原
  • 東京ダイナマイト・ハチミツ二郎
  • アントニー
  • ジミー大西

上記の計10人。

それぞれがどのように参加費の100万円を用意したのかなども描かれていて、とろサーモン久保田の100万円なんかは、シワシワの色んなところからかき集めたのであろうお札の束。この辺が妙にリアルでいい感じだと思います。

そして、松本人志さんが簡単に企画の説明をして、早速ドキュメンタルがスタートします。

笑ったら終わり、笑ったら退場と強く念押したにもかかわらず開始2分で全員笑うというアクシデントもありましたが、ひとまずここは全員セーフにして再び開始。

それぞれが前もって持ってきた小道具などを駆使するタイミングを伺いつつも、ジミー大西が序盤から仕掛けていきます。

そして1話目からアウトになるのが、ダイノジ・大地。これで退場だと思っていたので、6時間もこの企画は持つのか?と不安になりましたが、どうやらイエローカードということで、一発退場ではありませんでした。

1話は大地のみがイエローカードを貰い終了。

ドキュメンタル2話ネタバレ

とにかく、ジミー大西がとにかく仕掛ける。

他の参加者はとにかくジミーに苛立ちを隠せない様子。そして大して面白いシーンでもないというところで、急にトレンディエンジェル・斎藤が笑ってしまいオレンジカードを貰ってしまう。

オレンジカードとはイエローカードよりも上のカードとなっていて、もう後がない。

また、ここで、常に笑っているとみんなから指摘されていた大地は松本から厳重注意を受ける。

その後もジミー大西がとにかく仕掛けているのが目立つ。空気を読まずに仕掛けまくりのジミー大西に対し他の参加者は苛立ちを隠せない様子。とは言え、ジミー大西が目立つものの他の参加者もそれぞれ用意してきた小道具を少しずつ使いはじめ、笑わせようと仕掛ける。

そして、仕掛けまくりのジミー大西が遂に笑ってしまう。普通に笑ってしまったため、一発レッドも考えたが、オレンジカードで留まる。待ったなしの状態となった。

その数分後、普通に会話をしていたハチミツ二郎が急に笑ってしまいイエローカードを貰い、松本は「そろそろいつまでも10人ではいれない」と参加者全員に改めて警告。

ハチミツ二郎がイエローカードを貰い、参加者全員、再び気を引き締めて再スタートとしてすぐの出来事だった…。

果敢に攻めていたジミー大西が水を吹き出してしまうほど笑ってしまいレッドカード!ドキュメンタル最初の脱落者は序盤からとにかく攻めていたジミー大西となった。

他の参加者はジミー大西がいなくなってくれて安心した様子。

そこからそれぞれ仕掛けを始め、プロレスラーのテストにも合格したハチミツ二郎が様々なプロレスラーのマスクをかぶるという仕掛けで、くうちゃんこと野性爆弾のくっきーが普通に笑ってしまいイエローカード。

その数分後、くぅちゃんが大地に小ボケを言うと、なぜかダイノジ大地が吹き出して笑う。他の参加者もそんな笑うシーンではないと突っ込むが、どうやら、昔からちょいちょい、くうちゃんが言うフレーズだったそうで、それが頭によぎり笑ってしまったという。

くうちゃんの長い間まいた伏線を回収した結果となった。

これにてダイノジ・大地が退場。

ジミー大西・ダイノジ大地という2人の脱落者がでたところで2話は終了した。

さて、2話までのネタバレだけでかなり長くなってきたので、ページを分割しますね。

次のページでは3話、4話のネタバレとドキュメンタルの感想などを書いていきます。個人的にはここから面白くなってくるというところなので、引き続けて読んでいただければ嬉しいなと思います。

SPONSORED LINK

おすすめ記事

いつもシェアありがとうございます!

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします!!

最新情報をお届けします

Twitterで@learningfield01をフォローしよう!