嘘の戦争動画2話を無料で見れるのはココ!見逃した方必見!あらすじと感想も!

嘘の戦争 動画 2話

この記事では『嘘の戦争』の2話を見逃してしまった方でも無料で見れる場所を紹介しています。最近はたくさん動画配信サイトがありますが、フジテレビのドラマが見れるのはここだけになります。

また、先ほど放送された「嘘の戦争」の2話のあらすじや感想も書いていくので、動画配信サイトで見るのは面倒だという方は、あらすじなどを観ていただければある程度内容がわかるかと思います。

SPONSORED LINK

『嘘の戦争』動画2話が無料で見れるはここ!

草なぎ剛主演ドラマ『嘘の戦争』はフジテレビ系のドラマなので、見逃した場合は、FOD(フジテレビオンデマンド)でしか配信されていません。

FODは有料のサービスとなっていますが、執筆現在であれば無料トライアル期間が一ヶ月用意されているので、その間に退会すれば一切料金がかかることがなく無料で見ることが出来ます!

FODで嘘の戦争2話の動画を見る!

放送直後であれば、Youtubeに著作権を無視した動画が違法でアップロードされますが、すぐに削除されますし、見れたとしても動画のサイズが小さかったり、キャストさんたちの声のキーを変えたりしているので、個人的にはYoutubeで見るのはあまりおすすめはしません。

FODであれば、嘘の戦争2話だけでなく無料トライアル期間に放送される最新話を全て見ることが出来ますし他の曜日のフジテレビ系の最新ドラマはもちろん、過去のドラマやバラエティ番組などが楽しめますのでこの機会に登録してみてはいかがでしょうか。

FOD(フジテレビオンデマンド)

1話完結型のドラマであれば、1話見逃したとしても問題なく楽しめますが嘘の戦争は1話見逃してしまっただけで一気についていけなくなちゃいますから…。

しかも先ほど放送された2話は初回の拡大SPに続き15分拡大で放送されましたので、内容は盛り沢山でした。ここからはあらすじや感想を書いていきますので、嘘の戦争の二話を動画でみたい場合は、見た後に記事の続きを見ることをおすすめします。

嘘の戦争2話あらすじ

ニシナコーポレーションの会長・興三(市村正親)を庇う形で五十嵐(甲本雅裕)に刺された浩一(草なぎ剛)は救急車で病院へと運ばれた。

そこへ、六反田健次(飯田基祐)という仁科家の顧問弁護士が訪れ、五十嵐とニシナグループは全く関係性のなかったと告げ、単なる事故とし穏便に済ませたいと告げる。

浩一は”六反田”という名前を見て昔の記憶が蘇る。

幼少期の浩一は事件の後入院していた際、事実を言っても嘘つきのレッテルを貼られてきた。その時に、目撃者として一家心中を図ったと決定づけるうその証言をした新聞配達をしていた男性の存在がいた。その男の自転車には”六反田”という文字が…。

一方、浩一を治療した仁科楓(山本美月)は浩一の胸の傷跡を発見し気にし始める。浩一によれば、過去にタイで仕事中に怪我をしたと言うが、医師の楓にはもっと古い傷のように思えて次第に気になり始める。

一方、仁科興三は、見ず知らずの自分をかばった浩一に、仁科隆(藤木直人)は仁科家と接触しすぎている浩一に不信感を抱いている。

仁科隆(藤木直人)は日本に帰国して間もない浩一が父に兄、そして妹にまで接触しているのはおかしいと考えオフィスに足を運んだり浩一についていろいろ調べていた。

そして浩一は、当時の事件の真相を暴くべく、六反田について調べ罠を仕掛ける。

五十嵐に金を貸していた金融屋と身分を偽り、「30年前の嘘の証言を公にする」と脅すと、六反田は興三(市村正親)に助けを求めるのだが、興三は自分たちで調べると言って自分の仕事をするようにと六反田に告げる。

続いて浩一は、仁科隆になりすましたメールで「仁科家は30年前の出来事に責任は持てない」と送り、六反田の動揺を煽る。

浩一の策に見事はめられ、仁科家に裏切られたと考えた六反田は、「そっちがその気なら、30年前に録音していた証拠を公にする」とメールし、浩一は録音データの存在を知り、十倉ハルカ(水原希子)らと協力し六反田の事務所へ侵入するも六反田が事務所へと戻ってきたため、火災警報装置をならし脱出する。

完全に事務所を荒らさせたのが、隆(藤木直人)だと考えた六反田は直接電話で問いただす。何のことかわからない隆だったが、「これが表に出れば会長は終わり」という六反田の言葉に証拠について知るために人気のない場所で直接会う約束を取り付ける。

