シェアする

インフルエンザの予防接種!2016-2017の時期はいつから?

インフルエンザ 予防接種 時期

2016年も暑かった夏に終わりを告げ、最近は随分と肌寒くなってきました。もう少しすれば毎年恒例のインフルエンザが流行する季節です。

2016年は麻疹が大流行しましたし、何かと予防接種が注目される年だったので、インフルエンザの予防接種をお考えの方も多いことでしょう。

この記事では2016-2017年のインフルエンザが流行する時期にかからないために予防接種を受けるベストなタイミングを紹介します。

SPONSORED LINK

インフルエンザが流行する時期はいつ?

インフルエンザ 予防接種 2016

インフルエンザウイルスは毎年12月頃から徐々に広まり、毎年1月~2月が1番ピークとされています。もちろん季節外れなのにインフルエンザにかかる方も稀にいらっしゃいますが、基本的にはインフルエンザウイルスは『気温10度前後+湿度20%前後』という環境でないと空気中に漂っていられないと言われています。

これに当てはまるのが12月~3月。

この時期がインフルエンザが流行する季節と言われています。

インフルエンザの予防接種は受けるべき?

インフルエンザ 予防接種 いつから

例えば今年関空などで大流行した麻疹や今回のインフルエンザなどを予防するために予防接種を受けるべきなのか?という疑問を感じる方って多いことでしょう。

と言うのも、予防接種を受けたからと言って100%予防出来るわけでもないですし、予防接種を受けていなかったとしても感染するとも限らないからです。

インフルエンザの感染経路は基本的に『飛沫感染』と言われています。

飛沫感染とは、感染者のくしゃみや咳などによってインフルエンザウイルスが飛散し感染してしまいます。他にも『空気感染』『接触感染』も成立すると言われているほど感染力の強い病気です。

そしてこれらを予防する最も効果的な方法はやはり予防接種。もちろんマスクをつけるなどの基本的な対策も大事ですが、予防接種が1番効果的な予防方法です。

もしあなたがインフルエンザになってしまうと、家族全員がインフルエンザでダウン。誰が看病すれば良いんだ…という状況になるのも珍しくありません。出来ることなら予防接種は受けておいたほうが良いでしょう。

2016-2017年の予防接種のベストなタイミングはいつ?

インフルエンザ 予防接種 2016-2017

では、いつ予防接種を受けるのがベストなのでしょうか。

1番ベストなタイミングは流行し始める少し前の11月下旬に予防接種を受けるのが良いでしょう。インフルエンザの予防接種を受けると体に抗体が作られます。インフルエンザウイルスが体内に侵入してきてもこの抗体が戦ってくれるのでインフルエンザウイルスが飛散し始める前が1番の理想なタイミングになります。

ちなみに、予防接種を受けたからと言ってすぐに体内に抗体が作られるわけではありません。抗体が作られるまで予防接種から2~4週間くらいと言われています。

ピークの1月~2月までには抗体を作っておきたいので2016年11月下旬がベスト。遅くとも2016年12月中には受けておきたいですね。

予防接種の効果の期間

インフルエンザ 予防接種 効果

予防接種の理想なタイミングは11月下旬だと上でお話ししましたが、別に早すぎる分には問題ないとか思っていませんか?

実は、あまりに早く受けるとピークの時期に抗体の効果が切れてしまっているなんて場合もあります。そう、予防接種の効果の期間があるんですね。

この抗体の効果の期間は3~4カ月と言われています。

予防接種を受ける回数は?

1回の予防接種で3~4カ月効果があるので2016年の11月下旬~12月中に受けておけば、ピークである2017年1月~2月にも体内に抗体がある状態で一度でも受けると受けないとでは全然違いますし、基本的には一度で十分かなという気がしています。

しかし、冬と言えば受験シーズン。

なんとしても絶対にインフルエンザに感染したくないという方もいることでしょう。そんな場合は2回予防接種を受けることをおすすめします。

2回をオススメする理由

インフルエンザ 予防接種 2回

実は1回の予防接種でインフルエンザの予防率は64%と言われています。1回で64%だから2回受ければ128%という単純な計算というわけにはいきませんが2回予防接種を受けることで94%の確率でインフルエンザの感染を防げると言われているんです。

確実性を上げるには2回受けるのがベストということですね。

2回目の予防接種のタイミングはいつ?

インフルエンザ 予防接種 2回目 いつ

2回目のインフルエンザの予防接種を受けるタイミングは基本的に1回目を受けた日から2~4週間後が良いとされています。2016年11月下旬に受けたのであれば12月中旬から下旬。

これがベストなタイミングと言われています。

予防接種の費用(料金)の相場と受ける場所は?

インフルエンザ 予防接種 費用 料金

インフルエンザの予防接種の費用(料金)は病院によって異なるため一概には言えないのですが一般的には2,000円~3,000円くらいになります。

これは1回の値段なので2回となると単純に倍になりますね。

病院やクリニックであれば、インフルエンザの予防接種はほとんどどこでも受けられます。わざわざ大きい病院へ足を運ぶ必要はないですし、街の小さな病院でも基本的に受けれます。

1番良いのはまず電話で確認すること。

時間がある時にお近くの病院などに問い合わせてみましょう。

仮に感染しても重症化は防げる

インフルエンザ 予防 対策

恐らく一般的には予防接種を受けるとしても1回という方が多いことでしょう。管理人も1回だけ受けるつもりです。しかし、1回では上でお話したとおり予防できる確率は64%。

個人的には数値だけ見ると意外と低いという印象です。笑

ただ、仮に感染したとしても予防接種を受けていないひととでは症状が圧倒的に軽くなる場合が多いと言われています。なので、基本的に無駄になることはありませんので、予防接種は1回は受けておくことをおすすめします。

感染したら早めに病院へ

インフルエンザに限らず、調子が悪かったり何か異変がある場合は早めに病院へ行くに越したことはないので、当たり前の話なのですが、インフルエンザに感染するとタミフルを飲むなんて聞いたことがありませんか?

実はこのタミフル、具体的な時間は少し忘れてしまったのですが、インフルエンザに感染してから48時間以内とかでないと服用したらダメみたいなことがあったはずです。

と言うのも管理人は過去3回インフルエンザを経験しているのですが、基本的に早めに病院へ行かないせいで3回ともタミフルで治療?が出来ませんでした。笑

ウル覚えですが風邪の時と特に変わらない薬しかもらえなかったという記憶があります。

なので、あまり偉そうな事は言えないのですが、インフルエンザに感染した場合は早めに病院へ行ってくださいね。

さいごに

いかがだったでしょうか。

管理人は馬鹿だったので10代の頃はインフルエンザに感染すれば仕事が休めるという理由でインフルエンザに感染した友人を無理やり引っ張り出したりしたことがありますが、そういうよこしまな気持ちがある時に限って車内という密室ですら感染しないものです。笑

歳を重ねるに連れて40度近くの高熱は本当に大変なので、この記事を読んでいただいているあなたは大丈夫だとは思いますがくれぐれも馬鹿な管理人のマネはせず、しっかりと予防接種を受けてくださいね!

最後に1点。くどいですが、予防接種を受けても感染するときはするので普段からのマスクや手洗いうがいなどの対策はきちんとしておきましょう。

SPONSORED LINK

いつもシェアありがとうございます!

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします!!

最新情報をお届けします

Twitterで@learningfield01をフォローしよう!

いつもシェアありがとうございます!

シェアする

フォローする