そして六反田は厳重に銀行の金庫に保管していた録音テープを持ち出し、隆のところへ向かう。

六反田は隆に証拠テープを渡し、今後も仁科家に尽くすから見捨てるなと告げた。しかしその録音テープは、エレベーターで浩一の仲間たちに偽物とすり替えられており、さらに、詐欺をしていた証拠を浩一にリークされ、六反田の事務所に警察の捜査の手が入る。

そして、隆は、六反田の詐欺は知らなかったようで、弁護士の資格が剥奪される六反田を守る理由はないと見捨てるのであった。

手に入れた録音テープには30年前の事件の真相を語る仁科興三の音声だった。

ある事件をもみ消すために、警察や解剖医に手を回した興三だったが、解剖には研修医だった浩一の父親がいて、単なる交通事故ではないことを知られ、一家心中に見せて事件を起こすように指示したことを浩一は知る。

ついに黒幕が興三と知った浩一は怒り狂った様子を見せるも、三瓶守(大杉漣)が経営する児童養護施設へと戻る。

そこへ、婚約者として十倉サクラ(水原希子)が訪れ、いまやっていることは本当に30年前の親の仇なのかと尋ねる。そして、録音されていた音声をサクラに聞かせた。

その様子を児童養護施設から見ていた三瓶守(大杉漣)。

会長のガードが堅く一人では無理だと見て、真相を知ったサクラは改めて手伝わせてと言う。

その後、浩一は、復讐に動く一方で、仁科晃(安田顕)に頼まれた野球チームの監督の仕事を上手くこなし、試合の観戦に来ていた仁科楓(山本美月)と一緒に帰りながら、胸の傷の真相は幼少期に事故でついたものと嘘をつき、楓はそんな浩一を信じると言い、着々と仁科家に近づいていた。

そして、別れ際の楓の腕を掴んで引き止め、浩一がキスをして嘘の戦争2話が終了。

嘘の戦争2話の感想

六反田をターゲットにし、証拠の録音テープから、30年前の事件の真相に近づいていく浩一。

そして、晃と楓との信頼関係も高め、着々と仁科家に近づきました。

うーん、やっぱり展開が早すぎる気がしますね。事件を指示したのが興三だと明らかになったわけですが、まだ2話ですから。黒幕が仁科興三というのは少しミスリードな気がしますね。

事件に関わった全員が浩一の復讐相手ですから、頭のキレる隆への復讐や、ガードの固い興三への接触に時間をかける可能性がありますが、黒幕はまだ別にいるんじゃないかと感じてしまいます。

こちらの記事にも書いたとおり、三瓶守(大杉漣)が黒幕な気がしてならない。録音テープをサクラにきかせていたシーンでも笑みを浮かべて外から見ていましたが、何かしら重要な人物だからこそわざわざ描かれたシーンなのかなと。

ただ、楓(山本美月)が可愛すぎるだけに、今後浩一の復讐に利用されたと知るとかわいそうだななんて考えてしまいますが、2話も15分拡大ということで個人的には満足でした。

ただ、六反田への復讐はこれで終わりなのでしょうか。

詐欺の証拠で警察に逮捕させて終わり。1話での五十嵐には自ら接触してこれは、復讐だと教えていたので、もう少し全てを奪うというか残酷な復讐方法があるのかと思いましたが、このままだと逮捕されて浩一は接触できない気もしますし…。

まあ、六反田は仁科家に見捨てられ、逮捕され弁護士の職を失うわけで全てを失ったともとれますし、これだけ隆や興三に怪しまれている中、正体を明かせば、また息子の存在を探られる可能性もあるので、これでいいのかな。

さいごに

<木村拓哉『アライフ(A LIFE)× 草なぎ剛『嘘の戦争』>の初回の視聴率対決は木村拓哉に軍配が上がりましたが、内容的には個人的には嘘の戦争の方がはるかに面白いと感じるので、これからも元SMAP同士の視聴率対決の行方が気になりますね。

今後も嘘の戦争については色々記事にしていこうと思います。

関連記事

嘘の戦争の黒幕(犯人)は誰?大杉漣が1話終了時点では怪しい?

『嘘の戦争』と『銭の戦争』の違いは?共通点はある?

嘘の戦争の主題歌に注目が集まる理由!誰の曲になるのか?

SPONSORED LINK

おすすめ記事

いつもシェアありがとうございます!

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします!!

最新情報をお届けします

Twitterで@learningfield01をフォローしよう!